5系統ある抗うつ薬。その種類とは?

この薬は何?!知っておきたい!「抗うつ薬の種類」とは?

うつ症状や不安症で処方される薬には、さまざまなものがありますが、主軸となるのは、「抗うつ剤」です。

 

抗うつ薬には、5種類の系統があります。

 

抗うつ薬は、飲んでみないと、ご自身の症状に合うのかどうかわかりません。しかも、副作用もあり得るわけですから、医師と薬を相談する上でも、少しは知っておいた方が、選択するときに役立ちます。

 

いざ、薬物治療を始める前に、ご自身が、どんな薬を飲もうとしているのか。ぜひ、知っておきましょう。

 

5系統ある「抗うつ薬」の効果と特徴とは?

 

現在ある、抗うつ薬の系統は、5系統あります。

 

抗うつ薬の基本的な効能は、セロトニンやノルアドレナリンの再取り込みを、抑制することにあります。体内のセロトニンやノルアドレナリンの濃度を上げて、気持ちの落ち込みを改善していく薬です。

 

【抗うつ薬の種類】

@SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)(第三世代)
ASNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)(第四世代)
BNaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)
C四環系抗うつ薬(第二世代)
D三環系抗うつ薬(第一世代)

 

それぞれの特徴について、詳しく、解説していきましょう。

 

ここで豆知識!ノルアドレナリンって何?

ノルアドレナリンは、セロトニンと同様、脳内にある神経伝達物質です。自律神経のうち、交感神経を活性化させるもので、肉体的には、心臓の働きを強めたり、血圧を高めたりします。
精神面では、緊張や闘争心をかきたてるもので、「やる気」を引き出すには、このノルアドレナリンが必要です。ノルアドレナリンが増えると、「何もやる気がしない」、「意欲がわかない」などのうつ症状を緩和させる働きがあります。


@SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)

1999年から使用されるようになった、新しい系統の薬です。

 

脳内のセロトニンだけに作用するため、古いタイプの抗鬱薬よりも、副作用が少なく、最初の処方でよく用いられます。

 

体内のセロトニンを増やす働きがあり、うつ症状だけではなく、不安感、恐怖感、パニック障害などにも用いられています。

 

代表的な薬
ジェイゾロフト、デプロメール、ルボックス、パキシル、レクサプロなど。

 

可能性のある主な副作用
嘔吐、むかつき、便秘、ふらつき、頭痛、排尿困難、口の乾き

 

ASNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)(第四世代)

 

セロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害する薬です。2000年から使用されはじめ、2つの神経伝達物質に作用することから、「意欲を向上させる働き」も期待出来ます。

 

効果の出現が、比較的早い傾向があります。古いタイプの抗うつ薬よりも、副作用が小さい傾向があります。

 

代表的な薬
サインバルタ、トレドミン

 

可能性のある副作用
むかつき、嘔吐、口の乾き、便秘、血圧上昇、眠気、動悸

 

BNaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)

 

2009年から使用開始された、新しい抗うつ薬。セロトニンとノルアドレナリンの双方の神経伝達物質に作用します。

 

鎮静作用があるため、イライラした気持ちがある方や、不眠症を併発している場合に使用されます。効果が、比較的、早く現れる特徴もあります。

 

代表的な薬
リフレックス、レメロン

 

可能性のある副作用
眠気、めまい、動悸、肥満など。比較的、副作用は弱く、これまで他の系統で出ていた胃腸の不具合が少ない。

 

 

C四環系抗うつ薬(第二世代)

 

三環系抗うつ薬の、副作用を軽減するために、誕生した抗うつ薬。セロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害します。

 

最初に開発された、三環系抗うつ薬よりは、作用も副作用も軽いものですが、新しい世代の抗うつ薬と比べると、副作用が大きい薬です。今では、最初に処方する薬としては、ほとんど処方されない薬です。

 

代表的な薬
ルジオミール、クロンモリン、ノイオミール、テトラミド、テシプール、ビソプール

 

可能性のある副作用
動悸、便秘、立ちくらみ、めまい、目のかすみ、眠気、口の乾き、心臓・肝臓への負担など。

 

D三環系抗うつ薬(第一世代)

 

1950年代に登場した、古典的抗うつ薬ですが、現在でも使用されています。セロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを抑制し、抗うつ効果は高いのですが、難点があります。

 

それは、アセチルコリンなどの他の神経伝達物質にも作用してしまうため、副作用が大きいこと。初めての処方で使用されることは、ほぼありません。

 

代表的な薬
トフラニール、イミドール、アナフラニール、トリプタノール、アミプリン、ノーマルン、ミケエトリン、ラントロン、アモキサン、ノリトレン

 

可能性のある副作用
動悸、便秘、口の乾き、立ちくらみ、排尿困難、めまい、目のかすみ、皮膚の乾燥、心臓や肝臓への負担。


今の主流は、SSRI&SNRI、NaSSA!初期段階は、副作用の小さい薬からが鉄則!

初めて、抗うつ薬を服用する場合、基本的には、副作用の小さいものから始めます。

 

今の主流は、副作用の小さいSSRIやSNRI。最近、開発されたNaSSAも、よく用いられます。

 

抗うつ薬は、どの薬が合うのか、飲んでみないとわかりません。現在、抱えている症状に、最も適していると思われるものから、スタートします。

 

抗うつ薬は、1種類をまず服用するのが、基本です。それは、同時に、色々なものを飲むと、何が効いているのかが、わからなくなるためです。

 

薬があっているのかどうかは、最低でも、約1か月程度は服用を続けて、効果の有無を、慎重に判断していきます。最初は、少量から始め、効果がある薬なら、症状の緩和度に合わせて、薬の量を増減調整します。

 

運よく、最初の薬で効果が出る場合もありますが、効果が出ずに、薬を変えていく場合もあります。肝心なのは、焦らないこと。充分な休息を取りながら、うまく薬とつきあっていきましょう。

 

私の抗うつ薬の体験談〜管理人の場合〜

 

初期段階
:抗不安薬ワイパックス(不安時に頓服服用)、睡眠薬代わりの漢方薬「抑肝散」

 

⇒頓服を飲むと落ち着くが、抑うつ状態が続き、不眠も改善されない

 

第2段階
:抗うつ薬「ジェイゾロフト」25mg2錠(SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)、頓服でワイパックス併用、睡眠薬レンドルミン、

 

⇒ジェイゾロフトを飲んだ翌朝から、胃痛、むかつき、食欲不振。3日、体調絶不調が続く。医者に相談するも、1か月は飲み続けるように指示される。

 

1か月飲んでも、明確な効果なく、増量。やる気が出ない、外に出るのが怖い、人に会いたくない症状が続く。

 

体重が激減。3か月で10kgやせる。2か月後、薬を変えたいと医師に依頼する。医師から、「サインバルタ、リフレックス」を提案される。やる気が出るというリフレックスを選ぶ。

 

第3段階
:ジェイゾロフト25g1錠、リフレックス15g1錠、頓服のワイパックス、睡眠薬レンドルミン

⇒ジェイゾロフトの断薬症状が出ないようにと、ジェイゾロフトとリフレックスを併用する。ジェイゾロフトを減らしても、体調に変化はなし。

 

第4段階
:リフレックス、頓服のワイパックス、睡眠薬レンドルミン
⇒リフレックス1本に。毎晩、1錠服用。頓服のワイパックスは、不安感が強いときに服用。この状態で、約1年経過。体重増加。発病前の体重を超える。

 

第5段階
:リフレックス半錠、睡眠薬レンドルミン
⇒リフレックスは半錠に減らしても、調子に大きな変化なし。ワイパックスを飲むことがなくなる。

 

第6段階
:断薬、睡眠薬レンドルミンのみ使用

 

⇒抗うつ薬リフレックスを断薬。寝つき、眠りが浅い状態改善のための睡眠薬のみ服用。

 

第7段階
:断薬。寛解へ。通院終了。

⇒落ち着いた日々を送っています。うつは完治ではなく寛解といいます。ストレスをできるだけため込まない。無理をしないことを心がけています。


Sponsored Link

関連ページ

「更年期うつ」と「うつ」の違いは何? どこの病院に行けばいいの?
うつ病は、「放置していればいつかなおる」ということはめったになく、しかも「気合い」で何とかなるものでもありません。ひどい状態になる前に、できるだけ早めに医者にかかる必要がある病気です。 医者にかかる必要があるのは、まずは、どんどん気持ちが沈みこむ状態を抑えるためです。 医療機関で「うつ」と診断されたら、この状態を緩和させるために薬の服用を始めることになります。 ただ、更年期の女性の場合、注意したいことがひとつだけあります。 この、いまの状態が、「うつ」なのか? 「更年期うつ」なのか?という点です。 どちらなのか?によって、実は、本当に効果がある治療方法が変わります。
更年期うつ|あなたはどっち?「心療内科」と「精神科」の違い
更年期になると、発症しやすくなるうつ病!更年期うつかも?と思ったらどこの医者にいけばいい?心療内科と精神科、クリニックと大病院の違いとは?
更年期うつ|失敗しない病院の選び方
普通の診察と異なり、医者の選び方が難しいのが、心療内科です。今まで、経験のないジャンルの医師探しですから、手探りで探すしかない現状があります。まずは、信頼できそうな心療内科を、いくつかピックアップすること
更年期うつ|「医者は神様じゃない」心療内科で絶望しないための基礎知識
心療内科に通いだすと直面する悩みがあります。一番大きな痛手は、医者にさえかかれば、うつが治るというのは幻想だと知ることです。でも、それでダメージを受けないようにして下さい。きっかけはきっと別にあるはずです。
更年期うつ|うつの薬は5タイプ!うつの薬の基礎知識
心療内科を受診すると、まず間違いなく投薬治療が始まります。抗うつ薬や抗不安薬。睡眠薬など大きく分けると5タイプ。服用前に、まずどんなものが処方されたのかを知っておきましょう。
更年期うつ|抗うつ薬を飲み始めたら…気をつけたい3つのこと
うつ病と診断されて、抗うつ薬を服用し始めたら、注意しておきたいことが3つあります。 とくに、注意が必要なのは、服用し始めの頃や、トライし始めた薬がなかなか効かないと感じるとき。「このままで治るのか?」と、ついつい不安になりがちです。 ここでは、抗うつ薬を飲んでいるときの3つの注意点について、ご紹介しておきましょう。
更年期うつ|医者が信用できなくなったときの「ドクターショッピング」
ドクターショッピングはしないほうがいいと思う方は多いのですが、心療内科の場合は変えるべき時もあります。なぜなら、うつ病はメンタルがとても大切な病気だからです。信用できないと思う理由がはっきりしているなら、変え時です。
更年期うつ|休職する前に知っておくべきこと
更年期になると、発症しやすくなるうつ病!まずは休むことが大切です。働いている人なら、できるだけ速やかに安心して休める手続きを開始しましょう。
更年期うつ|休んだ後に湧きおこる!「苦しい気持ちの乗り越え方」
うつで休むと最初に訪れるのが、さまざまな苦しい気持ちです。頭ではわかっていてもなかなか雑念が消えません。できるだけ苦しくない休息をとるために、頭に入れておきたいポイントをご紹介します。
更年期うつ|うつで休んだときの「最初の過ごし方」
うつで休むときに一番困るのが日中の過ごし方です。何もやりたくないのに、何もしないことが耐えられなくなります。薬の副作用で苦しむことも多い時期です。この時期の過ごし方についてご紹介します。
更年期うつ|うつが停滞しているときの過ごし方
本格的に休み始めて、1か月くらいたつと、薬の副作用も落ち着いてきている頃です。抗うつ薬の効果が早く出る人は、少し楽になっている頃かも、しれません。この頃になると、眠気も収まりはじめ、家に引きこもっていること自体が、少し辛くなってくるのではないでしょうか。この時期に一番困るのが、日中の過ごし方。心がけたいことをご紹介します。
更年期うつ|うつを改善する行動認知療法とは?
更年期になると、発症しやすくなるうつ病!更年期うつの対処法とは?うつから逃れるためには、考え方を変える必要があります。薬以外の治療方法「認知行動療法」についてご紹介します。
更年期うつ|うつを治す!薬以外の治療方法とは?
うつ症状に陥ると、まず薬物療法と、認知療法を組み合わせるのが一般的ですが、長期にわたって症状の改善が見られない場合、その他の治療方法を検討することがあります。いま、主に取られている治療方法は、3つ。それぞれを詳しく解説していきましょう。
更年期うつ|うつ病が回復するまでのプロセス
治療を始めたら、まず、この病気は、まずそれなりに時間がかかることを知っておく必要があります。また、うつは、非常に再発しやすい病気でもあります。一度、症状がよくなっても、また、気分が落ち込むなどの症状が出ることも多く、この浮き沈みを繰り返しながら、症状緩和へ向かうことも多くなります。
更年期うつ|希死念慮をやり過ごす方法
更年期になると、発症しやすくなるうつ病!うつになると出てくる希死念慮をやり過ごすには?管理人のケースでご紹介します。
更年期うつ|うつを再発させない方法とは?
更年期になると、発症しやすくなるうつ病!寛解しても再発しやすいうつ病を克服するにはどうしたらいいのでしょうか?ここでは、更年期うつを再発させない方法について御紹介します。
更年期うつ|うつを改善するための自己暗示法とは?
更年期になると、発症しやすくなるうつ病!更年期うつの対処法とは?ウツになる原因は、自律神経のバランスの乱れ。自律神経を整えれば、うつ病症状が緩和します。その方法について御紹介します。
更年期うつ|うつと似たほかの病気@不安症・適応障害
更年期になると、発症しやすくなる心の病気。うつ病に似た心の病気にはどんなものがあるの?ウツに似た症状が出る病気についてご紹介します。
更年期うつ|うつと似たほかの病気A摂食障害・統合失調症・認知症
更年期になると、発症しやすくなるうつ病!でも、うつ病だと思っていても、違う病気の場合があります。ウツ症状が出る、ウツ以外の他の病気の可能性をご紹介します。
更年期うつ|万が一、うつ病が再発した場合の治療法
もし再発してしまったら?!更年期ウツの再発にはできるだけ心を落ち着けて対処しましょう。まずは症状を抑えるための心療内科受診、その後、対処する方法を試みるのが得策です。
更年期うつ|月経前になると悪化する?! PMSとうつの関係性
更年期のうつ症状は、月経前になるとひどくある場合があります。PMSと呼ばれる、月経前の症状を緩和する方法についてご紹介します。
更年期うつ|スキンシップが「うつ」に効く!「母性ホルモン」で楽になる方法
薬は利用しても依存することなく、ご自身の中にある潜在力でラクになれる方法がいくつもあります。ここでは、そんな潜在力を引き出す方法のひとつを、ご紹介します。それが、ご自身の母性ホルモンを活用する方法です。うつの心に効く母性ホルモンについて、ご紹介します。
「うつ病」の症状緩和に役立つ!?頭のうっ血を流す「つむじ刺激」とは?
「うつ病」になると、「気持ちの落ち込み」だけではなく、様々な不調を併発します。 例えば、「不眠」や「冷え」、「食欲不振」「体重減少」。 これらの症状は、「うつ」によって、自律神経も乱れ、体中の血流が悪くなっていることが一因です。「気持ちの落ち込み」だけでも大変なのに、こんな症状までひどくなると、「つらさも限界!」ですよね。 こんな諸症状に悩まされている方に、おすすめなのが「つむじ刺激」。 とくに、「冷え」や「顔色の悪さ」がひどい方に、効果を発揮します。 ここでは、「つむじ刺激」が役立つ理由とその方法について、詳しくご紹介していきましょう。
長引くうつ病は、医者任せでは治らない!? その理由とは?
突如、私たちを襲う、さまざまな不調。 「何らかの不調」と長くつきあうようになると、よく耳にする言葉があります。 『病気は医者任せでは治らない。 最終的には「自分の力」で治していくしかない』 とくに、もう何年も続く「うつ病」などの精神的な不調は、これが理由かもしれません。 では、お医者さん任せでもなく、薬に頼ることでもなく、どうすれば、病気から這い出ることができるのでしょうか? ここでは、その理由と根本的な対策について、ご紹介します。
心の不調は「使う言葉」で改善可能?!負の感情を小さくする2つのコツ
小さなことで、くよくよしたり。わけもなく悲しくなったり。 更年期の女性に多い、こんな「心の不調」。 中には、「うつ病」と診断されるほど、ダメージが大きい方も少なくありません。 更年期は、心身共に、さまざまな不調が出やすい時期。 もし、「心の不調」が強く出ているなら、知らず知らずの間に、「無理な生き方」をしてきたことも、きっと一因にあるはずです。 「心の不調」を根本的に改善するには、これまでの「考え方」や「生き方」を見直すべき時期。その一助となる方法を、ご紹介していきましょう。
ネガティブな口癖の人には近づかない!言葉の伝染力を防止する方法と体験談
どんな言葉にも、何らかの「感情を引き起こす力」があります。 それだけに、「使う言葉」はとても大切。 心の不調を感じている方にとっては、とくに影響が大きいので注意が必要です。 (詳しくは→心の不調は「使う言葉」で改善可能?!負の感情を小さくする2つのコツ) とくに、「マイナス感情を引き起こす言葉」は、耳にするだけでも、心をネガティブに変えてしまいます。 もし、周囲に「ネガティブな口癖がある人」がいるなら、一刻も早く離れること。 それが難しいなら、聞いてしまった瞬間に、できるだけ早くケアする必要があります。 ここでは、その理由と方法について、ご紹介していきましょう。
大切なのは「今この瞬間」!未来に集中する意識が不安感を増幅させる!?
更年期になると、「心の不調」を感じる女性が増加します。 これも、「自律神経が乱れやすい時期」の特徴のひとつですが、この時期に、何らかのストレスを抱えていると、うつ病や不安症、パニック障害にまで発展してしまうケースも少なくありません。 この場合に共通しているのは、「どうしようもない不安」です。 ずっとこのままだったら、どうしよう? なぜ、こうなってしまったんだろう? この思いが、心の中に生まれると、まずます憂うつになり、毎日がつらくて仕方がなくなってしまいます。 この「不安感を乗り越える」には、どうしたらよいのでしょうか? ここでは、その不安をやわらげるために、役立つお話をご紹介していきましょう。
「力を抜く感覚」を覚えると心も楽になる!?体から心の不調を改善する方法
「心の不調」がある人ほど、実は、体全体もガチガチになります。 その理由は、「自律神経」にあります。 「自律神経」は、心身をコントロールする重要な神経ですが、「心と体をつなぐ役割」がある神経です。つまり、どちらか一方の状態が悪いと、もう一方もひきずられて、調子が悪くなります。 そのため、「心の不調」を改善するには、まずは、「体をゆるめること」。 ポイントになるのは、「力を抜く感覚」を味わうことです。 ここでは、心の不調を改善するための「体のゆるめ方」をご紹介していきましょう。
不安感を小さくするために試したい!1日1分から始める「口癖練習法」
どうして、こうなってしまったのだろう? この先、どうなってしまうのだろう? 「うつ病」になると、「過去」や「未来」のことを、ついつい考えてしまいます。 「考えても仕方がない」とはわかっていても、どうしても、この思考から離れることができません。こうして、「不安感」が増幅して、ますますドツボにはまってしまいます。 これを改善するには、心の中にある「不安を感じる自分」を、できるだけ小さくしていくしかありません。 そこで、キーになるのが、「いまこの瞬間に意識を集中させること」。 詳しくご紹介していきましょう。
うつの不安感を小さくするには?キーワードは「ゆっくり動作&1つに集中」
うつ病になると、常に、さまざまな不安に、意識がとらわれてしまいます。 何かをしていても、意識が過去にいったり、未来にいったり。 「いま、目の前のこと」に、集中することが、とても難しくなってしまいます。 これを改善するには、「今、目の前のこと」に集中すること。 これを実践するためには、「日常生活をゆっくり、ゆっくり行うこと」が、解決の糸口になる可能性があります。詳しく、ご紹介していきましょう。
更年期のうつ気分改善に!自分を肯定→心を開放する「ほめ日記」のススメ
とにかく、毎日が憂うつで仕方ない。 何もやる気がおきない。 更年期になると増加する、「うつうつ感」。 こんな「心の不調」に悩まされている方に、おすすめなのが「ほめ日記」です。 「ほめ日記」とは、その名の通り、「自分で、自分をほめる日記」。 「どうしても、自分自身を否定」してしまいがちになる、この時期。 あえて「自分をほめる」ことで、心のうつうつを改善できる可能性があります。 ここでは、「ほめ日記」が有効な理由と、活用方法について、ご紹介していきましょう。

TOP 基礎知識 治療法いろいろ 更年期うつ 更年期の体験記 サプリ図鑑