更年期に効くツボ|老化を感じたら試したい!「若返り」ツボ2選

更年期に効くツボ|老化を感じたら試したい!「若返り」ツボ2選

「女性ホルモン」が急減する「更年期」。体の不調とは別に、これまでとは明らかに違う「体の変化」を感じる時期です。

 

とくに気になるのが、お肌の変化。乾燥がひどくなったり、ハリやツヤもなくなって、一気に老化を感じることも少なくありません。

 

こんな時に役立てたいのが、新陳代謝を向上させる2つのツボです。ここでは、アンチエイジングに役立つツボをご紹介していきましょう。


老化防止に役立つ「成長ホルモン」のチカラ

年をとっても成長ホルモンは分泌できる!?

 

「成長ホルモン」とは、文字通り、「体内の細胞」や「骨」を作らせる「ホルモン」のこと。就寝中に分泌され、お肌の再生や代謝力UPに、大きな関わりがあります。

 

成長ホルモンの分泌ピークは20代ですが、「女性ホルモン」のように、閉経と共にほぼ皆無になることはありません。減少してはいきますが、年をとっても「分泌され続けるホルモン」です。

 

つまり、アンチエイジングのコツは、「成長ホルモン」を出しやすい状態をつくること。

 

睡眠や食事などの対策も欠かせませんが、成長ホルモンを出しやすくする「ツボ」を利用するのも、おすすめです。

 

詳しくは、こちらでもご紹介しています。ご参照ください。
「よく寝ると老けない」ってホント?!女性ホルモンに代わる「成長ホルモン」の底力


「成長ホルモン」の分泌を促す!2つのツボとは?

成長ホルモンを出させるツボは、「三焦経」という経絡にあります。
三焦経とは、頭〜腕〜手の薬指まで続く経絡で、体の深部で心包や三焦(=臓器の隙間)を通っています。
三焦経のツボは全部で23穴ありますが、この中の2つを使います。

 

陽池(ようち)…手首の甲の中央にあるツボ

 

「陽池」(ようち)は、三焦経の代表ツボで、ホルモンバランスを整える働きがあります。
「気血水」の流れをよくする働きがあります。

 

場所

手の甲を反らしたときにできる、手首のしわの中央付近。

 

やや小指寄りの場所が、「陽池」のツボです。若干窪んでいる場所を見つけましょう。

 

「外関」(がいかん)…手の甲側、手首の下にあるツボ

 

 

「外関」(がいかん)は、自律神経のバランスを整える作用があるツボです。

 

自律神経のバランスを保つことで、ホルモンを円滑に分泌させます。更年期の不調の数々を整える上でも役立ちます。

 

場所

手の甲を反らしたときにできる、手首のしわ。その中央から、親指幅2本分、下にあります。

 

豆知識 手首の中央を上下にさするとカンタン!

 

この2つのツボは近いので、手首の中央を、上下にさすり揉みするとカンタンです。
押すと痛みを感じる場所は、入念にほぐしておきましょう。

 

 

Sponsored Link

関連ページ

更年期に効くツボ|外出先でも簡単に押せる!「手」にある更年期ツボ6選!
全身に点在しているツボには、更年期の症状に効くツボがあります。ここでは、手の甲と手の平にあるツボをご紹介します。
更年期に効くツボ|「足の裏」はツボの宝庫!足裏で症状緩和する方法
全身に点在しているツボには、更年期の症状に効くツボがあります。とくに、足の裏はツボの宝庫!イライラや下痢、便秘…更年期の症状に効くツボをご紹介します。
更年期に効くツボ|子宮と連結しているツボがある「足の表」と「足横」
足の側面の内側には、「子宮」ゾーンがあります。 生理痛がある方はもちろん、更年期障害が出ている方は、このツボを日常的にもみほぐすと、子宮の働きもよくなります。足裏と合わせて、よくマッサージしてみましょう。
更年期に効くツボ|ストレスが原因の症状を抑える!「顔と頭のツボ」8選
更年期の症状に効果があるツボは、「顔」や「頭」にも、点在しています。とくに、「頭痛」や「肩こり」など、ストレスが原因の症状に効くツボが多いのが特徴です。覚えておくと便利な8つのツボをご紹介します。
更年期に効くツボ|女性ホルモンが原因の症状に効く「耳にあるツボ」6選
全身に点在しているツボには、更年期の症状に効くツボがあります。肩こりや腰痛はもちろん、イライラや憂うつ感に効くツボを覚えて、日常的に押してみましょう。
更年期に効くツボ|更年期の「月経痛」に効く!5つのお助けツボ
更年期になっても、月経痛に悩まされている女性は少なくありません。主なトラブルの原因は、「冷え」。血液循環が悪くなると、月経痛もひどくなります。ここでは、月経痛に効く5つのお助けツボをご紹介します。
更年期に効くツボ|「ホットフラッシュ」「のぼせ」に効く!3つのお助けツボ
更年期障害の中でも、比較的症状を訴える女性が多いのが、「のぼせ」や「ホットフラッシュ」.。この症状に効く3つのツボをご紹介します。
更年期に効くツボ|老化防止にも効果あり?!「顔のシワ」に効く9つのツボ
「ツボ押し」が効くのは、「肩こり」や「腰痛」だけではありません。実は、美顔効果に加えて、一番老化を感じやすい「顔のシワ」に効くツボもあります。 更年期の症状と、直接関係はありませんが、女性ホルモンの減少は老化の始まり。ここでは顔のシワに効く9つのツボをご紹介しましょう。
更年期に効くツボ|血行を改善!「顔のクスミ」「クマ」「シミ」に効く9ツボ
更年期になると、体のあちこちの血流が悪くなります。代表的なものは、「冷え性」や「むくみ」ですが、顔のトラブルも、例外ではありません。 40歳を超えて、顔の「クスミ」や「クマ」が目立つようになるのは、加齢だけではなく、血行不良も原因です。また、一見関係ないように見える「シミ」も、血の巡りが悪いと、できやすくなりますから、注意が必要です。ここでは、顔の「クスミ」「クマ」「シミ」に効く9つのツボを、ご紹介していきましょう。
更年期に効くツボ|まさかの失禁!「尿もれ」に効く2つのツボとは?
「尿もれ」は放置しておくと、外出時も心配で、ますますストレスが増加します。 尿もれを防止するには、まずは、尿道を鍛える必要がありますが、あわせて、尿道に関係するツボを指圧すると、症状が改善しやすくなります。 ここでは、「尿もれ」に効く2つのツボをご紹介しましょう。
更年期に効くツボ|1日10回以上もトイレに行く!「頻尿」に効く3つのツボ
排尿の回数は、1日5〜6回が正常な回数。これより若干多い程度なら、それほど気にすることもありませんが、1日10回以上となると話は別。「頻尿(ひんにょう)」になってしまっている可能性があります。 ここでは、水分代謝を高め、泌尿器系の症状をやわらげる、「3つのツボ」をご紹介します。
更年期に効くツボ|急な下痢に対処できる!「下痢」に効く特効ツボとは?
更年期になると、下痢気味で困る症状が出る方も、少なくありません。とくに、外出時の下痢は、本当に困りますよね。「下痢」は、腸の動きが乱れて、内容物が早く通過してしまうことが原因です。本来、腸が正常に動いていれば、内容物から水分を吸収しますが、早く通り過ぎてしまうために、水分がそのまま外に出てしまいます。水っぽい便が止まらないのは、そのためです。 ここでは、活発に動きすぎる腸を止めるツボをご紹介します。急な下痢のときに、ぜひ試してみてください。
更年期に効くツボ|急にクラッときたら?!「めまい&立ちくらみ」に効くツボ
満員電車で立っていたら、急に立ちくらみがしたり、めまいが起こったり…。 更年期になると、このような「立ちくらみ」や「めまい」が起こることがあります。 主な原因は、疲労やストレスなどから、血液循環が悪くなり、脳が酸欠状態にって起こります。ここでは、急な「立ちくらみ」や「めまい」に効くツボを、ご紹介しましょう。
更年期に効くツボ|「急な耳鳴りで困った…」ときに効く!2つのツボ
全身にあるツボの中にも、急な耳鳴りに効果があるというツボが、2つあります。 耳のリンパの流れをよくするツボですので、耳鳴りの症状がある方は、予防の意味でも、できるだけこのツボをほぐしておきましょう。
更年期に効くツボ|「白髪」「抜け毛」「パサつき」に効く!3つの頭のツボ
老化を感じることが増える「髪の毛」。若いころのようなツヤもなく、常に乾燥してパサパサ…。しかも、「抜け毛」や「白髪」も目立ってきて、鏡を見る度にゲンナリすることも、少なくありません。 このような髪の毛の悩みは、頭皮の血行が悪くなっていることも、大きな原因のひとつです。ここでは、頭の血行をよくして、髪の毛の悩み改善に役立つ3つのツボを、ご紹介します。
更年期に効くツボ|「肩こり」に効く9つのツボ+肩こりタイプ別!効く押し方
更年期になると、ますます肩こりがひどくなることが増えてきます。 まず、肩こりは、大きく分けて、2タイプあります。 ひとつは、「肩そのものが、ガチガチに固まっているタイプ」。もうひとつが、「肩の表面はやわらかいのに、その奥がカチコチになっているタイプ」。 それぞれのタイプで、ツボを押す順番が変わってきます。ここでは、「肩こり」に効く!特効ツボと、「タイプ別の押し方手順」をご紹介していきましょう。
更年期に効くツボ|生理の周期が乱れる!「月経不順」に効く2つのツボ
生理周期がおかしくなるのは、女性ホルモンの影響だけではなく、「気」と「血」の巡りが悪くなっていることも、原因のひとつ。「気」と「血」の巡りがよくなれば、周期の乱れも緩和されてきます。 ここでは、生理の間隔が、間隔が長くなったり、短くなったりするときにトライしてみたいツボを、2つご紹介します。
更年期に効くツボ|更年期の「冷え症」に効く!3つのツボ
年齢にかかわらず、女性に多い「冷え症」。 冬場だけではなく、夏の冷房のおかげで、年中、体が冷えている女性も少なくありません。 とくに、更年期の女性は、女性ホルモンの減少で、余計に体が冷えやすくなっていますから、要注意! 更年期の冷えに効果がある3つのツボを覚えて、体を温めましょう。
更年期に効くツボ|更年期の「食欲不振」に効く!特効ツボとは?
更年期の症状のひとつに、「食欲がない」という症状があります。これは、主には、ストレスが原因。 悩み事や不安なこと、思い悩むことが多くて、胃の調子が悪くなっています。 こんなときは、まずは、調子が悪くなっている「胃」を整えて、「お腹がすく」という生理現象を働かせることも大切です。ここでは、胃の調子を整え、食欲を回復させるツボをご紹介しましょう。
更年期に効くツボ|更年期のしつこい「腰痛」に効く!9つの特効ツボ
更年期になると、しつこい「腰痛」も、大きな悩みのタネ。腰痛を緩和するには、腰周辺のツボをダイレクトに指圧するほかにも、2つの方法があります。そのひとつが、「腰と経路でつながっている遠隔ツボ」を押すこと。もうひとつが、腰が痛む原因となっている可能性がある「消化器官」や「子宮」の調子を整えるツボを押すことです。ここでは腰痛に効く9つのツボをご紹介します。
更年期に効くツボ|更年期の「頭痛」に効く!8つの特効ツボとは?
更年期の症状は、精神的にも肉体的にも、さまざまな症状を引き起こしますが、「頭痛」もそのひとつ。肩こりと同時に痛む「頭痛」や、ズキズキと痛む「片頭痛」。「イライラや憂うつ感」からくる頭痛もあって、その痛み方も実にさまざまです。 頭痛は、「痛みのタイプ」や「同時に起こっている他の症状」に合わせて、刺激するツボを変えると、高い効果が期待できます。タイプ別に、刺激するツボを選んで、うまく対処していきましょう。
更年期に効くツボ|更年期の「便秘」に効く6つのツボとは?
更年期の女性は、全身の代謝が落ちて、血の巡りも悪くなりがちです。そのため、今まであまり問題がなかった人でも、急に「便秘気味」になって、困っているという場合も少なくありません。 便秘を解消するには、大腸や小腸の働きを正常に戻すこと。また、お腹のハリの元になる「下腹部の脂肪」も、できるだけ解消できると、スッキリします。ここでは、更年期の便秘に効く6つのツボをご紹介しましょう。
更年期に効くツボ|更年期の「下半身のむくみ」に効く!3つのツボ
更年期の女性は、ホルモンの影響で、血の巡りが悪くなるので、立ちっぱなしなどの理由とは関係なく、常時むくんでしまう方も少なくありません。 「むくみ」を解消するには、下半身に溜まった血流をよくすることが一番!ここでは、下半身にたまっている水分を代謝して、「むくみ」を解消する3つのツボをご紹介します。
更年期に効くツボ|更年期の「憂うつ感」「不安感」に効く3つのツボ
「何となく気持ちが落ち込む、不安になる」という心の不調も、更年期の女性に多い症状です。3つのツボ押しは、こんな心の不調にも効果を発揮します。  また、このツボは、疲労回復にも効果がありますので、メンタルとカラダの両方をケアできるメリットも!この機会に覚えおきましょう!
更年期に効くツボ|更年期の「不眠」に効く2つのツボ
更年期になると、「寝つけない」症状に悩まされる女性が増加します。眠れない理由は、いろいろありますが、一番大きい理由は、精神的な要因です。悩みごとがあったり、ストレスが大きいと、寝つきにくくなりますが、これは、ストレスが交感神経を活発にさせて、眠る際に活発になるべき副交感神経がうまく働かないため。これを解消するには、副交感神経を動かすツボです。ここでは、不眠に効く2つのツボをご紹介します。
更年期に効くツボ|更年期の「イライラ」に効く6つのツボ
「後から考えると大したことないことなのに、イライラしてしまう」こんな気持ちに悩まされるのも、更年期の症状のひとつです。 心がイライラしてきたら、まずはひと呼吸おいて、「イライラに効くツボ」を押してみましょう。「イライラ」に効くツボは、6つあります。 とくに、手のツボは、いつでも押しやすいので、「やばい!」と思ったらツボ押しを。 手にあるツボは、とくに、神経を安定させる効果がありますので、早速試してみましょう。
更年期に効くツボ|「情緒不安定」なときに役立つ2つのツボ
更年期になって、ホルモンバランスが乱れると、「情緒不安定」になる方が増加します。 ・今までは受け流せたことが、心にひっかかる ・感情の波が激しくなって、翻弄されてしまう ・すぐに涙がポロリと出てしまう ・カーッと頭にすぐに頭にきたかと思ったら、今度はとてつもなく悲しくなる この時期は、うまく「感情」がコントロールできなくなって、ますます自己嫌悪に陥ることも、少なくありません。 こんなときは、乱れた「気」(=生命エネルギー)を整えるツボが役立ちます。 ここでは、情緒不安定なときに試したい2つのツボをご紹介しましょう。
更年期に効くツボ|更年期の「ドライマウス」に効く2つのツボ
更年期の女性のカラダは、体の表面だけではなく、体内も乾燥しがちになります。 その最たる例が、「ドライマウス」。この症状が出ると、口の中の唾液(だえき)の量が減少して、口の中が異様に乾燥してしまいます。こうなると、食べ物を飲み込むのも大変!できるだけ早く、症状緩和させたい更年期障害のひとつです。 この「ドライマウス」に効果があるツボが2つあります。「口の中が乾いてきたな」と思ったら、この2つのツボを刺激してみましょう。
更年期に効くツボ|更年期の「動悸・息切れ」に効く5つのツボ
「動悸・息切れ」は、心臓や呼吸器の疾患も考えられますので、自己診断は禁物ですが、検査をしてもとくに問題がない場合、自律神経の乱れが大きく関係しています。 更年期はホルモンバランスが狂い、この自律神経が乱れると起こる症状です。 更年期障害が出るきっかけは、ストレスが多く、心やストレス防止に効くツボを押すと、ずいぶん楽になります。「動悸や息切れ」が起こったら、まずは、この5つのツボを試してみましょう。
更年期に効くツボ|更年期の「手のしびれ&ひじ痛」に効く2つのツボ
更年期になると、体のあちこちに痛みやしびれが起こることがあります。「手がしびれ」たり、「ひじが痛む」のも、そのひとつ。原因は、血行不良が原因の肩こりから来るものや、骨や関節の疾患が原因の場合もありますが、原因に関わらず、症状を緩和できるツボがあります。 「手のしびれ」や「ひじの痛み」に効くツボは、2つ。 覚えておくと、痛み緩和に役立ちます。
更年期に効くツボ|更年期からの「物忘れ」に効く2つのツボ
「何だか最近、物忘れが多くなった…」なんてこと、ありませんか? 更年期になると、記憶力が低下してきて「老化の始まり」をリアルに感じるようになります。中には、「認知症の始まりかも?!」と心配する方も少なくありません。ある程度の「物忘れ」は、老化による脳の機能の低下が原因です。脳を活性化させるツボを刺激して、頭の血行を良くすると、物忘れの予防対策になります。
更年期に効くツボ|更年期の「ドライアイ」に効く4つのツボ
更年期になると、体の内外問わず、「乾燥」しがちになります。ドライアイも、そのひとつ。 さらに、老眼も始まって目が疲れやすくなるのも、この時期ならではの特徴です。ここでは、「ドライアイ」に効く4つの特効ツボをご紹介します。目の疲れからくる「充血」にも効果があります。
更年期に効くツボ|更年期の月経過多から来る「貧血」に効く!4つのツボ
毎月、生理を経験する女性は、貧血気味な方が多いのが実情です。 とくに、生理の回数が増加したり、経血量が多くなったりする更年期症状が出ている方は、「鉄欠乏症貧血」になっている可能性があります。 貧血を解消するには、まずは「鉄分」を補う必要がありますが、ツボ療法を合わせて行うと、貧血による不調を緩和しやすくなります。 ここでは、貧血に効く4つのツボをご紹介しましょう。
更年期に効くツボ|更年期からの「ひざ痛」に効く4つのツボ
「ひざ痛」をやわらげるツボには、ひざを支えている「大腿四頭筋(だいたいしとうきん)」という筋肉を強化する役割があります。ひざのツボは、ツボ周辺を温めて血行を促すとよく効きます。ここでは、ひざ痛に効く4つのツボをご紹介しましょう。
更年期に効くツボ|更年期の「倦怠感」「だるさ」改善に役立つツボ
更年期に起こる「倦怠感」は、特別な理由がないのに「いつまでも疲労感が残る」「体のだるさがいつまでも続く」のが特徴です。 これも、女性ホルモンの減少からくる「自律神経の乱れ」が主な原因ですが、こんなときに「役立つツボ」が、2つあります。 どちらも、自分で押せるツボですから、症状が続くときに試してみましょう。
更年期に効くツボ|めまい&動悸は前兆?!更年期の高血圧に効く5つのツボ
ひどい高血圧は、病院での治療が必要ですが、ふだんからの防止対策も必要です。 血巡りがよくなる食べ物を食べたり、適度な運動も効果的です。とくに、ストレスが多いと血圧が上がりやすいので、不安症状やイライラが続いている方は注意が必要です。 高血圧を防止したり、緩和させたりする対策は、ツボ押しも有効です。ここでは、高血圧に効果がある3つのツボをご紹介しましょう。
更年期に効くツボ|「首がガチガチ」「頭が重い」ときに効く!6つのツボ
長時間、パソコン作業をしたり、同じ姿勢でいることが多い。 そんな方の多くは、首の筋肉が固まって、ガチガチになってしまいます。 首が、ここまで固まってしまうと、ひどい肩こりを引き起こすばかりか、頭が重くなって頭痛まで併発してしまうことも少なくありません。 ここでは、首がこったときに効くツボを6つご紹介しましょう。
更年期に効くツボ|「顔のたるみ」&「むくみ」に効く!5つのツボ
頬やアゴがたるむ原因は、やっぱり「老化」。 手や足の筋肉以上に、頬やアゴの筋肉(表情筋)は年齢と共にゆるみ始めるのが早くなります。その上、長年の表情の癖などで顔の骨格が歪んでいるため、血行もよくありません。 そのため、「たるむ」だけではなく、「むくみ」もひどくなりがちです。 この老化速度を遅らせるためには、やっぱり血行を促し、衰えつつある表情筋を引き締めるしかありません。ここでは、頬やアゴのたるみに効果がある5つのツボをご紹介しましょう。
更年期に効くツボ|腕が上がらない!!「四十肩」に効く!8つのツボ
「腕を少し動かすだけで痛む」「腕を上にあげられない」「首を動かすと痛い」。 肩こりとは、全く違う痛みが出てきたら、もしかすると、「四十肩」「五十肩」になっているかもしれません。「もしかして?!」と思ったときは、症状が軽いうちに、肩の筋肉をほぐし、血行を促すツボを押してみましょう。 ここでは、「四十肩」「五十肩」に効く8つのツボをご紹介していきましょう。
更年期に効くツボ|「ぽっこりお腹」を改善する?!5つのツボとは?
お腹がポッコリ出てしまうのは、「食べ過ぎ」や「運動不足」のせいもありますが、加齢とともに、体の代謝が落ちていることも原因です。これを改善するには、腎臓や膀胱の機能を高めるツボを押すこと。 むくみも出やすい方は、水分を排出するツボもおすすめです。ここでは、「ぽっこりお腹」を改善する5つのツボをご紹介します。
更年期に効くツボ|痩せやすい体を作る!ダイエットに効くツボ6選!
更年期になると、食べたものがそのまま体脂肪になって、思うように痩せられなくなります。 これは、加齢による基礎代謝の低下が主な原因。 食事で摂った分のエネルギーを代謝しきれず、そのまま体脂肪になってしまいます。 ここでは、痩せやすい体を作る!6つのツボをご紹介しましょう。
更年期に効くツボ|「二の腕」と「背中」の脂肪を燃やす!4つのツボ
更年期になると、基礎代謝が落ちて太りやすくなるものですが、食事ダイエットをしても「二の腕」や「背中」の脂肪はなかなか取れませんよね。 この原因は、やっぱり筋肉。脂肪をきれいに燃焼させるためには、筋肉を動かすのが一番ですが、ふだん動かしていない筋肉はなかなか稼働してくれません。そこで、活用したいのが、この場所に効く「ツボ押し」です。二の腕、背中ダイエットに効く4つのツボをご紹介しましょう。
更年期に効くツボ|「脚」&「足首」を細くする!9つのツボとは?
更年期になると、女性ホルモンが乱れて「血流」も悪くなります。 こうなると、重力の影響を受けやすい脚は、血やリンパ液が戻りにくくなりますから、余計に体脂肪が取れなくなります。 こんなときに活用したいのが、脚にある9つのツボ。 血行を促進するツボを押して、代謝を高めていきましょう。
更年期に効くツボ|「お尻のたるみ」を改善する!2つのツボとは?
更年期になると、だんだんボディラインが崩れがちになるものです。「お尻のたるみ」も、そのひとつ。 筋肉が衰えると「お尻」は垂れやすくなる上に、余分な水分や老廃物がたまりやすく、「お尻〜太もも」に「ぜい肉」がついてパンパンになってしまいます。 これを改善するには、膀胱の働きを助け、余分な水分を排泄するツボが効果的です。 ここでは、「お尻のたるみ」に効く!2つのツボをご紹介しましょう。
更年期に効くツボ|冷えは「首の後ろ」!心の不調は「首の横」が効く
全身には、さまざまな経路がありますが、とくに、「うなじ」がある「首の後ろ」には、重要な経路が走っています。 つまり、この「首の後ろ」を刺激することでも、更年期の絶不調を緩和する力があります。ここでは、更年期不調に効果がある「首の後ろの経路の使い方」について、詳しくご紹介していきましょう。
ツボ押し前にやると効果的?!気の流れをよくする「気功呼吸」とは?
「気功」とは、体のあちことにある「ツボ」を通じて、体内の生命エネルギーを循環させる健康法です。つまり、気の流れを整えれば整えるほど、ツボの刺激もうまく患部に伝えることができるようになります。 気の流れを整えるのは、1日10分の気功の呼吸法を行うだけ。更年期に効くツボ押しをする前に、一度トライしてみてはいかがでしょうか? ここでは、気功と、その呼吸法について、詳しく、ご紹介していきましょう。
更年期に効くツボ|何を食べてもすぐ太る!!「血糖値を下げる」2つのツボ
更年期になると、女性ホルモンが乱れて、体脂肪を抑制する機能が低下します。さらに、加齢に伴う代謝力低下で、今まで以上に太りやすくなりますから、血糖値の上昇を防止するのは至難のワザ。 もし、すでに「血糖値が高め」と診断されている方は、インスリンが過剰分泌されていますから、放置しておくと、糖尿病になる恐れもあります。また、高血圧にもなりやすく、生活習慣病のリスクも高まりますから、早めの対策が必要です。 高血糖を解消するには、食生活を変える必要がありますが、血糖値を抑えるツボを刺激するのも、おすすめ。ここでは、高血糖を緩和させるツボを2つご紹介していきましょう。
更年期に効くツボ|更年期からの「性交痛」を緩和する!4つのツボ
40歳を超えて更年期にさしかかると、増加するのが「乾燥の悩み」。 これは、お肌の乾燥だけではなく、体内の粘膜も同じ。 目が渇く「ドライアイ」や、口が渇く「ドライマウス」。 そして、膣の潤いがなくなることが原因で起こる「性交痛」も例外ではありません。 体内の水分調整を行うのは「自律神経」ですが、女性ホルモンが減少すると、この「自律神経も乱れがち」になります。性交痛に悩まされるのは、これも一因。 ここでは、性交痛緩和に役立つツボを4つ、ご紹介していきましょう。
更年期に効くツボ|お尻の痛みを緩和!「座骨神経痛」に効く3つのツボ
「座骨神経痛」は、お尻の筋肉が収縮して、坐骨神経が圧迫されると起こる症状です。 この周辺の血流が悪くなると起こりやすく、腰から足にかけて伸びている座骨神経が圧迫されて、痛みやしびれが起こります。痛む場所は、お尻〜太もも〜ひざ〜ふくらはぎまで、広範にわたることもあります。痛みやしびれをやわらげるには、この筋肉周辺の緊張をやわらげる必要があります。 そこで役立てたいのが、座骨神経の緊張を緩めるツボ。 ここでは、症状緩和に役立つ3つのツボをご紹介していきましょう。
更年期に効くツボ|「肌の乾燥」「かゆみ」に効く!3つのツボ
お肌には、もともと「保湿機能」が備わっていますが、この能力が衰えるのも、更年期。 女性ホルモンには「お肌の潤いを保つ機能」がありますが、ホルモンが減少してくる更年期は、お肌の乾燥もひどくなりがち。とくに、保水機能が急激に低下すると、「かゆみ」を伴うことも、少なくありません。 こんなときに役立てたいのが、血行をよくする3つのツボ。 お肌の乾燥やかゆみは、全身の血流が改善されると、お肌が本来持っている保湿機能を高めることができます。「肌のかさつき」や「かゆみ」が気になったら、このツボを試してみましょう。
更年期に効くツボ|「背中のコリ・痛み」に効く4つのツボ
全身の血流が滞りがちになる、更年期。 こんなときに、姿勢が悪かったり、同じ姿勢で長時間の作業を続けると、背中のコリもひどくなってしまいます。 背中のコリや痛みは、この部分の「筋肉のひずみ」が原因。 腰や首、背中の筋肉を調整することで、背中の筋肉のバランスを整え、痛みをやわらげることができます。 ここでは、「背中のコリを緩和」する、4つのお役立ちツボをご紹介していきましょう。
更年期に効くツボ|「痔の悩み」を緩和する!2つのツボとは?
女性の7割が「経験したことがある」という、「痔の悩み」。 人には相談しにくい症状ですから、ほんとに困りますよね。 「痔」は、更年期の不調とは直接関係はありませんが、「便秘」や「下痢」が多い人に起こりやすく、しかも、強い「ストレス」を受けると悪化しやすくなります。痔になってしまったら、病院で診察を受けるのが一番ですが、症状を改善させる方法として、肛門周辺の血流を良くして、慢性化を防ぐのもおすすめです。 ここでは、「痔」の症状に試したい、2つのツボをご紹介していきましょう。
更年期に効くツボ|「ストレス過食」に効く!食欲を抑える3つのツボ
更年期の年代は、ちょうど、「家庭や仕事の節目」と重なる時期。 今までやってきたことに疑問を感じたり、変化が訪れたり。 何かと、ストレスもたまりがちになりますよね。 しかも、女性ホルモンの乱れで、情緒不安定になりやすく、ついつい「食べ過ぎ」てしまう方も少なくありません。「お腹がすいていないのに、なぜか食べてしまう!」という方は、ストレス発散のために「過食」が止まらなくなることも! こんなときに役立てたいのが、心を落ち着けて「食欲をコントロールする」ツボです。 ここでは、ストレスからくる過食を抑え、胃の働きを正常にする、3つのツボをご紹介していきましょう。
更年期に効くツボ|「吹き出物」「大人ニキビ」効く!2つのツボ
朝、鏡を見ると、昨日までなかったニキビを発見! こんなときって、本当にガッカリしますよね。 もう大人ですから、「ニキビ」というより、「吹き出物」。 老廃物の排出がうまくいかなくなったり、肌の保水力が落ちると、とたんにこんな吹き出物ができやすくなってしまいます。 しかも、精神的なストレスが強いと、顔に吹き出物が出やすくなりますから、要注意! 「最近、吹き出物が出やすいなぁ」と思ったら、吹き出物防止に役立つツボをマッサージしておきましょう。
更年期に効くツボ|「やる気が出ない」ときに効く!3つのツボ
更年期になると、「やる気がでない」「何をする気にもなれない」という「精神的な不調」に悩まされることも少なくありません。 これは、女性ホルモンの影響で、自律神経が乱れていると起こりやすく、しかも、「ストレス」を受けると余計にひどくなる傾向があります。 「やる気がでない」のは、ストレスからくる緊張状態で、かなり脳が疲れている状態。 まずは、脳の疲れを取るツボを押して、疲れた脳を癒してあげましょう。
更年期に効くツボ|「加齢臭」をやわらげる!4つのツボ
「更年期」になると、急増する「加齢臭」。 「加齢臭とは無縁」と思っていたら、「実は自分も臭っていた」という女性も、少なくありません。 東洋医学の世界では、「加齢臭」は、「新陳代謝の低下」して、「五臓のどこかが病んでいることが原因」と考えます。そのため、加齢臭を改善するには、「五臓の働き」を良くするツボを刺激して、体臭の根本的な原因を解決していきます。 ※五臓…肺、心臓、肝臓、脾臓、腎臓のこと。 ここでは、加齢臭改善に役立つ!4つのツボをご紹介していきましょう。
更年期に効くツボ|「顔のほてり」に役立つ!3つのお助けツボ
更年期によく出る症状に、「のぼせ」がありますが、「顔のほてり」もそのひとつ。 「のぼせ」は頭部全体がカーッと熱くなりますが、「顔」だけポカポカすることも、珍しいことではありません。 こういった症状が出るのは、「自律神経の乱れ」から起こる「血流の悪さ」が原因。 手や足が冷えて、血管が収縮すると、血液が体の上部に集中して、血液量が増加します。 顔がほてるのも、これが元で起こります。 根本的な「血流対策」が必要な症状ですが、困った症状をとりあえず抑えるには、ツボ押しが有効です。ここでは、「顔のほてり」に効く!3つのツボをご紹介しましょう。
更年期に効くツボ|「爪がもろい・割れる」ときに役立つ!2つのツボ
更年期の「血流の悪さ」は、体の末端部分ほど、影響を受けやすくなります。 爪が割れやすい、もろくなるのも、「血流の悪さ」が原因。 爪に「充分な栄養」や「水分」が届かないため、「爪全体」がもろくなり、ちょっとしたことで割れたり、裂けたりしてしまいます。 こんなときは、指先まで「血液を巡らせるツボ」が役に立ちます。 ここでは、「爪のトラブル」で困ったときに役立つ、2つのツボをご紹介しましょう。
更年期に効くツボ|「腕のだるさ」「腕のしびれ」に役立つ2つのツボ
体の血流が悪くなると、さまざまな部位が痛んだり、しびれたり。 腕全体に、こういった「違和感を持つ」ことも、少なくありません。 更年期は、とくに「血流が悪くなる時期」。 「鎖骨周辺」にある神経が圧迫されたり、「血の流れ」が悪くなることで、こういった「腕のだるさ」や「しびれ」が起こることがあります。 こんな症状が起こったときは、腕に点在しているツボが役立ちます。 ここでは、「腕のだるさ」「しびれ」に使えるツボを、2つご紹介していきましょう。
更年期に効くツボ|「耳がきこえづらい」ときに試したい4つのツボ
更年期は、「ストレスの影響」をうけやすい時期。 さまざまな体調不良も、ストレスが発端で起こることがあります。 「耳がおかしい」と感じるのは、耳周辺の血流が悪くなっているとき。 実際には、更年期の不調と直接関係ありませんが、更年期の「疲れ」や「ストレス」が、遠因となっているかもしれません。 耳の不調が続く場合は、速やかに耳鼻科を受診するべきですが、もし、一時的なものなら、ツボを押して血流を促してみるのも、ひとつの手。 ここでは、「耳がおかしい」と感じたときに、試してみたいツボをご紹介しましょう。
更年期に効くツボ|「胃もたれ」「胃痛」に役立つ!2つのツボ
更年期は、ストレスの影響を受けやすい時期。 過剰なストレスを受け続けると、身体的にも、精神面でも、さまざまな不調が起こりやすくなります。 とくに、消化器官は、最初に影響を受けやすい場所。 胃のむかつきやもたれ、痛みなどが現れやすくなりますから、注意が必要です。 ここでは、胃のトラブルが起きたときに試したい、2つのツボをご紹介しましょう。
更年期に効くツボ|「のどのつかえ」「違和感」に役立つ2つのツボ
風邪でもないのに、「のど」がつかえる。 「のど」の奥に、「違和感」がしたり、「息苦しさ」を感じる。 こんな症状は、主に、不安や緊張などの「ストレス」が原因で、起こりやすい症状です。 「更年期」は、「ストレスの影響」を受けやすい時期。 「精神面の不調」が出ている人ほど、こんな違和感を感じやすくなります。 女性の不定愁訴に強い東洋医学では、こんな違和感にも対応したツボがあります。 ここでは、のどの違和感に役立つ2つのツボをご紹介していきましょう。
更年期に効くツボ|「味がしない!」ときに役立つ5つのツボ
「何を食べても味がしない」。 風邪を引くと、こんな「味覚障害」もよく起こりますが、実は、ストレスが原因でも起こることがあります。 「更年期」は、とくにストレスがたまりやすい時期。 もし、味覚障害が起こったときは、感覚機能と関係が強い「心経」や「心包経」のツボが役立ちます。 ここでは、味覚障害が起こったときに役立つ、5つのツボをご紹介しましょう。
更年期に効くツボ|知っておくと便利な万能ツボ(1)「4総穴」とは?
さまざまな不調改善に役立つ「ツボ押し」。 実は、全身には361ものツボがありますが、そのすべてのツボは4つに集約することができます。 その4つのツボというのが、「四総穴」(しそうけつ)。 全身を4つに分類したときに、それぞれの部位を総括します。 361ものツボを覚えるのは大変ですが、とりあえず、この4つを知っておくと、いざというときに便利! ここでは、「四総穴」について、ご紹介していきましょう。
更年期に効くツボ|知っておくと便利な万能ツボ(2)「八会穴」
全部で361個あるツボの中で、「万能ツボと呼ばれるツボ群」が、2種類あります。 1つは、「四総穴」。そして、もう1つが、「八会穴」(はちえけつ)です。 (※四総穴についての詳細は→更年期に効くツボ|知っておくと便利な万能ツボ(1)「4総穴」とは?) 「八会穴」(はちえけつ)とは、一体何なのでしょうか?詳しく、ご紹介していきましょう。
更年期に効くツボ|目のまわりのピクピク!顔のけいれんに役立つツボ
「目のまわり」がピクピク動いて、けいれんする。 自分の意思とは全く関係なく、「目の周囲」の筋肉が、ピクピク動いてしまうことって、意外とよくあるものです。 こんな症状が起こるのは、「眼精疲労」や「睡眠不足」が原因の場合がほとんど。 「目の周囲」や「顔」の血流が悪くなると、こういった症状が出やすくなります。 更年期は、疲れやすい時期。倦怠感や不眠などが出ている方は、こういった「けいれん」が起こることもありますから、血流改善が必要です。 ここでは、「目のまわりのピクピク!」改善に役立つツボを2つご紹介しましょう。
更年期に効くツボ|「口内炎ができた!」ときに役立つ!2つのツボ
口の中にデキモノができたり、炎症が起こったりする「口内炎」。 昔から、「口内炎は、胃腸が悪いせい」とよくいわれますが、実際、胃などの「消化器官」に問題が起こると、よく出る症状のひとつです。 消化器官は、「精神状態の影響」を受けやすく、「更年期のストレス」などが原因で、胃腸が乱れ、口内炎にまで発展することも少なくありません。 「口内炎」を改善するには、胃や脾臓の調子を整えるツボが役立ちます。 ここでは、2つのお役立ちツボをご紹介していきましょう。
更年期に効くツボ|「匂いがしない!」嗅覚がおかしいときに役立つツボ
風邪を引いて、鼻がつまると「匂いがしなくなる」ことはよくありますが、「ストレスが原因」で「嗅覚にトラブル」が起こることもあります。 更年期は、さまざまなトラブルが起こる時期。 とくに、ストレスの影響を受けやすく、「嗅覚に異常」が出ることもありますから、注意が必要です。 「匂いがしない」ときに役立つツボは、全部で7つ。 まずは、ツボを押してみて、異常が続くようなら専門医の診断を仰ぎましょう。
更年期に効くツボ|「骨盤の歪み」改善に役立つ!4つのツボ
「骨盤」が歪むと、血流が悪くなり、冷え性や腰痛、肩こり、生理痛、生理不順など、さまざまな不調を引き起こす原因になってしまいます。しかも、こういった不調は、まさに、「更年期に出やすい不調と同じ」ことから、その症状が重くなることも少なくありません。更年期不調を緩和させるためには、骨盤の歪みを対策も必要! ここでは、骨盤の歪み改善に役立つ、4つのツボをご紹介していきましょう。
更年期に効くツボ|「ふくらはぎがつる」ときに役立つ4つのツボ
40代は、本格的に「加齢症状」が出始める時期。 更年期に入ると、全身の血流も悪くなり、血行不良から「ふくらはぎがつる」ことも珍しくありません。とくに、寝ているときに、なぜか「足がつってしまう」のも、この年代の特長のひとつです。 「ふくらはぎ」がつる原因は、「血流不良」以外では、「筋肉疲労」や「ミネラルバランスの乱れ」などが考えられます。これを防止するには、原因を改善していく必要がありますが、症状改善に役立つツボ押しも効果的です。 ここでは、「ふくらはぎ」がつるときに役立つ!4つのツボをご紹介していきましょう。
更年期に効くツボ|「お腹がはる」「膨満感」に効くツボ
「お腹が張る」「お腹がふくらんで苦しい」。 こんな症状は、「食べ過ぎ」や「飲み過ぎ」でよく起こる不調ですが、「便秘」がちな人にもよく見られます。 更年期は、自律神経の影響で、「腸の消化活動」が停滞しがちになります。 もし、食事のせいではないなら、この腸のつまりが原因で、腸内にたまったガスがお腹を膨らませているかもしれません。 こんなときに役立つのが、腸を活動させるツボです。ここでは、「お腹の張り」や「膨満感」の改善に役立つツボをご紹介していきましょう。
更年期に効くツボ|メタボ解消!内臓脂肪を燃焼させるツボ
最近、健康診断で必ず受ける「メタボチェック」。 ウエストのあたりをメジャーで測られる、アレです。 「内臓脂肪が多いです」といわれると、ちょっとショックですよね。 更年期は、体脂肪がつきやすい時期。女性の場合、とくに、お腹に脂肪がつきやすく、しかも、内臓脂肪になってしまうことも少なくありません。 この時期の肥満は、ある程度仕方がないとはいえ、「内臓脂肪が増えている場合は、ちょっと別」。この後、生活習慣病にかかりやすくなってしまいますから、できるだけ減らす努力も必要です。 そこで役立てたいのが、内臓脂肪を燃焼させるツボ押しです。 ここでは、メタボ改善に役立つツボをご紹介しましょう。
更年期に効くツボ|「足裏がつる」「足裏のはり」に役立つツボ
全身の血流が悪くなりがちな更年期。とくに、下半身には血流が停滞しやすく、ふとした瞬間に「足の裏」がつったり、ハリを感じることも、珍しいことではありません。 このような症状は、「歩きすぎ」などによる「筋肉疲労」でも起こりますが、「血流障害」「水分不足」「ホルモンバランスの乱れ」が影響している可能性もあります。 こんなときは、「足のトラブル解消」に役立つツボ押しを、試してみるのも得策です。 ここでは、症状改善に役立つ「4つのツボ」をご紹介していきましょう。
更年期に効くツボ|虚弱体質を改善する!2つのツボ
顔色が悪くて、貧血気味。疲れやすくて、体力がない。 このような「虚弱体質」を抱えていると、更年期の不調もひどくなりがち。 できるだけ、体質を変えていくことで、ひどい不調も改善しやすくなります。 そこで役立てたいのが、「虚弱体質」を改善するツボ。 ここでは、体質改善に役立つ2つのツボをご紹介していきましょう。
更年期に効くツボ|「目の疲れ」「痛み」改善に役立つツボ
長時間、目を酷使すると起こる「眼精疲労」。 パソコンやスマホを使うことが多い現代人は、こんな症状も日常茶飯事。 目疲れは、目の周辺の筋肉や神経の疲れが主な原因です。 とくに、更年期は、全身の血流が悪くなるため、すぐに目が疲れることも、珍しくありません。 目疲れを感じたら、この周辺の筋肉を緩ませ、血流を流すツボ押しにトライしてみましょう。ここでは、目疲れ改善に役立つ2つのツボをご紹介します。
更年期に効くツボ|「舌のもつれ」「ろれつが回らない」ときのツボ
「舌がもつれる」「ろれつが回らない」。 ストレスや過労、口周辺の筋肉が弱ると、こんな症状が出ることがあります。 更年期の女性ホルモン減少とは、直接的な関係はありませんが、更年期は「ストレスの影響」を受けやすい時期。これが原因で、思わぬところに不調が出ているのかもしれません。 ここでは、舌のもつれに役立つ5つのツボをご紹介していきましょう。
更年期に効くツボ|「口が開けにくい」口の開閉障害があるときのツボ
「口を大きくあけにくい」 「食べ物を噛むとあごに痛みを感じる」「あご周辺がこわばる」 こういった症状は、「あごの関節」に問題があると起こりやすい不調です。 主な原因は、「骨格の歪み」や「あご周辺の筋力の低下」が考えられますが、「首や肩こり」からくることも!  このような症状は、更年期障害ではありませんが、「肩こり」がひどい方は、「更年期の血流の悪さ」が、間接的な要因になっているかもしれません。 ここでは、「口の開閉障害」に役立つ2つのツボをご紹介しましょう。

TOP 基礎知識 治療法いろいろ 更年期うつ 更年期の体験記 サプリ図鑑