更年期の症状|イライラ|「怒りっぽくなった」「気持ちが不安定」

更年期になるとイライラするのはなぜ?

「今までよりも、イライラすることが多くなった」
「ちょっとしたことで、周囲に当たってしまう」
「イライラすると、感情を抑えることができない」

 

更年期の女性ホルモン(エストロゲン)の減少は、感情のコントロールを難しくさせてしまう特徴があります。これは、女性ホルモンの減少が原因で、2つの自律神経のバランスが乱れてしまうことが原因です。

 

更年期は、神経を緊張させる交感神経が優位に働いてしまうため、何かきっかけになることが起こると感情の高ぶりを抑えにくくなってしまいます。

 

この状態を、そのままにしておくと、「いわなくてもいいことを、いってしまった」という後悔の念や、焦りを感じるようになってしまいます。

 

この自責の念は、うつのような症状を引き起こすことも、珍しくありません。感情の高ぶりを、できるだけ抑え、気持ちを安定しやすくする対処を、取るようにする必要があります。


どうしようもないイライラ!これを抑えるにはどうしたらいいの?

食生活を改善する

 

実は、ふだん食べているものには、「イライラしやすくなる食べ物」と「気持ちを穏やかにする食べ物」が、あります。どんな食べ物がイライラしやすくさせるのかを覚えて症状緩和につとめましょう。

 

イライラしやすくなる食べ物

 

「トランス脂肪酸」が入っている食べ物は、人の感情を攻撃的にさせる」
こんな研究結果が、アメリカのカリフォルニア大学の研究チームが発表して、話題になったのを、ご存じでしょうか? この、トランス脂肪酸は、このような食べ物に、多く含まれています。

 

・フライドポテトなどの揚げ物(ファーストフード系は要注意)
・マーガリン
・インスタント食品
・ポテトチップなどのスナック菓子

 

成分表示に、「ショートニング」と書かれているものは、トランス脂肪酸ですから要注意です。ショートニングは、この脂肪酸が非常に多く含まれている油分です。

 

「気持ちを穏やかにする」食べ物

 

ビタミンB1やカルシウム、ビタミンCは、ストレスを抑制する働きがある栄養素です。この栄養素が、多く入っている食べ物を摂ると、気持ちが安定しやすくなります。

 

ビタミンB1が多く含まれている食べ物→豚ヒレ肉、生ハム、焼き豚などの豚肉、タラコ、ウナギなど。
カルシウムが多く含まれている食べ物→チーズ、サクラエビ、シラス干し、イワシ、煮干し、パセリなど
ビタミンCが多く含まれている食べ物→赤ピーマン、黄ピーマン、パセリ、ケール、アセロラジュース、ゆず、レモン、海苔など

 

太陽の光を浴びること。

 

気持が不安定な症状は、「セロトニン」が不足していることが、原因です。セロトニンは、気持ちを穏やかにする、脳内の「幸せ感」を伝達する物質です。

 

セロトニンは、太陽が出ている午前中に、多く分泌される特徴がありますから、できるだけ、この時間帯に、陽にあたること。1日1回、20分以上、外を歩いたり、ひなたぼっこをしたりするのが、おすすめです。

 

リズミカルな運動をすること。

 

ロトニンは、ある一定のリズムのある運動をすると、分泌されやすくなります。ウオーキングや階段の昇り降り、簡単なエクササイズなど、ある一定のリズムを保つ運動を繰り返してみましょう。自転車を漕ぐのも、おすすめの運動方法です。

 

セロトニンの材料となる食べ物を多く摂ること

 

セロトニンを作るためには、2つの栄養素が必要です。この2つの材料は、体内で作ることができません。つまり、食べ物から摂るしかないわけです。

 

必要なのは、「トリプトファン」と「ビタミンB6」。トリプトファンは、アミノ酸の一種で、赤身の魚や肉類、乳製品に多く含まれています。また、ビタミンB6は、レバーやマグロ、カツオなどに多く含まれています。

 

アロマで神経をリラックスさせる

 

「西洋の漢方」とも言われる、アロマには、神経を鎮静化させる効能があります。イライラする気持ちを抑え、気持ちを穏やかにしてくれるオイルが、こちら。寝る前の、リラックスタイムに、一度試してみましょう。

 

【イライラ解消!効果のあるアロマオイル】

 

●イランイラン
甘くて、濃厚な香りが漂うオイルです。緊張した神経を解きほぐし、リラックスさせてくれる効果があります。

 

●サンダルウッド(白檀)
日本でも、お香の原料として、馴染み深い白檀の香り。インドでは、寺院で行われる瞑想の際に、使用されてきた古い歴史があります。サンダルウッドは、副交感神経を活性化させるリラックス効果が高く、高ぶった気持ちを、やわらげてくれます。

 

●ゼラニウム
バラに似た香りがある、ハーブ系の匂いが特徴のオイルです。別名「ローズゼラニウム」とも呼ばれてます。ゼラニウムは、ヨーロッパでは、悪霊を追い払う縁起物として、古くから活用されてきました。心を落ち着かせる効能があり、更年期障害のイラつきを抑えてくれます。

「更年期のイライラ」関連記事

Sponsored Link

関連ページ

もしかして更年期障害?|更年期かどうかチェックする方法
身体の不調は、もしかすると更年期障害かもしれません。30代後半から注意したい、更年期障害。不調の原因が更年期によるものかどうか確認しましょう
更年期の症状|生理不順&不正出血|「サイクルがおかしい」「血が出る」
生理のサイクルがおかしい。生理じゃないときにも出血がある。更年期に起こる、生理不順と不正出血について、詳しくご紹介していきます。
更年期の症状|不眠症|「寝つけない」「すぐに目が覚める」「不眠」
夜、なかなか寝付けない。眠りが浅くて、すぐに目が覚めてしまう。長く寝ても疲れが取れない。更年期になると起こる不眠症状について、解説しています
更年期の症状|うつ・不安症|「気持ちが沈む」「泣きたくなる」
何もやる気がしない。いつも心がふさぎ込む。憂鬱感がとれない。40代の更年期に起こる、うつ症状と不安症についてご紹介します
更年期の症状|のぼせと多汗症|「のぼせる」「汗が止まらない」
頭がのぼせる、汗が止まらない。こんな症状も更年期特有の障害です。これを防止するにはどうしたらいいのでしょうか。詳しくご紹介していきましょう。
更年期の症状|めまいと耳鳴り|「立ちくらみ」「耳なり」
更年期になると、めまいや耳鳴りがして、座り込んでしまう。ひどい場合は寝込んでしまう症状が出ることがあります。症状をやわらげるためには、どんなことが必要?緩和方法と対処方法をご紹介します。
更年期の症状|だるい・倦怠感|「いつも疲れている」「体がだるい」
いつも疲れている、倦怠感が取れないことが増えて来る更年期。つかれやすい症状を緩和する方法と対処方法をご紹介します。
更年期の症状|手足のしびれ・かゆみ|「手足がしびれる」「皮膚がかゆい」
手足がしびれたり、かゆみが止まらないのも、実は、更年期障害かもしれません。しびれを緩和する方法と対処方法について、学んでいきましょう。
更年期の症状|肩こり・腰痛|「肩こりがひどい」「腰痛がひどい」
更年期になると、肩こりや腰痛がひどくなるケースが多くなります。更年期特有の肩こり、腰痛の対処方法について、ご紹介していきます。
更年期の症状|食欲不振|「何も食べたくない」「激やせした」
食欲がわかない、食べたいと思う気持ちが小さくなるなど、食欲不振も更年期障害のひとつです。健康維持するために必要な、食欲不振の対処法をご紹介します。
更年期の症状|下痢・便秘|「よく下痢する」「便秘がひどい」
更年期になると、今まで以上に便秘や下痢の症状がひどくなる場合があります。これも、自律神経の乱れと女性ホルモンの減少が影響しています。下痢と便秘の対処法をご紹介します。
更年期の症状|頻尿・尿もれ|「トイレが近い」「もらしてしまう!」
40代でも、頻尿や尿漏れが起こります。更年期特有の頻尿&尿もれ対処方法についてご紹介します。このような症状がおこったら、できるだけ、はやいうちに対処しましょう。
更年期の症状|冷え症|「手足の冷えがひどい」「下半身がむくむ」
更年期の症状の中でも、とくに多いのが冷え性です。冷え症が起こる原因とは?また、冷え性をを改善する方法について、ご紹介します。
更年期の症状|むくみ|「いつも体がむくんでいる」「手足がパンパン!」
更年期になると、体がとてもむくみやすくなります。手足がパンパンになったり、顔のむくみまで出る場合も!むくみやすい体を変えるには何が必要なのでしょうか?
更年期の症状|加齢臭|「体臭がする」「チーズのような臭いがする」
加齢臭は、男性ばかりではなく、女性にも起こる症状です。更年期になると、さまざまな不調が出ますが、中でも、自覚症状が小さい加齢臭の対処はなかなか難しいものです。その対処方法についてご紹介します。
更年期の症状|口臭・ドライマウス|「口の中が乾く」「口が臭い」
更年期の症状に、膵液(唾)の量が減少する症状が、出ることがあります。いわゆる、ドライマウスです。 これが原因で口臭がひどくなる場合もあります。更年期のドライマウスと口臭の対策についてご紹介します。
更年期の症状|頭痛|「頭がしめつけられる」「ズキズキする」
40代以降になると、慢性的な頭痛が続くことがあります。検査を受けても、脳には異常がないと診断されることも、少なくありません。このような場合、女性ホルモンの減少が引き起こす、自律神経が関係した頭痛である場合が多くなります。
更年期の症状|経血過多|もしかして病気?月経の量が多すぎるときの対処法
更年期を迎えると、「月経過多」に悩まされることがあります。夜用ナプキンを使っても、漏れてしまうほどの出血量になることも、珍しくありません。自宅にいるときはともかく、外出時の出血過多も、悩みの種…。そもそも、更年期の月経過多の原因は、何なのでしょうか? ここでは、その原因と対処法について、ご紹介します。
更年期の症状|不正出血|「生理じゃない時の出血」は病気?その原因とは?
更年期になると、月経トラブルが増加します。その中でも、ドキッとしてしまうのが、「生理じゃないときに起こる出血」ですよね。 これも、ホルモンバランスが崩れていると、起こりやすい症状ですが、実は、他の病気が隠れている場合があります。ここでは、まず、不正出血の原因と症状、対処方法について、ご紹介していきましょう。
更年期の症状|空の巣症候群|更年期女性に多発?「空の巣症候群」とは?
「空の素症候群」(からのすしょうこうぐん)という言葉を、ご存知でしょうか? これは、生きがいだった子どもが独立したあと、40〜50代の女性に多くみられる「抑うつ症状」です。ちょうど、更年期の不調と重なって、そのまま深刻な「うつ病」になるケースも少なくありません。 「空の素症候群」とは、いったいどんな症状を引き起こすのでしょうか?また、その防止とは? 詳しく解説していきましょう。
更年期の症状|もの忘れ|「うっかりミスが増えた」「大事なことを忘れる」
「もの忘れ」は、「老人特有の症状だ」と思われている方も多いのではないでしょうか? でも、この「もの忘れ」は、老化だけが原因ではありません。実は、「更年期」から頻発し始める、症状のひとつなのです。 「もの忘れまで、更年期のせいなの?」と、少しうんざりするかもしれませんが、この原因にも「女性ホルモン」が大きく関係しています。ここでは、更年期から始まる「もの忘れ」の原因と対策について、詳しく解説していきましょう。
更年期の症状|難聴|「耳が聞こえにくい」「耳鳴りがすることもある」
40代〜50代に迎える更年期。この時期は、色々な不調が起こりやすい時期。 「耳が聞こえにくくなってきた」「突然、聞こえなくなった」という、『耳のトラブル』もこの年代から増加してくる不調のひとつです。 「耳が聞こえにくくなる」は、実は、女性ホルモンの減少ではなく、「加齢」が主な原因です。また、生活習慣が原因となっている難聴もあり、いずれにしても早めの対処が必要です。ここでは、「耳が聞こえにくくなる」原因と「考えられる病気」、「対処法」について、ご紹介していきましょう。
更年期の症状|ドライアイ・老眼|「目が乾く」「目が見えにくい」
「目の乾き」や「カスミ目」。今までとは違う「目のトラブル」が増えくるのも、ちょうど更年期の年頃です。 更年期の女性ホルモンの減少は、体内のあちこちを乾燥させていきます。 目が乾きやすくなるのは、これが一因と考えられますが、これ以外の「目のトラブル」は加齢による影響も小さくありません。 ここでは、更年期から増加する「目のトラブル」について、ご紹介していきましょう。

TOP 基礎知識 治療法いろいろ 更年期うつ 更年期の体験記 サプリ図鑑