更年期|スマホアプリはストレス調整に役立つか?1か月体験の記録

更年期|スマホの自律神経測定アプリは役立つか?1か月試してみた体験記

更年期不調は「ストレス」が加わるとひどくなる

 

更年期の不調は、過度のストレスを抱え続けると、ひどくなります。

 

管理人が日常的にストレスフルな生活を送っていたのは、30代後半ですが、この時期の身体的な不調は、とくにひどいものがありました。

 

・何でもない階段を上るだけで動悸がする。
・滝のような汗をかく上、なかなか止まらない。
・月経の回数が異様に多い(年間16回ほど)。

 

40代半ばになると、人間関係のもつれから「精神的な不調」に陥り、「うつ」になってしまいました。その後、約2年間も闘病することになったわけですが、この2つに共通していたのが、「ストレスへの無自覚」です。

 

強いストレスをそのままにしておくと、どうなるのか。あまりにも無知だったことが、不調をひどくする原因になったのかもしれない。

 

もし、自分のストレスをリアルタイムに知ることができれば、変わったかも? ちょうどそう思い返していたときに、「ストレスチェックができるスマホアプリ」があることを知りました。

 

そこで、遅ればせながら、試しに1か月使ってみた体験談を、ここでご紹介してみたいと思います。何かの参考になれば幸いです。

 


スマホアプリで、いまの自分のストレス度を測ってみる

自律神経測定アプリ「ココロ炉」

 

i-phoneやアンドロイド対応したアプリに、「ココロ炉」というアプリがあります。

 

無料で利用できるアプリで、スマホのカメラに、自分の指先をあてると、血液の輝度で血中のヘモグロビンの量を測定する機能がついています。

 

ここから、心拍数の変化などを読み取って、現在の自分のストレス度や疲れ具合を測定することができます。

 

確度は80%くらいという話で、まずは300日くらいは測定し続けてくださいという説明があります。

 

まずは、1か月やってみた記録をご紹介してみます。

 

※この写真は、管理人が測定スタートしてみた際のキャプチャー写真です。カメラレンズの外側に指をあてて計測します。

 

約1か月の測定記録

 

 

11/10〜12/14までの管理人の測定記録です。測定し忘れた日は、空欄になっていますが、日付別の記録を月単位で見ることができます。
(1日に複数計測すると平均値、1回だとその数値が出ます)

 

緑のニコちゃんマークは、理想値です。曜日平均も下段に出ますが、全般的に良好な状態が続いています。

 

マークの味方

緑=理想、オレンジ=のんびり、青=ぐったり、ピンク=ストレス、各項目の茶色マークの横には、ストレス度の%が出ます。

 

ストレスチェック結果を見た実感は?

 

 

この1か月のデータに、自分の生理期間を入れてみました。(※アプリにこの機能はありません)

 

赤い枠の日程が、月経期間。現在のところ、管理人の月経日数は短かったり(5日)、長かったり(1週間以上)。周期も、早かったり遅かったりで、結構乱れています。

 

このアプリは、生理用のものではありませんが、生理前は気持ちも乱れやすいので、まずはそれを検証してみました。

 

予定より1週間以上早かった12月

 

実は、12月の生理は本当なら、17日前後くらいにくるはずと予測していましたが、まさかの8日スタート。

 

あまり予兆はありませんでしたが、前日の7日はストレス度が高い測定結果になっていました。

 

ストレス度というのは、交感神経の方が優位になっている日。もしかしたら、これが予兆になっていたかもしれません。

 

これと反対に、11月は予定通りの開始でした。生理前日のストレス度は特に高くありませんでした。

 

呼吸とストレス軽減の関係を見てみた

 

もう1つ試したのは、測定中にわざと「腹式呼吸」をしたみたこと。呼吸は、大きく息を吐きだすときに、「副交感神経」が優位に働きやすいといわれています。

 

息を吸う=交感神経、息を吐く=副交感神経の役割なので、腹式呼吸が自律神経のバランスを整えるのに役立つといわれています。

 

結果は、「効果あり!!!」。 もちろん、管理人のケースですので、誰にでもあてはまるとはいえませんが、呼吸を変えると確かに安定します。

 

「緊張したときに、深呼吸するといい」といわれるのは、心を落ち着かせる副交感神経が動くためですが、ストレスをためないためには有効だと思います。

 


スマホアプリは、うまく使えば体調管理に役立つ

ストレスを感じている方におすすめ!

 

あくまでも管理人の感想ですが、スマホアプリは、自分で意識していないときの測る上で、確かに参考になります。

 

確度の感想は個人差があると思いますが、試しにやってみると自分の活用方法が見つけられそうです。

 

もし1か月計測して、ストレスのピンク色で、カレンダーがいっぱいになるようなら、やはり対策が必要。とくに、ストレスを感じている方は、試してみるのもおススメです。

 

iPhoneやandroidのアプリ検索で、「ココロ炉」と入力すると出てきます。無料インストールできますので、興味のある方はダウンロードしてみてください。


Sponsored Link

関連ページ

更年期うつ|「漢方」治療体験記@初診 初めての漢方薬
実際に体験した更年期障害の漢方治療の初診時体験記録です。初めての漢方薬は初めて処方された漢方薬は「香砂六君子湯」でした。生薬から煎じるという初体験までの記録です。
更年期うつ|「漢方」治療体験記A通院 毎回変わる漢方処方
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。漢方に通って処方された治療の体験第2弾です。月2回ベースで通院しましたが、その都度処方される漢方薬は変わりました。体質と体調にあわせて変化するのが漢方治療のようです。
更年期うつ|「漢方」治療体験記B漢方が向いている人、向かない人
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。漢方治療体験の第3弾。3か月通院した感想と感じたことをまとめています。漢方治療の成功の秘訣は長期間の治療ができるかどうかにあります。
更年期うつ|心療内科体験記@|初期症状と初受診
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。更年期うつの治療を始めたときの体験談第1回です。自主的に心療内科に行った経緯ご御紹介します。
更年期うつ|心療内科体験記A|抗不安薬から抗うつ薬服用へ
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。心療内科で抗うつ薬を服用しはじめてからのこと。ワイパックスだけでは、うつの落ち込みがおさまらなくなっていました。続いて処方された抗うつ薬ジェイゾロフト。これである意味、薬への信頼が終わります。
更年期うつ|心療内科体験記B|停滞期が一番つらいうつ治療
実際に体験した更年期うつの通院、治療体験記をご紹介します。約2年かかった治療中で、もっともつらかったのは、通院して3か月以降の時期です。薬への絶望、あきらめが心を支配し、希死念慮に苦しみます。
更年期うつ|心療内科体験記C|抗うつ薬の減薬タイミング
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。今回は抗うつ薬を減薬するタイミングがきたときのことをご紹介します。
更年期うつ|体験記|うつに「ヒプノセラピー」は効くのか?
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。心療内科での投薬治療だけでは、うつは治らないと確信した私は、無意識の中にあるといううつの原因と癒しを求めてヒプノセラピーを受けました。いわゆる催眠療法です。
更年期うつ|体験記|カウンセリングで心は楽になるのか?
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。カウンセリングは、心療内科の受診と同様、うつ治療ではとてもオーソドックスな治療方法です。人に話を聴いてもらうことは癒しにつながるケースも多いのです。
更年期うつ|体験記|うつでスピリチュアルカウンセリングを受けた話
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。色々な治療をたくさん試しましたが、スピリチュアルカウンセリング、いわゆる守護霊様や過去生について色々見てもらったことがあります。そこで本当にわかったことは…
更年期うつ|体験記|うつ治療中にやって失敗した3つのこと
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記。うつ症状が強いときにやって大失敗したこと3つとは?心の落ち込みを出来るだけ避けるためにもできれば避けたいことをご紹介しています。
更年期うつ|体験記|岩波英知先生の神経症克服プログラム体験@
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記。ドリームアートの岩波英知先生の神経症プログラムを受けたときの体験談をご紹介します。初回は受講するまでのいきさつと、受講申し込みの様子です。
更年期うつ|体験記|岩波英知先生の神経症克服プログラム体験A
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。岩波先生の神経症プログラムを受けた体験談です。実際に受講するとどんな感じなのか?岩波先生の評判は本物なのか?をありのままに記載しました。これはあくまで管理人の感想ですがご参考までにご覧ください。
更年期うつの治療体験記|四国お遍路でうつを改善「四国お遍路がうつに効く理由」
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介しています。色々試したうつに最も効果があったのが四国お遍路でした。なぜお遍路がうつに効くのか?体験談をお届けします。
うつを改善する四国お遍路|お遍路体験ハイライト
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。四国お遍路でうつを改善した道中の体験談です。お遍路の最中、うつを忘れる瞬間がたくさんありましたが、特に印象に残ったお寺をご紹介していきます。
更年期の冷え症|体験記|冷え症を改善した「日帰り湯治」
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介しています。冷え性などの身体的な症状に効く天然温泉のすすめ。
更年期うつ|心療内科体験記D|寛解、通院が終わるとき
心療内科に通うようになって、約2年。 抗うつ薬(リフレックス)、抗不安薬(ワイパックス)を飲まなくなって、約5か月が過ぎました。そして、ついに、心療内科の通院を終了することができました。
更年期うつ体験談|心の状態が悪いと激やせする?「うつと体重の深い関係」
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。更年期うつのときに、激やせ。何を食べても太らなくなったのは、心の調子と体脂肪を蓄える体の機能に大きな関係があるからです。その記録をご紹介します。
更年期|初期症状体験|止まらない汗と動悸!初期対応が肝心な更年期
当サイトを運営しているウメコの更年期初期症状は、多汗と動悸でした。 階段をのぼると息切れして、しばらく動けなくなる。 とくに、夏になると、汗が、あり得ないほど大量に噴出して、本当に困りました。これが、初期症状だったと気づいたのは、このサイトを作って、色々勉強し始めてからです。今回は、このときの症状と手当しなかった後悔を、ありのままにつづりたいと思います。
更年期うつ体験談|うつ停滞期に役立った!WEB版「行動認知療法」
自宅療養していると、時間の使い方がよくわからなくて、本当に困ってしまうことが多々起こります。時間があればあるほど、よくないことを妄想してしまって、どうしようもなくなります。管理人が通っていた心療内科で、医師に、「行動認知療法」で心が楽にならないか?と聞いたことがあります。

TOP 基礎知識 治療法いろいろ 更年期うつ 更年期の体験記 サプリ図鑑