更年期の症状|空の巣症候群|更年期女性に多発?「空の巣症候群」とは?

40〜50代女性に多発する!?更年期にやってくる「空の巣症候群」とは?

「空の巣症候群」(からのすしょうこうぐん)という言葉を、ご存知でしょうか?

 

これは、生きがいだった子どもが独立したあと、40〜50代の女性に多くみられる「抑うつ症状」です。ちょうど、更年期の不調と重なって、そのまま深刻な「うつ病」になるケースも少なくありません。

 

「空の巣症候群」とは、いったいどんな症状を引き起こすのでしょうか?また、その防止策とは? 詳しく解説していきましょう。


「空の巣症候群」とは? その症状と原因になるもの

40〜50代といえば、ちょうど、子どもに手がかからなくなる時期と重なります。

 

とくに、大学進学や就職などで子供が独立すると、「空虚感」にさいなまれ、何もかも億劫になったり、元気がなくなる女性も少なくありません。

 

人は、自分で意識していなくても、何か「生きがい」や「毎日のはりあい」を必要としながら生きています。

 

「生きがい」は、「自分の存在価値」と同じでもあります。人は、誰かに必要とされていると感じるときに、「生きがい」や「はりあい」を感じます。

 

子どもにこんなことを言っていませんでしたか

「ちゃんと勉強しなさい!」
「ご飯の時間よ。早く食べなさい」
「洗濯物だしなさい!」
「部屋を片付けなさい」
「もう!お母さんがいないと何にもできないんだから」

 

毎日、口うるさく世話をしていた子供たち。「手間がかかって大変!」と思っていても、「わたしがいないと何もできないんだから…」と思えること自体が、ご自身の存在価値をゆるぎないものにしていたのです。

 

 

「存在価値」=「生きがい」 これを失うと調子が悪くなります

 

女性にとっての子どもは、まさに、その「生きがい」。

 

今まで、「子どもには依存していない」と思っていた女性でも、独立して実際にいなくなってみると、「その存在がいかに大きかったのか」に気づかされます。

 

「生きがい」や「はりあい」は、何も子どもの存在だけが重要なわけではありません。

 

趣味や仕事など、何か打ち込めるものを持っている場合は、その空虚感も、時間と共にやわらいでいくものですが、そういうものがない場合は、いつまでも引きずってしまいます。

 

すると、精神的に追い詰められて、抑うつ状態になってしまうのも、自然な流れなのです。

 

引きずり続けると「うつ」になってしまうことも!

 

更年期の女性は、女性ホルモンが急激に減少して、精神状態も不安定になりがちです。イライラして怒りっぽくなったり、何もやる気がおきなくなったりするのも、代表的な更年期の症状。

 

ちょうどこの時期に子供が巣立つと、大きなストレスが重なって、更年期の症状を重くしてしまいます。

 

どんな更年期の症状も、何かしらストレスが最後の引き金。とたんに心の調子が悪くなって、「空の巣症候群」になることも少なくありません。しかも、これは「うつ病予備軍」となり、本格的に治療が必要な「うつ病」になる可能性も高いのです。


自分の価値を感じていた「何かを失ったとき」が要注意!

「空の巣症候群」になるきっかけは、子供だけではありません。何かを失って、自分の存在価値を認められなくなったとき。これが、「空の巣症候群」を発症させる大きな原因になります。

 

例えば、こんなケースでも、「空の巣症候群」になることがあります。

 

空の巣症候群になる!他の事例

 

・自分にしかできないと思っていた仕事をやめた
・手取り足取り、面倒を見ていた部下がやめた
・配偶者や友だちなど、大事な人を失った
・大切なペットがいなくなった、亡くなった

 

自分の存在価値を感じられる場所を失ったとき。人は、生きていく力が、急激に減退してしまいます。「空の巣症候群」は、自分を支えていた何かをなくしたときに起こります。抑うつ状態やうつ病になるのも、こういう精神的なきっかけが存在しているのです。

 


「空の巣症候群」を防止するにはどうしたらいいの?

「空の巣症候群」を防止するには、自分の存在価値を感じる場所や生きがいを、何かひとつに依存しないこと。これが、最大の防御策です。

 

生きがいといっても、そんなにたいそうに考える必要はありません。「時間を忘れられるほど、打ち込める何か」で充分。

 

例えば、「韓国ドラマを見ているとき、時間を忘れる」「続きを見るのが楽しみ」ということでも、よいのです。

 

「存在価値を感じる」とまでいかなくても、「ワクワクすること」「ときめくこと」をもつことは、「毎日のはりあい」になります。これがあれば、ひどい抑うつ状態にさいなまれることはありません。

 

子どもの独立や仕事のことは、ある程度予測ができることも多いはず。

 

「独立するのは、数年後くらいかも」「もうすぐ、仕事内容が変わるかもしれない」。こう予測をたてたら、それまでに何かを見つけておくこと。

 

もちろん、いま既に抑うつ感にさいなまれているなら、今からワクワクすることを探しても遅くはありません。配偶者との人間関係を見直すのも得策です。

 

大きなストレスになる前に、居心地のいい場所や人間関係を再構築するのも、空の巣症候群で苦しまないための方策です。


空の巣症候群に対処するにはストレス防止が不可欠です!

症状をひどくするのは、重なるストレスです。ストレスに関す記事はこちらにまとめています。あわせてご参照ください。

 

更年期のストレス防止策まとめ

Sponsored Link

関連ページ

もしかして更年期障害?|更年期かどうかチェックする方法
身体の不調は、もしかすると更年期障害かもしれません。30代後半から注意したい、更年期障害。不調の原因が更年期によるものかどうか確認しましょう
更年期の症状|生理不順&不正出血|「サイクルがおかしい」「血が出る」
生理のサイクルがおかしい。生理じゃないときにも出血がある。更年期に起こる、生理不順と不正出血について、詳しくご紹介していきます。
更年期の症状|不眠症|「寝つけない」「すぐに目が覚める」「不眠」
夜、なかなか寝付けない。眠りが浅くて、すぐに目が覚めてしまう。長く寝ても疲れが取れない。更年期になると起こる不眠症状について、解説しています
更年期の症状|うつ・不安症|「気持ちが沈む」「泣きたくなる」
何もやる気がしない。いつも心がふさぎ込む。憂鬱感がとれない。40代の更年期に起こる、うつ症状と不安症についてご紹介します
更年期の症状|イライラ|「怒りっぽくなった」「気持ちが不安定」
何でもないことでも頭にきてしまう、イライラが抑えられない。更年期に起こる、気持ちのいらつきはどうして起こるのでしょうか?更年期障害の心の変化について知っておきましょう。
更年期の症状|のぼせと多汗症|「のぼせる」「汗が止まらない」
頭がのぼせる、汗が止まらない。こんな症状も更年期特有の障害です。これを防止するにはどうしたらいいのでしょうか。詳しくご紹介していきましょう。
更年期の症状|めまいと耳鳴り|「立ちくらみ」「耳なり」
更年期になると、めまいや耳鳴りがして、座り込んでしまう。ひどい場合は寝込んでしまう症状が出ることがあります。症状をやわらげるためには、どんなことが必要?緩和方法と対処方法をご紹介します。
更年期の症状|だるい・倦怠感|「いつも疲れている」「体がだるい」
いつも疲れている、倦怠感が取れないことが増えて来る更年期。つかれやすい症状を緩和する方法と対処方法をご紹介します。
更年期の症状|手足のしびれ・かゆみ|「手足がしびれる」「皮膚がかゆい」
手足がしびれたり、かゆみが止まらないのも、実は、更年期障害かもしれません。しびれを緩和する方法と対処方法について、学んでいきましょう。
更年期の症状|肩こり・腰痛|「肩こりがひどい」「腰痛がひどい」
更年期になると、肩こりや腰痛がひどくなるケースが多くなります。更年期特有の肩こり、腰痛の対処方法について、ご紹介していきます。
更年期の症状|食欲不振|「何も食べたくない」「激やせした」
食欲がわかない、食べたいと思う気持ちが小さくなるなど、食欲不振も更年期障害のひとつです。健康維持するために必要な、食欲不振の対処法をご紹介します。
更年期の症状|下痢・便秘|「よく下痢する」「便秘がひどい」
更年期になると、今まで以上に便秘や下痢の症状がひどくなる場合があります。これも、自律神経の乱れと女性ホルモンの減少が影響しています。下痢と便秘の対処法をご紹介します。
更年期の症状|頻尿・尿もれ|「トイレが近い」「もらしてしまう!」
40代でも、頻尿や尿漏れが起こります。更年期特有の頻尿&尿もれ対処方法についてご紹介します。このような症状がおこったら、できるだけ、はやいうちに対処しましょう。
更年期の症状|冷え症|「手足の冷えがひどい」「下半身がむくむ」
更年期の症状の中でも、とくに多いのが冷え性です。冷え症が起こる原因とは?また、冷え性をを改善する方法について、ご紹介します。
更年期の症状|むくみ|「いつも体がむくんでいる」「手足がパンパン!」
更年期になると、体がとてもむくみやすくなります。手足がパンパンになったり、顔のむくみまで出る場合も!むくみやすい体を変えるには何が必要なのでしょうか?
更年期の症状|加齢臭|「体臭がする」「チーズのような臭いがする」
加齢臭は、男性ばかりではなく、女性にも起こる症状です。更年期になると、さまざまな不調が出ますが、中でも、自覚症状が小さい加齢臭の対処はなかなか難しいものです。その対処方法についてご紹介します。
更年期の症状|口臭・ドライマウス|「口の中が乾く」「口が臭い」
更年期の症状に、膵液(唾)の量が減少する症状が、出ることがあります。いわゆる、ドライマウスです。 これが原因で口臭がひどくなる場合もあります。更年期のドライマウスと口臭の対策についてご紹介します。
更年期の症状|頭痛|「頭がしめつけられる」「ズキズキする」
40代以降になると、慢性的な頭痛が続くことがあります。検査を受けても、脳には異常がないと診断されることも、少なくありません。このような場合、女性ホルモンの減少が引き起こす、自律神経が関係した頭痛である場合が多くなります。
更年期の症状|経血過多|もしかして病気?月経の量が多すぎるときの対処法
更年期を迎えると、「月経過多」に悩まされることがあります。夜用ナプキンを使っても、漏れてしまうほどの出血量になることも、珍しくありません。自宅にいるときはともかく、外出時の出血過多も、悩みの種…。そもそも、更年期の月経過多の原因は、何なのでしょうか? ここでは、その原因と対処法について、ご紹介します。
更年期の症状|不正出血|「生理じゃない時の出血」は病気?その原因とは?
更年期になると、月経トラブルが増加します。その中でも、ドキッとしてしまうのが、「生理じゃないときに起こる出血」ですよね。 これも、ホルモンバランスが崩れていると、起こりやすい症状ですが、実は、他の病気が隠れている場合があります。ここでは、まず、不正出血の原因と症状、対処方法について、ご紹介していきましょう。
更年期の症状|もの忘れ|「うっかりミスが増えた」「大事なことを忘れる」
「もの忘れ」は、「老人特有の症状だ」と思われている方も多いのではないでしょうか? でも、この「もの忘れ」は、老化だけが原因ではありません。実は、「更年期」から頻発し始める、症状のひとつなのです。 「もの忘れまで、更年期のせいなの?」と、少しうんざりするかもしれませんが、この原因にも「女性ホルモン」が大きく関係しています。ここでは、更年期から始まる「もの忘れ」の原因と対策について、詳しく解説していきましょう。
更年期の症状|難聴|「耳が聞こえにくい」「耳鳴りがすることもある」
40代〜50代に迎える更年期。この時期は、色々な不調が起こりやすい時期。 「耳が聞こえにくくなってきた」「突然、聞こえなくなった」という、『耳のトラブル』もこの年代から増加してくる不調のひとつです。 「耳が聞こえにくくなる」は、実は、女性ホルモンの減少ではなく、「加齢」が主な原因です。また、生活習慣が原因となっている難聴もあり、いずれにしても早めの対処が必要です。ここでは、「耳が聞こえにくくなる」原因と「考えられる病気」、「対処法」について、ご紹介していきましょう。
更年期の症状|ドライアイ・老眼|「目が乾く」「目が見えにくい」
「目の乾き」や「カスミ目」。今までとは違う「目のトラブル」が増えくるのも、ちょうど更年期の年頃です。 更年期の女性ホルモンの減少は、体内のあちこちを乾燥させていきます。 目が乾きやすくなるのは、これが一因と考えられますが、これ以外の「目のトラブル」は加齢による影響も小さくありません。 ここでは、更年期から増加する「目のトラブル」について、ご紹介していきましょう。

TOP 基礎知識 治療法いろいろ 更年期うつ 更年期の体験記 サプリ図鑑