更年期の治療|ホルモン補充|HRT治療で行うホルモン補充と薬の種類

HRT治療の女性ホルモン剤の薬にはどんなものがあるの?

HRT女性ホルモン補充法

女性ホルモンの減少で、体調不良が起こっている場合に行われる、HRT治療。使用される薬には、どのようなものがあるのでしょうか? ここでは、HRT治療で使用される薬について、ご紹介していきましょう。

 

エストロゲンを補充する女性ホルモン剤の種類

 

HRT治療の薬で、中心的な役割を担うのが、「エストロゲン剤」です。

 

エストロゲンは、2つある女性ホルモンのうちのひとつで、このエストロゲンの減少が体調障害に大きく関係しています。体内で減少しているエストロゲンを補うのが、この薬の役割です。

 

エストロゲン剤には、いくつか種類があります。

 

使用方法の種類でいうと、@服用タイプ、Aパッチタイプ、Bジェルタイプの3種類。また、作用の強さの強弱でも、使用する薬が違います。


もっとも作用が強いHRT「エストラジオール」

エストロゲン剤の中でも、最も作用が強いのが、「エストラジオール」です。このエストラジオールは、低用量ピルにも含まれているエストロゲンで、しっかりした作用がある成分です。

 

この成分を使用した薬剤で、皮膚に貼るパッチタイプのものでは、薬剤名でいうと、「エストラーナ」、「エストラダーム」があります。皮膚に塗るジェルタイプは、「ル・エストロジェル」、「ディビゲル」の2種類があります。

 

もっとも弱いHRT「エストリオール」

 

「エストラジオールを使用すると不正出血をする」という方や、「プレ更年期」の方でも利用しやすいのが、「エストリオール」です。

 

エストリオールは、もっとも作用が弱く、子宮内膜を厚くすることがないので、どなたでも利用しやすいメリットがあります。

 

薬剤名では、「エストリール」、「ホーリン」として知られているHRT薬剤です。薬剤「エストリール」は、服用タイプのほかに、膣剤、注射で接種する方法があります。

 

古くからあるメジャーなHRT「プレマリン」

 

日本の更年期治療では、もっとも歴史が古く、使用している人が多いのが、「プレマリン」です。

 

初めて使用する場合、一番弱い「エストリール」から試して、さらに効果を出したい場合、「プレマリン」に変えるという方法もあります。

 

HRT治療では、子宮がんを防止するプロゲステロンも服用する

 

子宮内膜が厚くなるのを防ぐために、HRTでは、プロゲステロン(黄体ホルモン)も定期的に補充します。主に、子宮がんを予防するためのもので、医師と相談しながら併用治療します。

 

ただ、HRTを始めても、最初の3か月は、プロゲステロンを補充しなくても、子宮内膜には影響がないといわれていますので、常時服用するものではありません。

 

飲むタイプでは、薬剤名「プロベラ」や「ヒスロン」が知られています。子宮内に装着する「ミレーナ」というタイプの薬もあります。

更年期の症状によって使い分け!HRTを使用する前に行う「低用量ピル」治療

HRTは、エスロトロゲンの補充を行う薬物治療ですが、エストロゲンとプロゲステロンの両方を補う場合は、低用量ピル(OC)を服用します。

 

低用量ピルは、避妊薬としてのほうが有名ですが、女性ホルモン剤の一種です。

 

主に、女性ホルモンの変動をなだらかにする効能があります。排卵を抑えて、プロゲステロン(黄体ホルモン)を安定させ、子宮内膜を厚くさせません。

 

ただ、飲み始めに、軽い吐き気や頭痛などの副作用が起こる場合があります。副作用は個人差がありますので、医師と相談しながら、服用する必要があります。

 

低用量ピルには、ホルモン成分や量の違いで、さまざまな種類があります。日本では、薬局で直接、購入できませんので、医師の処方箋が必要です。

 

どのピルも、1か月間のうち、21日間を服用期間に。また、7日間を休薬期間に設定した飲み方をするのが、一般的です。

 

薬品名としては、このようなものがあります。

 

 

低用量ピルの種類

「オーソM-21」 
EE(エストロゲン)0.735mg、NET(プロゲステロン:ノルエチステロン)21.0mg

「マーベロン21」、「マーベロン28」
EE(エストロゲン)0.63mg、DSG(プロゲステロン:デソゲストレル)3.15mg

「ノリニールT28」「シンフェーズT-28」
EE(エストロゲン)0.735mg、NET(プロゲステロン:ノルエチステロン)15.0mg

「オーソ777−21」
EE(エストロゲン)0.735mg、NET(プロゲステロン:ノルエチステロン)15.75mg

「アンジュ21」「アンジュ28」「トライディオール21」「トライディオール28」

「トリキュラー錠21」「トリキュラー錠28」
EE(エストロゲン)0.680mg、LNG(プロゲステロン:レボノルゲストレル)1.925mg

 

いずれも、1か月の服用方法が異なりますので、医師の指導に従ってください。

 

HRTと低用量ピルの一番大きな違いは、補充するホルモンが違う点にあります。

 

HRTは、女性ホルモンのうち、エストロゲンのみを補充する治療法です。低用量ピルでの治療は、2つの女性ホルモン、エストロゲンとプロゲステロンを、両方とも補充します。

 

低用量ピルは、体内の女性ホルモンのバランスを調整して、生理周期をコントロールするもので、更年期でも、生理不順があったり、出血量が多い場合に使用します。

 

50歳前後になり、閉経が近づいてきたら、HRT治療で、エストロゲンの補充にシフトするのが、一般的です。

 

更年期の症状によって使い分けるのがおすすめ

 

低用量ピル⇒不正出血や生理不順、出血量が多い場合に使用。

 

HRT(エストロゲン補充)⇒出血量が少なく、その他の症状が出ているとき。
閉経する頃に使用

 

 

1錠あたりの薬剤に含まれるエストロゲンの量は、低用量ピルの方が多く、HRTの5倍あります。ご自身の症状にあうのがどちらのタイプなのかは、医師とよく相談した上で決めるようにしましょう。

 

また、低用量ピルからHRTへ切り替える場合は、体内の女性ホルモンの量を測りながら、これも医師の指示に基づいて、行うようにするとよいでしょう。


Sponsored Link

関連ページ

更年期の治療|更年期の症状を引き起こす!3つの原因とは?
更年期障害の3つの原因のうち、何が根本的な原因なのかを知ると、効率のよい治療方法がわかります。あなたの更年期障害の一番の原因を調べましょう。
更年期の治療|更年期障害の検査内容とは?
自己診断だけではなく、本当に、更年期障害なのか?お医者さんに診てもらうのが、一番安心といえば、安心です。とはいえ、婦人科系の検査となると、「でも、どんな検査をするのか不安…」という方のために検査方法についてご紹介します
更年期の治療|婦人科で行われている3つの治療方法とは?
「更年期障害」という、診断結果がでた場合、病院では、どのような治療が行われるのでしょうか? 代表的な例を、ご紹介していきましょう。主な方法は3つあります。どれを選択するかは医師との相談になります。
更年期の治療|ホルモン補充|効果が異なる「HRT」と「低用量ピル」
更年期障害のHRT治療と低用量ピルの効果の違いについてご紹介しています。症状にあわせて、どちらを使うのかを医師とよく相談しましょう。
更年期の治療|ホルモン補充|HRT治療のリスクと副作用とは?
HRT治療には、リスクもあります。個々人の症状は、千差万別ですから、必ずしも、トラブルが出るということではありません。でも、どんなリスクがあるのかを、知っておくこと。これは、治療を受ける側としては、重要なことです。ここでは、リスクの具体的な例を、ご紹介しておきましょう。
更年期の治療|HRTを使いたくない場合の治療法
HRT治療を受けたくない場合の治療方法をご紹介しています。主な方法は、3つあります。中でも人気があるのは漢方治療ですが、他にサプリメントや食事療法という選択肢もあります。
更年期の治療|更年期治療で使う「漢方薬」ってどんなもの?
更年期障害の漢方治療の内容についてご紹介します。漢方薬は個人の体質によって、処方される薬はさまざまですが、ここでは、代表的な更年期障害の処方薬をご紹介します。
更年期の必須栄養素|更年期に摂るべき「症状に効く10大栄養素」
女性ホルモンをUPさせる10大栄養素とは?HRT治療以外の方法を探している方に、手軽に始められる栄養補給方法のひとつがサプリメント。食事で補えないものをサプリメントで摂取して、症状緩和につとめましょう。
更年期の必須栄養素|女性ホルモンと似た効能がある「大豆イソフラボン」
大豆イソフラボンは、女性ホルモンの「エストロゲン」と似た働きをする栄養素です。イソフラボンは、大豆の芽となる場所に多く含まれる、抗酸化物質の1種で、老化の原因となる、「細胞の酸化を防止」する役割もあり更年期におすすめの栄養素です。
更年期の必須栄養素|のぼせやイライラに効く「ビタミンE」
ホルモンバランスを整え、更年期に欠かせない効果があるのがビタミンEです。のぼせや多汗症、イライラの症状がある方にとくにおすすめです。 しかも、老化防止にも有効!というおまけつき!ここでは、ビタミンEについてご紹介していきましょう。
更年期の必須栄養素|イライラ、精神不調を抑える「カルシウム」
イライラする、心が落ち着かない…更年期の心の不調に効果があるのが「カルシウム」です。充分なカルシウムがとれれば、症状の緩和や改善が期待できます。
更年期の必須栄養素|精神的な落ち込みを緩和する「亜鉛」
更年期障害に効く!ミネラルのひとつ、亜鉛の効能をご紹介します。亜鉛には、精神的な落ち込みを防止する役割があり、ホルモンバランスの乱れを整えてくれます。
更年期の必須栄養素|冷え症改善・血流促進に効く「ビタミンB1」
冷え性などの血行不良がある方におすすめの栄養素がビタミンB1です。血行不良は、ほかのさまざまな症状も引き起こしますから、この栄養素をおさえておくことは症状全般を緩和させる効果があります。
更年期に効くアロマ|女性ホルモンのバランスを整えるアロマの効能
更年期障害の症状を緩和するアロマオイルとは?おすすめのアロマと効能をご紹介します。思い当たる症状に合うアロマを選んでみませんか?
更年期に効くアロマ|医師が薦める「更年期不調に効く」アロマ活用術
更年期の不調は、ホルモンバランスが崩れ、自律神経が乱れて起こる症状です。 女性特有の不定愁訴といわれるもので、閉経までの間、「何だか不調…」という状態が長く続くことも珍しくありません。 不調がひどい場合は、ホルモン補充療法などを受けるのが得策ですが、補完療法としておすすめなのが「アロマセラピー」です。アロマの起源は古く、「西洋の漢方」ともいわれる伝承医学ですが、最近では、実際に医療現場でも、更年期の治療にも活用され始めています。 ここでは、その医療現場にいる医師がおすすめしている「アロマセラピー」の活用術をご紹介していきましょう。
ちゃんと知っておきたい!「アロマオイル」が更年期不調に効くしくみ
「アロマオイル」は「癒し」だけではなく、「不調改善」にも効果があります。 でも、何となく「効く」というのは知っていても、その理由や仕組みまでは、あまりご存じない方も少なくありません。 アロマオイルは、直接肌につけてマッサージしたり、香りをかいだり、ときには、お風呂に入れたりして使うもの。食べ物のように、胃や腸から吸収するわけではありません。 では、どんな仕組みで不調を改善してくれるのでしょうか?
更年期に効くハーブ|体と心に効果あり!おすすめハーブティー15選
アロマオイルと同様、ハーブティーも、更年期の症状を緩和させる効果があります。もともと、ハーブとアロマオイルの原料は、同じ。茶葉にして飲用するか、オイルにして利用するかだけの違いです。 ハーブは、成分が凝縮されたオイルとは違って、飲むことができるので、手軽さも抜群!作用もゆるやかなので、オイルが苦手という人でも、簡単に始めることができます。
更年期のサプリ|女性ホルモンを補う!世界各地の7大特効サプリ
日本はもちろん、世界各地には、昔から伝承されてきた、更年期の症状を緩和する食材がたくさんあります。例えば、ペルーの「マカ」や、アメリカに生息する「ワイルドヤム」。聞き覚えのある食材も、多いのではないでしょうか?
サプリと医薬品の違いとは? 症状で使い分けたい「更年期サプリと医薬品」
更年期になって体験する、さまざまな体調不良…。 あまりにも症状がひどい場合は、やっぱり医者にかかるべきですが、軽い症状や予防なら、うまく利用したいのが、サプリと市販薬です。そもそも、サプリメントと市販している医薬品は、何が違うのでしょうか? また、どう選び分ければ、よいのでしょうか? わかりやすく解説していきます。
更年期の不眠症|「不眠」にはサプリも有効!睡眠薬を使う前に試したい6成分
良く眠るためには、バランスのよい食事が基本。 糖質やたんぱく質、ビタミン、ミネラル、適度な脂質を摂ることで、「よく眠れる」下地ができあがります。普段の食事に注意しながら、足りない栄養素をサプリで補えば、より効率よく睡眠改善できます。ここでは、その方法と効果のある6つの成分(サプリ)をご紹介していきましょう。
更年期の月経不順|月経回数は昔の3倍!月経過多を解消する方法
昔の世代は、生涯に起こる月経回数が、150回くらいでしたが、いまの女性は、450回も生理が来ています。つまり、卵巣が常に働いている状態が、いまの更年期世代なのです。更年期の月経過多が起こっている方は、この卵巣の働きすぎも、不調の原因のひとつかもしれません。
「更年期の初期症状に試したい!」40代前半の女性におすすめサプリ
更年期症状の女性向けには、さまざまなサプリや医薬品が出ていますが、40代前半の女性におすすめなのは、足りない栄養を補うサプリメントです。症状が軽いうちなら、原因となっている栄養成分の補充でかなり症状が緩和します。

TOP 基礎知識 治療法いろいろ 更年期うつ 更年期の体験記 サプリ図鑑