更年期うつの体験記D寛解、うつの通院が終わるとき

心療内科での治療体験D〜寛解、そして通院が終わるとき〜

心療内科に通うようになって、約2年。
抗うつ薬(リフレックス)、抗不安薬(ワイパックス)を飲まなくなって、約5か月が過ぎました。そして、ついに、心療内科の通院を終了することができました。

 

あまりに長期通院していたので、「通院しなくてOKになるのは、どんな感じなのか」。全く、想像できませんでした。でも、通院終了するときは、いつか来るものです。

 

今回は、断薬から通院終了までの色々をご紹介します。


リフレックス、ワイパックスの断薬後の副作用について

私の場合、断薬による副作用は、全くありませんでした。
抗うつ薬にも、いろいろあります。
人によっては、飲み始めと、断薬時に強い副作用を感じる場合もあると聞いていましたが、あまりに何もないので、少し拍子抜けしました。

 

思い返すと、抗うつ薬は、どのタイプのものが自分に合うのか。とりあえず、飲んでみないとわかりません。しかも、効果が出るまでに、2週間以上もの時間がかかります。

 

飲んでみて、ダメだったら次の薬。そんなことを繰り返し続けて、なかなかうまくあう薬に出会えない方もいます。それを考えると、私の場合、リフレックスは2種類目の薬でしたから、ある意味ラッキーだったと思います。

 

初めて飲んだ抗うつ薬「ジェイゾロフト」は、私にとっては最悪で、この薬に対しては、ある種憎しみすら感じます。飲んだ翌日に、突如胃のあたりがむかむかし始めて、しばらく寝込み、食欲もなくなって、体重が激減しました。飲んで1か月たっても、落ち込みから浮上できず、医師に「薬を変えてほしい」と依頼したほどです。

 

もちろん、ジェイゾロフトで回復している人も多いわけですから、この薬そのものがダメだというわけではありません。でも、私にはあわなかった。つまり、それほど、あう薬を見つけるのは、時間がかかるということなのではないかと思います。

 

リフレックスに切り替えたときは、ジェイゾロフトの量を少なくして、リフレックス少量を併用するという切り替え方でした。このときは、ジェイゾロフトの断薬に伴う副作用が出ないかとうかを見ていた状態でした。

 

幸いにも、ジェイゾロフトの減薬、断薬症状はなく、完全にリフレックスに切り替えられました。その後、1年半以上、リフレックスのお世話になったわけですが、断薬時にも、副作用らしきものが出なかったのは、本当に幸いでした。

 

この後、通院したのは、2回。最初は2か月に1度。その後は、3か月に1度の合計2回です。受診する度に、医師に心の調子を報告しました。

 


あっけなかった通院終了

断薬の副作用もなく、落ち込みがぶり返すこともなく…という状態で、抗うつ薬のお世話になりたい気持ちが全くなくなり、5か月たちました。うつは再発しやすい病気だから、抗うつ薬を飲まなくなっても、しばらく通院しました。

 

最後の通院で、「いったん、通院は終了してもよいですか?」と医師に投げかけました。
答えは、「OK」。

 

心療内科の受診を終えるときというのは、医師から告げられるものなのかと想像していましたが、自分で切りだすカタチになりました。

 

「また、調子が悪くなったら電話します。ありがとうございました」で、通院終了しました。

 

通院を終えるとき、予約日に行かなくなる、いわゆるフェードアウトしている方もいるようですが、私の場合は、こういうカタチで、通院終了しました。

 

あれだけの苦しい想いをしながら、通院していたときのことを考えると、実にあっけない感じです。心療内科に行かなくてもいい状態という現実は、気持ちが安定した今でも、少し不思議な感じがします。

 


うつを再発させないために…するべきだと思うこと

あの頃のつらい気持ちは、忘れたわけではなく、リアルに覚えています。
世界がモノクロに見えたことも、わけもなく手がふるえたことも。
絶望感でいっぱいになったことも、何もかも…。
正直、もう2度と、再発したくありません。

 

この暗闇と絶望感、焦燥感。体の症状もすべて、今までに体験したことのなかった感覚です。これは、うつを患った人でないと、リアルにわからないことかもしれません。だから、もう絶対に、その世界には戻りたくありません。

 

うつは、薬を飲むだけでは、治りません。
薬は、症状を抑えてくれるだけで、それ以上の存在にはなりえないと思います。

 

どんな治療をしていても、自分で自分を許して、自分で自分を変えない限り、なかなか治らないのがうつ病です。そして、どこまでも、自分で自分を追い詰めてしまいます。

 

一番の大敵は、「ストレス」。
過去への後悔や、いまの自分の状況への罪悪感です。

 

これの大元になっているのは、自分のものの考え方。性格。価値観です。
そして、それに人間関係が複雑にからみあって、どうしようもない憂鬱感にさいなまれます。自分が不快だと感じる状況にさらされていると、そのストレスが、知らずしらずのうちに、自分を攻撃し始めます。

 

こういう状態から、いかに脱出するのか。
まずは、自分を責めることを、なんとかやめるしかありません。そして、自分を責めるだけではなくて、周囲や社会を責めることも無意味だと割り切るしかないのだと思います。もちろん、簡単に割り切れるようなら、病気になどなっていませんから、時間がかかります。でも、少しずつ。少しずつ。自分を変えていくしかありません。

 

そして、なんとか、自分を責める頻度や強さが小さくなったら、元気だったころに好きだったことを、思い出してください。これは、、日々の生活の中に、少しでも「楽しみ」だと思うことを増やすことが、心にものすごくよい影響を与えてくれるからです。

 

管理人は、大好きだった音楽も聴けなくなり、テレビも見れなくなっていましたが、変わりたいと思い始めてから、過去に好きだった音楽が少しずつ聞けるようになりました。最初は、激しい曲は無理でしたが、そのうち全部、聴けるようになったのは驚きでした。

 

みなさんは、何か、すごく好きだったものはありませんか?
美味しい食べ物を食べたり、熱中した趣味を再開したり。音楽やアロマ、リラクゼーションも、おすすめです。
少しでも、ほっとできるもの。楽しいと思うものを、探してみてください。

 

こういうものを思いだしたら、最後は、生きがいと充実感。これは、病気にかかわらず、健康的に生きるためにとても大切なものですが、これは難易度が高いので、なかなか獲得できないかもしれませんが、これができると、鬼に金棒です。

 

楽しいと思えること。充実感のあるもの。生きがいだと感じるもの。この3つは、管理人も、これからも模索し続けていきたい大事なことです。


更年期うつで苦しんでいるみなさんへ伝えたいこと

うつでいま。苦しんでいるみなさんへ伝えたいことがあります。
それは、うつは、必ず、治る病気だということです。
今は、信じられなくても、信じてください。
苦しみは、永遠には続かないと、ただただ、信じて下さい。
最初は、信じるだけで充分だと思うのです。

 

この言葉は、いま、苦しみの真っただ中にいると、
「何、絵空事をいってんの?」と思うほどの言葉でもあります。
実際に、私自身がそうでした。こういうことを聴いたり、見たり、読んだりすると、イライラしました。世の中の何もかもを、拒絶していたのだと思います。

 

誰も、わかってくれない。わかってもらおうとも思わない。
この苦しみは、永遠に続くのだと。

 

でも、そう思っていても、「このままじゃ、絶対にいやだ」という気持ちが、ずっとずっと心の奥底にあることに気づきました。苦しみから逃れることができるなら、何でもしたいと思い始めました。

 

人によって、その出口は、いろいろなのだと思います。
現状を認めること。そして、変わりたいと思うこと。
いま思うことは、この気持ちが沸き起こるときに、初めて、自分の中に、一筋の光が射すものなのだと思います。

 

後から思い返すと、とるに足らない何か。それは、きっかけとなっているものなのかもしれません。そして、これは、変わりたいと思えば、誰にでも、いつかきっと訪れるものなのではないでしょうか。

 

その、きっかけですが、私の場合は、四国お遍路でした。
このサイトでは、別項目でさんざんこのことに触れてきましたが、お遍路に出かけたことが、大きな転機になったのは、間違いありません。
もちろん、これは私のケースですから、誰にでもあてはまることではないとは思います。

 

どんなきっかけも、空から降ってくるのではなくて、自分が動いたときに、初めてつかめる。それをつかみにいこうとする、そんな少しの勇気が、後から振り返ると、出口の入口に立てる鍵なのだという気がしています。

 

いつまでも続く苦しみはないということ。
うつは、いつか、必ず治るということ。
これを、できれば信じて、自分で自分を変えようと思うこと。
そうできれば、きっといつか何かが変わると思います。

 

 


関連ページ

更年期うつ|「漢方」治療体験記@初診 初めての漢方薬
実際に体験した更年期障害の漢方治療の初診時体験記録です。初めての漢方薬は初めて処方された漢方薬は「香砂六君子湯」でした。生薬から煎じるという初体験までの記録です。
更年期うつ|「漢方」治療体験記A通院 毎回変わる漢方処方
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。漢方に通って処方された治療の体験第2弾です。月2回ベースで通院しましたが、その都度処方される漢方薬は変わりました。体質と体調にあわせて変化するのが漢方治療のようです。
更年期うつ|「漢方」治療体験記B漢方が向いている人、向かない人
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。漢方治療体験の第3弾。3か月通院した感想と感じたことをまとめています。漢方治療の成功の秘訣は長期間の治療ができるかどうかにあります。
更年期うつ|心療内科体験記@|初期症状と初受診
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。更年期うつの治療を始めたときの体験談第1回です。自主的に心療内科に行った経緯ご御紹介します。
更年期うつ|心療内科体験記A|抗不安薬から抗うつ薬服用へ
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。心療内科で抗うつ薬を服用しはじめてからのこと。ワイパックスだけでは、うつの落ち込みがおさまらなくなっていました。続いて処方された抗うつ薬ジェイゾロフト。これである意味、薬への信頼が終わります。
更年期うつ|心療内科体験記B|停滞期が一番つらいうつ治療
実際に体験した更年期うつの通院、治療体験記をご紹介します。約2年かかった治療中で、もっともつらかったのは、通院して3か月以降の時期です。薬への絶望、あきらめが心を支配し、希死念慮に苦しみます。
更年期うつ|心療内科体験記C|抗うつ薬の減薬タイミング
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。今回は抗うつ薬を減薬するタイミングがきたときのことをご紹介します。
更年期うつ|体験記|うつに「ヒプノセラピー」は効くのか?
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。心療内科での投薬治療だけでは、うつは治らないと確信した私は、無意識の中にあるといううつの原因と癒しを求めてヒプノセラピーを受けました。いわゆる催眠療法です。
更年期うつ|体験記|カウンセリングで心は楽になるのか?
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。カウンセリングは、心療内科の受診と同様、うつ治療ではとてもオーソドックスな治療方法です。人に話を聴いてもらうことは癒しにつながるケースも多いのです。
更年期うつ|体験記|うつでスピリチュアルカウンセリングを受けた話
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。色々な治療をたくさん試しましたが、スピリチュアルカウンセリング、いわゆる守護霊様や過去生について色々見てもらったことがあります。そこで本当にわかったことは…
更年期うつ|体験記|うつ治療中にやって失敗した3つのこと
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記。うつ症状が強いときにやって大失敗したこと3つとは?心の落ち込みを出来るだけ避けるためにもできれば避けたいことをご紹介しています。
更年期うつ|体験記|岩波英知先生の神経症克服プログラム体験@
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記。ドリームアートの岩波英知先生の神経症プログラムを受けたときの体験談をご紹介します。初回は受講するまでのいきさつと、受講申し込みの様子です。
更年期うつ|体験記|岩波英知先生の神経症克服プログラム体験A
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。岩波先生の神経症プログラムを受けた体験談です。実際に受講するとどんな感じなのか?岩波先生の評判は本物なのか?をありのままに記載しました。これはあくまで管理人の感想ですがご参考までにご覧ください。
更年期うつの治療体験記|四国お遍路でうつを改善「四国お遍路がうつに効く理由」
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介しています。色々試したうつに最も効果があったのが四国お遍路でした。なぜお遍路がうつに効くのか?体験談をお届けします。
うつを改善する四国お遍路|お遍路体験ハイライト
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。四国お遍路でうつを改善した道中の体験談です。お遍路の最中、うつを忘れる瞬間がたくさんありましたが、特に印象に残ったお寺をご紹介していきます。
更年期の冷え症|体験記|冷え症を改善した「日帰り湯治」
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介しています。冷え性などの身体的な症状に効く天然温泉のすすめ。
更年期うつ体験談|心の状態が悪いと激やせする?「うつと体重の深い関係」
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。更年期うつのときに、激やせ。何を食べても太らなくなったのは、心の調子と体脂肪を蓄える体の機能に大きな関係があるからです。その記録をご紹介します。
更年期|初期症状体験|止まらない汗と動悸!初期対応が肝心な更年期
当サイトを運営しているウメコの更年期初期症状は、多汗と動悸でした。 階段をのぼると息切れして、しばらく動けなくなる。 とくに、夏になると、汗が、あり得ないほど大量に噴出して、本当に困りました。これが、初期症状だったと気づいたのは、このサイトを作って、色々勉強し始めてからです。今回は、このときの症状と手当しなかった後悔を、ありのままにつづりたいと思います。
更年期うつ体験談|うつ停滞期に役立った!WEB版「行動認知療法」
自宅療養していると、時間の使い方がよくわからなくて、本当に困ってしまうことが多々起こります。時間があればあるほど、よくないことを妄想してしまって、どうしようもなくなります。管理人が通っていた心療内科で、医師に、「行動認知療法」で心が楽にならないか?と聞いたことがあります。
更年期|スマホアプリはストレス調整に役立つか?1か月体験の記録
更年期の不調を調べれば調べるほど、「自律神経が重要」なことがわかります。 のぼせも多汗も、気分が落ち込むのも。 「自律神経」が関係しているとしか、いいようがないのが本音です。 もし、その変化に早く気づくことができれば、少しはましだったのかも? そう考えると、これを推定できる便利なものがあれば、早く対処もできたかもしれません。 30代後半といえば、今から約10年前の話なので、当時はスマホなんて便利なものはありませんでしたが、最近のスマホアプリでは、こういう変化に気づけそうな便利アイテムが山ほど用意されています。今回は、そのスマホアプリの1つ「ココロ炉」を約1か月使ってみた体験記録をご紹介したいと思います。
更年期の閉経体験談(1)リアル閉経間近?人生初の無月経&ホットフラッシュ
プレから始まり、更年期になって、実際にいま、自分が経験している様々な不調。 いよいよ、現実に「閉経状態に近い予兆」が数多く出てきました。 リアル閉経で起こる体調の変化について、当サイトの管理人の体験談をお届けします。
更年期の水虫体験談|水虫の原因は血流障害?!水虫発症〜治癒までの2か月
「水虫」と聞くと、もしかすると、「男性に多い疾患」というイメージがあるかもしれません。水虫は、皮膚に寄生するカビの一種で、白癬菌という真菌によって発生する皮膚病のひとつ。湿度が高い環境を好むため、主に水虫ができるのは、足です。 実は、当サイトの管理人は、2年前に水虫になったことがあります。 最初は、水虫とは思いませんでしたが、普通の皮膚薬では全く効かず、水虫薬を使ってようやく完治。今にして思えば、血流障害が原因だったかもしれません。 ここでは、水虫の体験談と水虫の根本的な原因についご紹介してみます。
更年期の閉経体験談(2)月経がなくなって半年後にまた!?続くホットフラッシュ
昨年(2016年)12月を最後に、半年近く月経がこなかった6月。 ある日突然、月経がやってきました。 量は、さほど多くないものの、明らかな生理。 すっかり「閉経した」と思い込んでいたものの、そう簡単には、生理は、終わらないもののようです。 今回は、2017年上期の体験談について、書き綴ります。 ※閉経の症状は、個人差が大きいので、「こういう例もある」という程度でご覧下さい。

TOP 基礎知識 治療法いろいろ 更年期うつ 更年期の体験記 サプリ図鑑