うつの希死念慮をやり過ごす方法とは?

うつ病の希死念慮で湧き上がる気持ち

言葉にできないほどの「苦しみ」、や「絶望感」、「あきらめ」。そして、「やるせない想い」。

 

一刻も早く、ここから「逃げ出したい」という想いでいっぱいになって、辿り着くのが、「希死念慮」という想いです。

 

「希死念慮」とは、その名の通り、「できることなら、死んでしまいたい」「消えてしまいたい」という気持ち。自ら積極的に行動を起こすというよりは、機会があれば衝動的に、そうしてしまいたくなる誘惑にかられます。

 

そして、「希死念慮」が頭に浮かび始めると、いつのまにかこの気持ちが湧きあがってきて、心をとらえて離しません。うつ病になると、ほとんどの方が、この想いにさいなまれる時期があります。決して、珍しいことではありません。

 

いま、湧き上がるこのの気持ちと、どう向き合えばいいのか。どうやり過ごせばいいのか。

 

ここでは、管理人の体験も交えて、「希死念慮のやり過ごし方」について、色々ご紹介していきます。ご参考までに、ご覧頂けると幸いです。(長文です。ゆっくりご覧ください)


希死念慮が湧き上がってくる理由は何ですか?

この「希死念慮」が湧き上がってくるのは、どんな方でも、必ず理由があるはずです。

 

なぜ、消えてしまいたいのか? なぜ、この世がイヤになってしまうのか?まず、ここから整理していきましょう。

 

「希死念慮」が湧き上がってくるのは、どんな理由ですか?

@いまの状況が苦しくて、悲しくて仕方がないから
Aいまの自分を、どうしても認めることができないから
B自分の存在価値が感じられないから
C誰かの迷惑になっているのが耐えられないから
Dどうしたらこの状況から逃れられるのかわからないから
E将来に絶望しているから
Fこの先、生きていても楽しいことがあると思えないから
G誰も自分のことをわかってくれないから
H誰も自分を必要としていないから
I誰も頼れる人がいないから
J経済的に困窮しているから
Kこの病気が治ると思えないから

 

理由は、きっと、まだまだたくさんあるでしょう。仕事のこと。家庭のこと。家族のこと。経済的な事情のこと。いろいろな「事情」や「想い」から、この気持ちが湧き上がってしまうのは、ある意味仕方がないことなのかもしれません。

 

でも、「希死念慮をやり過ごし方」というこの記事をご覧頂いているあなたは、既に、「この山を乗り越えたい」と思われているはず。そして、「このまま消えてしまうのは、本当は嫌だ」と思われているはずです。

 

まずは、「やり過ごす方法」の中で、「これならできそう」と思うものを、1つでも見つけてみてください。

 


希死念慮をやり過ごすために、確認しておきたいこと

まず、ご自身に問いかけてみて頂きたいことがあります。ご自身の希死念慮の本当の正体です。

 

実は、その希死念慮は、「死にたいではなく、ただ消えたいだけ」なのではないでしょうか?

 

「消えたい」と思っているのは、今の自分があまりにもイヤで、ゲームの途中で「リセットボタンを押してしまいたくなる感覚」と似ているのではないでしょうか…。

 

もしかすると、「今の状況を、なかったことにしたい」というほうが、ご自身の気持ちに近いのではないでしょうか?

 

いまは、その逃れる方法の選択肢に、希死念慮が浮かび上がっているだけで、「本当は、死にたいわけではない」のではないでしょうか…。

 

この世に生を受けた生き物は、どんな生き物でも、「生存本能」があります。「希死念慮」をもって、生れてくる人はいません。

 

それに、死を何とも思わない人もいません。どんな人でも、経験したことがないことをするのは、怖いものです。怖いと感じない人など、本当は存在しません。そんな怖いことを、本気でしたいと思う人も、きっといないはずです。

 

すでに、希死念慮にさいなまれている方は、本当に苦しくて、悲しい想いをしています。だからこそ、本当は、これ以上怖いことや苦しいこと、悲しいことも、やりたくないはずです。

 

消えたいのは、死にたいのではなく、ただ砂のようにさらさらと、痛みも苦しみも悩みもなく、「無」になりたいだけ。希死念慮で起こる「死にたい」気持ちは、本当は「消えたいだけ」。
そう思うと、「消えたい」=「死にたい」とは違うような気がしてきませんか?、


希死念慮をやり過ごす方法@ 最初のステップ

この感情が沸き起こったら、まず、この悩みのループから抜け出す準備を始めます。

 

リセットする方法は、この準備が整ってから。まず、下地づくりをすることから始めましょう。

 

まず、希死念慮は病気のせいだと「思い込む」

 

まず、希死念慮が起こるのは、「病気」のせい。間違っても、自分のせいだと、思ってはいけません。もし、どうしても、そうは思えなくても、病気のせいだと「思い込む」ことが大切です。

 

うつ病になって、「希死念慮」が湧き上がるのは、当たり前。この病気になると、誰もが感じる症状のひとつなのです。

 

まず、最初に知っておきたいのは、人間の習性です。人は、何かが起こると、自然と「何かのせい」にしたがる生き物です。

 

何かのせいにしたがるのは自然な習性。うつのときは、自分のせいにしてしまう

 

こういうことに、思い当たることはありませんか?

 

何かよくないことがあったとき。

 

それを、「誰かのせい」にしたことはありませんか? また、あるときは、「運が悪かったせい」と思ったことはありませんか?

 

実は、人間、何かよいことがあったときも、同じです。

「これは、運がよかったから」、「これは、○○神社にお参りしたおかげ」。
そうです。誰もが、「何かのせい」や「何かのおかげ」にしたがるのです。

 

とくに、心が普通の状態のときなら、悪いことが起こっても、「自分のせい」や「自分のおかげ」とは思いません。(よいことも自分のおかげと思えないのは、日本人独特の習性かもしれません)

 

でも、うつ病になると、「何かのせい」にするほどの気力がありませんから、「何かのせい」を、「自分のせい」にしてしまいます。うつ病こそが、「何もかも、自分のせい」と思い込ませてしまう元凶なのです。

 

「希死念慮」は、このような思考回路の果てに、自分が自分を攻撃し始めると、起こりやすくなる感情です。「自己否定」や「自責の念」が、一番この感情を悪化させます。

 

希死念慮が湧き上がってきたら、「自分のせい」だと思う感情を押さえて、まず「何かのせい」にしてしまいましょう。

 

まず、「病気のせい」にしてしまうのが一番です。とにかく、感情の掃出し口を、作ることが大切です。

 

人間は、思い込み始めると、本当にそう思えるように、できている生きものです。「病気だからこうなるんだ」「自分のせいじゃない」と、思い込みの練習をし始めると、徐々に自分への攻撃力が弱まります。

 

できないことより、できたことを数える。

 

うつ病になると、今まで、できていたことが、できなくなります。「こんなこともできない」と思うと、ますます落ち込みます。

 

まず、知っておきたいのは、いまは、「できないことばかりが目につく」時期だということです。できないことがあるのも、こう思ってしまうのも、うつのせいです。

 

できないことばかりに、意識が集中すると、どんどん気持ちが落ちていきます。これが積み重なると、「今の自分がイヤ」で消えたくなってしまいます。

 

こんなときに、ぜひやってみてほしいが、「できたことを数える」こと。できたことのハードルは、低く設定するのがポイントです。

 

できたことを数える一例

・今日は、早く起きれた。
・今日は、ご飯を食べることができた。
・今日は、太陽の光りをあびることができた。
・今日は、ちゃんと歯磨きできた。

 

「昨日できなかったこと」が、「ひとつでもできたら合格!」です。 できれば、今日できたことを、メモやノートに書いておくと、ご自身が進歩していることに気づき始めます。

 

自分に合格!を出す

・ダメだと思っていたけど、頑張ってる。
・意外と、ちゃんとできる。

 

この「できる」という感情が、「自分を認める」という感情につながります。自分を認め始めると、自己肯定につながって、希死念慮は限りなく小さくなります。

 

遠くの未来よりも、今日のことを考える

 

将来のことを考え始めると、間違いなく、希死念慮が強まります。なぜなら、悩みの思考回路というものは、そういう風にできているからです。

 

いま、将来のことを考えても、「このままだと不安」⇒「この先真っ暗」⇒「もう人生終わった」という、よくない思考回路しか起こりません。すると、どうしても足がすくんでしまって、うずくまってしまいます。

 

遠くの未来よりも、今日のことを考える。「明日は明日の風が吹く。今日のことだけ考えよう」で、よいのです。いまは、先のことを考えるにしても、1日先、2日先くらいまでで充分。5年後、10年後のことなど、神様にだってわかりません。

 

まだ起こっていない未来を心配したり、悲観しても、答えなど出ません。割り切れなくても、「考えるだけ損」と言い聞かせて、頭のスミに押しやりましょう。

 

もし、将来のことを考え始めたら、その思考回路をすぐに遮断して、視点を、今日のことに変えること。不安感や絶望感が、少しはやわらぐはずです。

 

希死念慮を取り除くための最初のステップまとめ

 

@〜Bは、まずは、無限の悩みループから出来るだけ早く出るために役立つ方法です。とにかく、悩みのループにはまると、「消える」という選択肢を浮上させてしまいます。まずは、このループから外れる状態を作り出すことが、とても大切です。

 


希死念慮を取り除く方法Aステップ&ジャンプ編

まずは、頭の中から「消える」という言葉を極力消したら、次のステップです。ここで、ぜひトライしたいのが、「受容=自分を受け入れること」です。

 

「いまの自分を、受け入れること」。
これができれば、うつ病さえ、吹っ飛ばすほどの威力があります。「まだ難しい」と感じるときは、「できそう」と思える日だけトライしてみましょう。いつ始めても、遅いということはありません。

 

逃げ場所を見つける

「希死念慮」が湧き上がってしまう方は、確実に、今いる場所の居心地が悪いはずです。

 

自宅にいると、「申し訳なさがこみあげてくる」、「自分の居場所がない」と感じてしまうのはないでしょうか。

 

そんなときは、とにかく一目散に逃げてよいのです。少しでも「居心地がよい」と思えるところに行くこと。

 

それは、近場の図書館だったり、公園だったり。場所は、どこでも構いません。これは、場所に限らず、「人が逃げ場所」となることもあります。

 

居心地がよいと思える人がいるなら、その人に寄りかかってもよいのです。「気持ちが楽になる場所&人」に、短時間でも逃避できれば、心を休めることができます。

 

ここでは、「このままでいいんだろうか?」という迷いも、ふっきって下さい。とにかく、ホッとできる場所を見つけること。そこに行ったら、とにかくホッとする気持ちにだけ、心をゆだねてください。

 

気晴らしになることを見つけて、なんとかやってみる

 

うつ病になると、「テレビも音楽も聴けない」という方もいらっしゃいます。実際に、管理人は、1年近く、テレビも見れず、音楽も聴けませんでした。

 

それは、なぜかというと、
「こんな自分が、楽しんではいけない」「こんな自分は、遊んではいけない」と、無意識のうちに、強く思い込んでいたからです。これも、「自分を否定」していると、起こる感情です。

 

娯楽につながることを、潜在的に受け入れられなくなっているときに、「楽しいことを探せ」といわれても、「無理」としか思えません。

 

でも、こんなときでも、少しは、気晴らしになることがあるはずです。「日帰り温泉に行く」、「電車に乗って、都心部を一周する」、「美味しいものを食べに行く」。「外出する」ことでけでも、重圧から逃れられたりします。

 

何か思いつくことがあれば、なんとかトライしてみましょう。気晴らしできることが増えていくと、だんだん心が楽になっていきます。

 

今いる場所が、ご自身を追い詰めるのなら、違う場所に逃げ出してみる。こういう気分転換が、希死念慮から解き放たれる、大きなきっかけになります。

 

管理人が選んだ方法は、一人旅でした。

息がつまる場所から、まず、違う世界に逃げ出してみる。そこで、自分を見つめなおす。「一人で旅すること」ができたことが、小さな小さな自信になる。そんな発見が、少しずつ、気持ちを浮上させていきました。

 

人によって、逃げ出せる場所には、限度はあります。でも、いま置かれている場所が苦しくてたまらないなら、「いつもと違う場所に行ってみる」という発想は、大いにありだと思います。

 

管理人がやった一人旅の中で、一番、気持ちを変えてくれたのは、「四国お遍路」です。そもそも、四国お遍路に行った理由は、単純です。今の場所から消える選択肢の中に、「出家」というキーワードを思いついただけ。出家の延長線上が、「お遍路」だったのです。

 

実際に行ってみた「お遍路」は、私にとっては、画期的な変化を起こす「きっかけ」になりました。とにかく、お寺からお寺へ回るだけで必死。必死な間は、嫌なことを考える暇がありません。お遍路は、「道中が全て修行」といいますが、お遍路中、久しぶりに充実感を感じ始めていることに気づきました。お遍路から帰ってから、管理人は、猛スピードで減薬、断薬することになりました。

 

※お遍路の詳細は、体験談で記載しています。⇒更年期うつの治療体験記|四国お遍路がうつ病に効く理由」

 

楽しむ自分を、許すこと

 

うつになると、「楽しんではいけない」という気持ちが強くなります。仕事もできず、家事もできずにいるのに、「楽しいことをしては申し訳ない」という気持ちが、無意識のうちに、「楽しいことを拒否」し続けます。

 

今の状態
・テレビを見る気にもならない。
・音楽を聴く気になれない。

こういう気持ちは、その感情の現れです。

 

こうなると、本当に、毎日、苦しいことしかありません。苦痛が続くと、人間は生きる気力を失っていきます。「楽しいこと」、「嬉しいこと」がないと、生きていけないのが、人間なのです。

 

楽しいことを拒否しているのは、自分の心です。もっと詳しくいうと、「自分を許せない、自分の心」です。

 

でも、自分を許すのは、そう簡単ではありません。きっと、感覚的には、エベレスト登山よりも難しいことかもしれません。

 

でも、どんなに険しい山でも、少しずつ登れば、いつの間にか頂上に到達できることがあります。

 

そのために、トライしてみるのは、「目標を小さく刻む」ことです。

 

「今日、○○をしたら、楽しんでもいい」。「今日、○○が出来たら、ご褒美を自分にあげよう」という、自分なりの設定すると、うまくいきやすくなります。

 

例えば、「今日、部屋中を掃除したら、20時からは自由に遊んでもOK」という具合。自分で、1日の時間割を決めて、自由に楽しんでいい時間帯を作ります。

 

「楽しんでもいい」時間帯がきたら、音楽を聴いてみる。テレビを見てみる。それまで、頑張ってできたことがあると、自分で自分を許し始めます。「楽しい」と思う時間、「楽しい」と思えることが増えてくると、希死念慮にさいなまれることがなくなります。

 

希死念慮をやり過ごす方法 ステップ&ジャンプ編まとめ

 

「受容と認知」。
いまの自分を受け入れて、自分で自分を認め始めると、急速に希死念慮は消滅します。「自分の存在価値」は、「自分が認知して初めて成立」します。他の人の評価などは、一切関係ありません。

 

幸せと感じる基準が、人によって違うのと全く同じです。例えば、「会社の中で偉くなること」に幸せを感じる人もいれば、偉くなっても幸せではない人は山ほどいます。

 

幸せかどうかを決めるのは、当事者以外の何ものでもありません。ご自身の幸せの形は、ご自身にしかわからないのです。「自分は自分。人は人。これでいいのだ」と、割り切ったら、全てが廻り始めます。

 

例え、「やりたいこと、楽しいことがわからない」と思っても、これから少しずつ見つけていけばよいのです。自分の限界を決めるのも、自分です。自由に生きてよいのです。自分の楽しみや幸せは、自分が決めるのですから。きっと、大丈夫。

 

更年期という年齢は、ちょうど人生の半ば。折り返し点です。自然と、若い頃と同じようには、夢も希望ももてなくなりがちです。

 

「40代、50代では、新しい1歩を踏み出しにくい年齢」だと思ってしまいがちになりますが、その限界を作っているのは、実は自分です。

 

平均寿命まで、まだ何十年もあるのです。あと、何十年もこの気持ちのまま生きていくと考えるだけで、本当はうんざりするはずです。

 

この何十年を楽しく過ごすか、嫌な気持ちのまま過ごすかは、結局自分次第。そう思えば、1歩踏み出すきっかけを作ることができるかもしれません。

 

「今から始めて、絶対大丈夫」です。どんな年齢でも、遅すぎることなんてありません。


Sponsored Link

関連ページ

「更年期うつ」と「うつ」の違いは何? どこの病院に行けばいいの?
うつ病は、「放置していればいつかなおる」ということはめったになく、しかも「気合い」で何とかなるものでもありません。ひどい状態になる前に、できるだけ早めに医者にかかる必要がある病気です。 医者にかかる必要があるのは、まずは、どんどん気持ちが沈みこむ状態を抑えるためです。 医療機関で「うつ」と診断されたら、この状態を緩和させるために薬の服用を始めることになります。 ただ、更年期の女性の場合、注意したいことがひとつだけあります。 この、いまの状態が、「うつ」なのか? 「更年期うつ」なのか?という点です。 どちらなのか?によって、実は、本当に効果がある治療方法が変わります。
更年期うつ|あなたはどっち?「心療内科」と「精神科」の違い
更年期になると、発症しやすくなるうつ病!更年期うつかも?と思ったらどこの医者にいけばいい?心療内科と精神科、クリニックと大病院の違いとは?
更年期うつ|失敗しない病院の選び方
普通の診察と異なり、医者の選び方が難しいのが、心療内科です。今まで、経験のないジャンルの医師探しですから、手探りで探すしかない現状があります。まずは、信頼できそうな心療内科を、いくつかピックアップすること
更年期うつ|「医者は神様じゃない」心療内科で絶望しないための基礎知識
心療内科に通いだすと直面する悩みがあります。一番大きな痛手は、医者にさえかかれば、うつが治るというのは幻想だと知ることです。でも、それでダメージを受けないようにして下さい。きっかけはきっと別にあるはずです。
更年期うつ|うつの薬は5タイプ!うつの薬の基礎知識
心療内科を受診すると、まず間違いなく投薬治療が始まります。抗うつ薬や抗不安薬。睡眠薬など大きく分けると5タイプ。服用前に、まずどんなものが処方されたのかを知っておきましょう。
更年期うつ|抗うつ薬を飲み始めたら…気をつけたい3つのこと
うつ病と診断されて、抗うつ薬を服用し始めたら、注意しておきたいことが3つあります。 とくに、注意が必要なのは、服用し始めの頃や、トライし始めた薬がなかなか効かないと感じるとき。「このままで治るのか?」と、ついつい不安になりがちです。 ここでは、抗うつ薬を飲んでいるときの3つの注意点について、ご紹介しておきましょう。
更年期うつ|医者が信用できなくなったときの「ドクターショッピング」
ドクターショッピングはしないほうがいいと思う方は多いのですが、心療内科の場合は変えるべき時もあります。なぜなら、うつ病はメンタルがとても大切な病気だからです。信用できないと思う理由がはっきりしているなら、変え時です。
更年期うつ|あなたの薬は何系統?知っておくべき「抗うつ薬の種類」
更年期になると、発症しやすくなるうつ病!処方される抗うつ薬はどんな薬?知っておきたい薬の基礎知識をご紹介します。
更年期うつ|休職する前に知っておくべきこと
更年期になると、発症しやすくなるうつ病!まずは休むことが大切です。働いている人なら、できるだけ速やかに安心して休める手続きを開始しましょう。
更年期うつ|休んだ後に湧きおこる!「苦しい気持ちの乗り越え方」
うつで休むと最初に訪れるのが、さまざまな苦しい気持ちです。頭ではわかっていてもなかなか雑念が消えません。できるだけ苦しくない休息をとるために、頭に入れておきたいポイントをご紹介します。
更年期うつ|うつで休んだときの「最初の過ごし方」
うつで休むときに一番困るのが日中の過ごし方です。何もやりたくないのに、何もしないことが耐えられなくなります。薬の副作用で苦しむことも多い時期です。この時期の過ごし方についてご紹介します。
更年期うつ|うつが停滞しているときの過ごし方
本格的に休み始めて、1か月くらいたつと、薬の副作用も落ち着いてきている頃です。抗うつ薬の効果が早く出る人は、少し楽になっている頃かも、しれません。この頃になると、眠気も収まりはじめ、家に引きこもっていること自体が、少し辛くなってくるのではないでしょうか。この時期に一番困るのが、日中の過ごし方。心がけたいことをご紹介します。
更年期うつ|うつを改善する行動認知療法とは?
更年期になると、発症しやすくなるうつ病!更年期うつの対処法とは?うつから逃れるためには、考え方を変える必要があります。薬以外の治療方法「認知行動療法」についてご紹介します。
更年期うつ|うつを治す!薬以外の治療方法とは?
うつ症状に陥ると、まず薬物療法と、認知療法を組み合わせるのが一般的ですが、長期にわたって症状の改善が見られない場合、その他の治療方法を検討することがあります。いま、主に取られている治療方法は、3つ。それぞれを詳しく解説していきましょう。
更年期うつ|うつ病が回復するまでのプロセス
治療を始めたら、まず、この病気は、まずそれなりに時間がかかることを知っておく必要があります。また、うつは、非常に再発しやすい病気でもあります。一度、症状がよくなっても、また、気分が落ち込むなどの症状が出ることも多く、この浮き沈みを繰り返しながら、症状緩和へ向かうことも多くなります。
更年期うつ|うつを再発させない方法とは?
更年期になると、発症しやすくなるうつ病!寛解しても再発しやすいうつ病を克服するにはどうしたらいいのでしょうか?ここでは、更年期うつを再発させない方法について御紹介します。
更年期うつ|うつを改善するための自己暗示法とは?
更年期になると、発症しやすくなるうつ病!更年期うつの対処法とは?ウツになる原因は、自律神経のバランスの乱れ。自律神経を整えれば、うつ病症状が緩和します。その方法について御紹介します。
更年期うつ|うつと似たほかの病気@不安症・適応障害
更年期になると、発症しやすくなる心の病気。うつ病に似た心の病気にはどんなものがあるの?ウツに似た症状が出る病気についてご紹介します。
更年期うつ|うつと似たほかの病気A摂食障害・統合失調症・認知症
更年期になると、発症しやすくなるうつ病!でも、うつ病だと思っていても、違う病気の場合があります。ウツ症状が出る、ウツ以外の他の病気の可能性をご紹介します。
更年期うつ|万が一、うつ病が再発した場合の治療法
もし再発してしまったら?!更年期ウツの再発にはできるだけ心を落ち着けて対処しましょう。まずは症状を抑えるための心療内科受診、その後、対処する方法を試みるのが得策です。
更年期うつ|月経前になると悪化する?! PMSとうつの関係性
更年期のうつ症状は、月経前になるとひどくある場合があります。PMSと呼ばれる、月経前の症状を緩和する方法についてご紹介します。
更年期うつ|スキンシップが「うつ」に効く!「母性ホルモン」で楽になる方法
薬は利用しても依存することなく、ご自身の中にある潜在力でラクになれる方法がいくつもあります。ここでは、そんな潜在力を引き出す方法のひとつを、ご紹介します。それが、ご自身の母性ホルモンを活用する方法です。うつの心に効く母性ホルモンについて、ご紹介します。
「うつ病」の症状緩和に役立つ!?頭のうっ血を流す「つむじ刺激」とは?
「うつ病」になると、「気持ちの落ち込み」だけではなく、様々な不調を併発します。 例えば、「不眠」や「冷え」、「食欲不振」「体重減少」。 これらの症状は、「うつ」によって、自律神経も乱れ、体中の血流が悪くなっていることが一因です。「気持ちの落ち込み」だけでも大変なのに、こんな症状までひどくなると、「つらさも限界!」ですよね。 こんな諸症状に悩まされている方に、おすすめなのが「つむじ刺激」。 とくに、「冷え」や「顔色の悪さ」がひどい方に、効果を発揮します。 ここでは、「つむじ刺激」が役立つ理由とその方法について、詳しくご紹介していきましょう。

TOP 基礎知識 治療法いろいろ 更年期うつ 更年期の体験記 サプリ図鑑