更年期の閉経体験談(1)リアル閉経間近?人生初の無月経&ホットフラッシュ

更年期の閉経体験談(1)リアル閉経間近?人生初の無月経&ホットフラッシュ

日本人女性の閉経時期は、50歳前後といわれています。

 

40代後半になると、閉経に向かってすでにカウントダウンが始まっている状態。個人差はあるものの、さまざまな体調の変化を感じる時期です。

 

プレ更年期に、動悸や多汗、めまいなどが出始め、44歳のときにうつに。2年かかって寛解したのち、当サイトを立ち上げました。

 

今まで、様々な管理人の体験談を、この体験記でお届けしてきましたが、49歳のいま、「いよいよ閉経」の予兆。

 

リアルな感覚を忘れないうちに、書き綴っておきたいと思います。閉経の症状は、個人差が大きいので、「こういう例もある」という程度でご覧下さい。


月経回数減少→2か月なし状態に・・

2016年の1年間。今までとは大きく違う、月経状態になりました。

 

月経時期は、スケジュール帳に記録してきたので、ここ5年のリアルな回数を書き出してみました。

 

ここ5年の生理の回数

2012年44歳 年間生理回数14回
2013年45歳 年間生理回数14回
2014年46歳 年間生理回数13回
2015年47歳 年間生理回数14回
2016年48歳 年間生理回数12回

 

もともと、年間の生理回数が、かなり多く、しかも経血量が多い傾向がありました。

 

これは、20代の頃から変わらず同じです。検査の度に、「貧血」と診断されていましたが、最近、実は「子宮筋腫」があったことがわかり、原因はこの筋腫だったようです。

 

2017年に入り、月経がなくなる

今まで、30年以上、生理がこない悩みが1度もなく、どちらかというと回数が多くて困っていた実状があります。

 

2017年に入り、49歳になり(1月生まれ)、2016年12月の月経を最後に、パタッと月経がこなくなりました。

 

これまで、異様に回数が多かった自分にとって、初めての経験です。

 

まだ約2か月ですから、完全に閉経とはいえないかもしれませんが、明らかに「ホルモンの恩恵」がなくなった感覚と、今までなかった変調が起こっています。

 

ホットフラッシュ、のぼせ

 

1月中旬頃から、ホットフラッシュが起こるようになりました。
首から上が、突然カーッと熱くなり、寒い時期にもかかわらず、汗が出てきます。
顔のほてり感、熱を帯びた感じが強く、1時間に1回くらい、この感覚が数分続きます。

 

熱くなると上着を脱いでも寒さを感じないほどですが、治まると急激に冷えます。
これは、寝ている間にも起こるので、眠りが浅くなる早朝には、のぼせて目が覚めることもあります。

 

軽い下腹部痛が起こるのに生理が来ない

 

計算上は、生理が来るはずの時期に、軽い下腹部痛が出ました。
これは、今までなら、生理前の兆候と同じ症状ですが、実際には、生理は起こらず。
本当は、自律神経が、生理を促していたのではないか?という印象です。
それにも関わらず、月経がこないため、「実は閉経したかも?」という感覚を強くしています。

 

肌のたるみ、しわが気になる

 

1月から、顕著に肌の状況が変わりました。
もちろん、年ですから若い頃のような状態ではありませんでしたが、明らかに、生理があった時期と、そうではない今とでは、状況が異なります。

 

コスメでケアをしても、すぐに乾燥する上、老化をリアルに感じます。
朝起きたときの顔の状態も、むくみがち。顔のむくみは、今までほとんどなかったので、正直かなり驚きの状態です。


1年前から予兆!月経状況がこれまでと違った

周期も量もバラバラ続き

 

もう1つ、気づいたのは、生理が来なくなる1年前の状態です。
明らかに、それまでとは違う状態でした。

 

経血量が激減したかと思うと、あり得ないほど多い月もあり、予測が不可能。
その上、1か月も生理が続いた月もありました。

 

後半、数回は、子宮壁だと思われる経血の大きなカタマリが出て、心底驚いたこともあります。
これまでとは明らかに違う月経に翻弄される1年。
周期も量も、どう考えてもおかしい状況が1年続きました。


この後は・・・?

このまま1年続けば閉経

 

閉経は、1年生理がこない状態で、初めてほぼ確定されます。
これは、別記事でご紹介した、実際の閉経時期のアンケート結果です。

 


みんなの閉経と更年期|420人が回答した「わたしたちの更年期」アンケート結果

 

人によって、かなり時期が違うのがわかります。
いま現在、49歳ですが、平均よりは少し早め。まだ2か月ですから、完全に閉経したとはいえない状態ですが、感覚的には閉経したという感じが強い状態です。

 

現在出ている症状は、ホットフラッシュが一番顕著な症状です。

 

このままの状態で、夏の高温時期になったら大変なことになりそうですが、これもいつ治まるのかはまだわかりません。

 

更年期障害は、プレから始まり、閉経後も続くといいますが、どの程度で落ち着くのかも、個人差があるといわれています。

 

2〜3年は続くケースもあれば、もっと短い場合も。そう考えると、この先も、まだまだほかに不調が出る可能性もありそうです。

 

※本体験は、あくまで当サイトの管理人のケースです。リアル閉経の今後を、またレポートしていきたいと思います。

 

Sponsored Link

関連ページ

更年期うつ|「漢方」治療体験記@初診 初めての漢方薬
実際に体験した更年期障害の漢方治療の初診時体験記録です。初めての漢方薬は初めて処方された漢方薬は「香砂六君子湯」でした。生薬から煎じるという初体験までの記録です。
更年期うつ|「漢方」治療体験記A通院 毎回変わる漢方処方
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。漢方に通って処方された治療の体験第2弾です。月2回ベースで通院しましたが、その都度処方される漢方薬は変わりました。体質と体調にあわせて変化するのが漢方治療のようです。
更年期うつ|「漢方」治療体験記B漢方が向いている人、向かない人
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。漢方治療体験の第3弾。3か月通院した感想と感じたことをまとめています。漢方治療の成功の秘訣は長期間の治療ができるかどうかにあります。
更年期うつ|心療内科体験記@|初期症状と初受診
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。更年期うつの治療を始めたときの体験談第1回です。自主的に心療内科に行った経緯ご御紹介します。
更年期うつ|心療内科体験記A|抗不安薬から抗うつ薬服用へ
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。心療内科で抗うつ薬を服用しはじめてからのこと。ワイパックスだけでは、うつの落ち込みがおさまらなくなっていました。続いて処方された抗うつ薬ジェイゾロフト。これである意味、薬への信頼が終わります。
更年期うつ|心療内科体験記B|停滞期が一番つらいうつ治療
実際に体験した更年期うつの通院、治療体験記をご紹介します。約2年かかった治療中で、もっともつらかったのは、通院して3か月以降の時期です。薬への絶望、あきらめが心を支配し、希死念慮に苦しみます。
更年期うつ|心療内科体験記C|抗うつ薬の減薬タイミング
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。今回は抗うつ薬を減薬するタイミングがきたときのことをご紹介します。
更年期うつ|体験記|うつに「ヒプノセラピー」は効くのか?
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。心療内科での投薬治療だけでは、うつは治らないと確信した私は、無意識の中にあるといううつの原因と癒しを求めてヒプノセラピーを受けました。いわゆる催眠療法です。
更年期うつ|体験記|カウンセリングで心は楽になるのか?
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。カウンセリングは、心療内科の受診と同様、うつ治療ではとてもオーソドックスな治療方法です。人に話を聴いてもらうことは癒しにつながるケースも多いのです。
更年期うつ|体験記|うつでスピリチュアルカウンセリングを受けた話
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。色々な治療をたくさん試しましたが、スピリチュアルカウンセリング、いわゆる守護霊様や過去生について色々見てもらったことがあります。そこで本当にわかったことは…
更年期うつ|体験記|うつ治療中にやって失敗した3つのこと
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記。うつ症状が強いときにやって大失敗したこと3つとは?心の落ち込みを出来るだけ避けるためにもできれば避けたいことをご紹介しています。
更年期うつ|体験記|岩波英知先生の神経症克服プログラム体験@
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記。ドリームアートの岩波英知先生の神経症プログラムを受けたときの体験談をご紹介します。初回は受講するまでのいきさつと、受講申し込みの様子です。
更年期うつ|体験記|岩波英知先生の神経症克服プログラム体験A
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。岩波先生の神経症プログラムを受けた体験談です。実際に受講するとどんな感じなのか?岩波先生の評判は本物なのか?をありのままに記載しました。これはあくまで管理人の感想ですがご参考までにご覧ください。
更年期うつの治療体験記|四国お遍路でうつを改善「四国お遍路がうつに効く理由」
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介しています。色々試したうつに最も効果があったのが四国お遍路でした。なぜお遍路がうつに効くのか?体験談をお届けします。
うつを改善する四国お遍路|お遍路体験ハイライト
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。四国お遍路でうつを改善した道中の体験談です。お遍路の最中、うつを忘れる瞬間がたくさんありましたが、特に印象に残ったお寺をご紹介していきます。
更年期の冷え症|体験記|冷え症を改善した「日帰り湯治」
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介しています。冷え性などの身体的な症状に効く天然温泉のすすめ。
更年期うつ|心療内科体験記D|寛解、通院が終わるとき
心療内科に通うようになって、約2年。 抗うつ薬(リフレックス)、抗不安薬(ワイパックス)を飲まなくなって、約5か月が過ぎました。そして、ついに、心療内科の通院を終了することができました。
更年期うつ体験談|心の状態が悪いと激やせする?「うつと体重の深い関係」
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。更年期うつのときに、激やせ。何を食べても太らなくなったのは、心の調子と体脂肪を蓄える体の機能に大きな関係があるからです。その記録をご紹介します。
更年期|初期症状体験|止まらない汗と動悸!初期対応が肝心な更年期
当サイトを運営しているウメコの更年期初期症状は、多汗と動悸でした。 階段をのぼると息切れして、しばらく動けなくなる。 とくに、夏になると、汗が、あり得ないほど大量に噴出して、本当に困りました。これが、初期症状だったと気づいたのは、このサイトを作って、色々勉強し始めてからです。今回は、このときの症状と手当しなかった後悔を、ありのままにつづりたいと思います。
更年期うつ体験談|うつ停滞期に役立った!WEB版「行動認知療法」
自宅療養していると、時間の使い方がよくわからなくて、本当に困ってしまうことが多々起こります。時間があればあるほど、よくないことを妄想してしまって、どうしようもなくなります。管理人が通っていた心療内科で、医師に、「行動認知療法」で心が楽にならないか?と聞いたことがあります。
更年期|スマホアプリはストレス調整に役立つか?1か月体験の記録
更年期の不調を調べれば調べるほど、「自律神経が重要」なことがわかります。 のぼせも多汗も、気分が落ち込むのも。 「自律神経」が関係しているとしか、いいようがないのが本音です。 もし、その変化に早く気づくことができれば、少しはましだったのかも? そう考えると、これを推定できる便利なものがあれば、早く対処もできたかもしれません。 30代後半といえば、今から約10年前の話なので、当時はスマホなんて便利なものはありませんでしたが、最近のスマホアプリでは、こういう変化に気づけそうな便利アイテムが山ほど用意されています。今回は、そのスマホアプリの1つ「ココロ炉」を約1か月使ってみた体験記録をご紹介したいと思います。

TOP 基礎知識 治療法いろいろ 更年期うつ 更年期の体験記 サプリ図鑑