四国お遍路がうつに効く理由

更年期うつの治療体験記|四国お遍路がうつ病に効く理由

更年期うつを、少しでも改善するために、いろいろな治療法を試してきました。薬だけでは、うつを治すことができないと、気づいてしまったからです。

 

ヒプノセラピーやスピリチュアルカウンセリング、漢方治療も受けました。

 

こうした方法にトライしても、基本的な病気の原因を、治すことはできませんでした。うつになってしまう考え方を変えないと、何も変わらないのです。

 

考え方を変えるために、劇的な効果があるといわれる岩波先生の「神経症改善プログラム」を受けたこともあります。多くの人にとって、きっと絶大な効果があるはずのプログラムですが、私にはむいていませんでした。心療内科への通院は、ずっと続けていましたが、もちろん治りません。

 

私はもともと、宗教に詳しいわけでも何でもありません。おそらく、多くの日本人がそうであるように、確固たる信念で、何かの宗教を信じるということはありませんでした。

 

それは、今でもそうです。神様の存在。もっと正しく言うと、人間の叡智の及ばない大きな力がこの世には存在するということだけは、漠然と信じています。その大きな力のことを、人は神様と呼ぶのかもしれません。

 

うつの長い停滞期。あるとき、私は「四国お遍路」に強い興味を持つようになりました。様々な病気、人生の苦難にあるときに、1000年以上にわたって、四国の88か寺の寺院をまわってきた人々のことを知って、いつしか、四国お遍路に、いってみたいという気持ちが強くなっていきました。

 

ある種、衝動的に、「四国お遍路に行ってくる」と行って、四国お遍路第1番のお寺がある徳島県に向かいました。

 


四国お遍路とは何か?

霊山寺

「四国お遍路」とは、弘法大師として知られる、空海(774年〜835年)が開いたといわれています。

 

四国4県にある、88か寺を廻って、仏教の教えを体験する修行のひとつで、弘法大師の足跡をたどりながら、自分を見つめなおし、自分の生きる道を探す手法でもあります。

 

弘法大師は、お遍路道ではとくに、親しみを込めて、「お大師様(たいしさま)」と呼ばれています。

 

お遍路を廻る人が着る白衣の背には、「同行二人」と文字が書かれていますが、お遍路の道中は、例え一人で回っていても、常にお大師様と一緒という意味が込められています。

 

四国お遍路は、お大師様と一緒に、お大師様の足跡をたどる巡業を行います。

 

四国お遍路にある、88か所ものお寺を廻るには、徒歩だと約30日〜40日。車で回ったとしても、10日間くらいの日数がかかります。

 

交通手段が便利になった今でも、決して楽とはいえない難所がいくつもあります。険しい山頂にあるお寺や、長い海岸道をひたすら歩いて辿り着くお寺もあります。この道を踏みしめながら、巡礼を行うのが、「四国お遍路」なのです。

 

なぜ、お遍路がうつに効くのか?

 

お遍路が、うつに効果があると思うのは、お遍路のご利益を期待しているからではありません。四国お遍路の最大の効果は、お寺を廻る行為そのものに、自分の心を癒して変えてくれると感じることです。

 

@「うつのときの過ごし方」の悩みを忘れさせてくれる

 

うつになると、それまでやれていたことが出来なくなって、少しはあっあたはずの自信というものが、限りなく小さくなってしまいます。

 

しかも、毎日、時間だけが過ぎていく。時間に追われるということが、ありません。どうして過ごしていいのかさえ、わからなくなっています。

 

四国お遍路に行くと、とにかく、お寺を廻るという目的ができます。しかも、移動するには、必ず、動かなければなりません。

 

お寺に参拝できるのは、朝の7時から夕方の5時まで。お寺が締まってしまうまでに、次のお寺に到達することだけで、頭がいっぱいになります。
そう、ある意味、悩んでいる時間がないのです。

 

「この道であっているのだろうか?」
「今日は、ここまで行けるだろうか?」
「泊るところはどうしよう?」
移動している間は、とにかく余計な悩みを考えている暇が、あまりないのです。
悩みを忘れる時間があることが、どれほどすごいことなのか、うつで悩んでいる方なら、おわかりいただけるのではないでしょうか?

 

88か所を回りきれば、何かが変わるのか? 何も、変わらないかもしれません。
でも、歩んでいるうちに、それでもよいのだと、思う瞬間が訪れます。見返りがあるから行くのではなく、無心になるために行けるのです。これほど、ありがたいことはありません。

 

A一人じゃないと思える感覚が沸き起こる

 

お寺を廻っていると、同じ白装束を着た数多くの巡礼者に出会います。話をするわけでなくても、同じ目的をもって、たくさんの人が参拝していること自体が、勇気をくれます。

 

巡礼装束の背中の「同行二人」の言葉が、身に染みてくることもあります。険しい山中のお寺を、息をはずませながら登る時。雨が降ってきて、霧が立ち込めて、少し心細くなっても、「お大師様と一緒」という感覚が、湧き起こります。

 

とくに、道中で一生懸命歩いている人を見かけたり、お寺で、声を出して、お経を読み上げている人を見かけたりすると、悩んでいるのは自分だけじゃないと思えることがあります。

 

参拝している方全員が、悩みを抱えているとは思いませんが、何かしらの理由があって参拝している人ばかりなのだと思います。お遍路は、そんな一体感さえ、感じさせることがあります。

 

B四国の美しい自然が癒してくれる

 

徳島の緑豊かな自然、険しい山々。太平洋沿いに海を眺めながら、ひたすら移動するとき。今まで、心に届いてこなかった自然の美しさを感じることがあります。

 

「海は青かったんだ」とか、「山から見る太陽がこんなに輝いてたんだ」ということ。仮死状態だった心が、少しずつ、動いてくる感覚が起こるのも、四国お遍路の醍醐味です。

 

C四国の人々の温かさにふれることがある

 

歩きお遍路の場合はとくに、四国の人々の温かさにふれる機会があります。もう1000年以上昔から、お遍路の人々を受け入れてきた四国という場所は、お遍路をしている人に対する理解と慈しみをもっている方が、数多くいらっしゃいます。

 

道中で、水をもらったり、休憩所で休ませてくれたり、果物を分けてもらったり。お寺のある休憩所でお茶を頂くこともあります。これは、「お接待」と呼ばれるご厚意で、四国ならではの慣習です。

 

お接待は当たり前のことではありません。でも、見ず知らずの人間に、やさしくしてくれる方々は、少なくはありません。人とふれあうことが怖くなっているうつ人にとって、人から頂く厚意は、固くなった心を解きほぐしてくれるような気がします。

 

D久しぶりの達成感が味わえる

 

うつになると、いわゆる達成感や充実感とは、ほど遠い日々が続いています。こういう感覚は、何かをしたときにしか味わえないものですから、当然と言えば、当然です。

 

ただ無心に、お寺を廻ること。決して、難しいことではありません。でも、1日、何か寺か回り終えたとき、久しぶりに忘れていた達成感と充実感が、心に湧き起こります。

 


四国お遍路に行ってから、変わったこと

四国お遍路

管理人がやった四国お遍路は、実はまだ全部回り切れていません。少しずつ、何回かに分けて行う「区切り打ち」の真っ最中です。

 

いま3/4ほどの行程を終えて思うことは、四国お遍路のおかげで心が動き出したということです。四国お遍路の道程は、人生に似ているのかもしれません。

 

私は、約2年の間、うつを患いました。長い停滞期間があって、四国お遍路に行くことを決意しました。お遍路にいってから、心に変化がありました。
2か月後に、減薬を開始して、6か月後に、断薬できました。
減薬や断薬ができるほど、心が安定し始めたのは、間違いなく、四国お遍路のおかげです。
長い道中、無心になり、ここから始めるのだということを、自然に感じられたのが、うつの停滞期を突破するきっかけになりました。

 

人生は長くてつらいことの連続ですが、ときには楽しいことも、嬉しいこともあります。これから先も、苦しいことばかりではなく、楽しいことも嬉しいことも、そのうち訪れるということを、四国を巡ったことで、心と身体が納得したのかもしれません。

 

これは、あくまでも管理人の感想ですが、四国お遍路には、確かにうつに効く何かがあると確信しています。

 

次回は、お遍路の道中のハイライトスポットをお届けします。道中で、うつを忘れる瞬間が訪れるスポットをご紹介しています。

 

続き「うつに効く!四国お遍路のハイライト」を読む。


「うつ女子のためのお四国お遍路ガイド」サイトを始めました

四国お遍路に興味を持っていただけた方向けに「うつ女子のため四国お遍路ガイド」サイトを作りました。2016年3月に、ついに88か所を結願。お遍路の魅力をご紹介しています。

 

ウツ女子のための「四国お遍路」ガイド

関連ページ

更年期うつ|「漢方」治療体験記@初診 初めての漢方薬
実際に体験した更年期障害の漢方治療の初診時体験記録です。初めての漢方薬は初めて処方された漢方薬は「香砂六君子湯」でした。生薬から煎じるという初体験までの記録です。
更年期うつ|「漢方」治療体験記A通院 毎回変わる漢方処方
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。漢方に通って処方された治療の体験第2弾です。月2回ベースで通院しましたが、その都度処方される漢方薬は変わりました。体質と体調にあわせて変化するのが漢方治療のようです。
更年期うつ|「漢方」治療体験記B漢方が向いている人、向かない人
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。漢方治療体験の第3弾。3か月通院した感想と感じたことをまとめています。漢方治療の成功の秘訣は長期間の治療ができるかどうかにあります。
更年期うつ|心療内科体験記@|初期症状と初受診
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。更年期うつの治療を始めたときの体験談第1回です。自主的に心療内科に行った経緯ご御紹介します。
更年期うつ|心療内科体験記A|抗不安薬から抗うつ薬服用へ
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。心療内科で抗うつ薬を服用しはじめてからのこと。ワイパックスだけでは、うつの落ち込みがおさまらなくなっていました。続いて処方された抗うつ薬ジェイゾロフト。これである意味、薬への信頼が終わります。
更年期うつ|心療内科体験記B|停滞期が一番つらいうつ治療
実際に体験した更年期うつの通院、治療体験記をご紹介します。約2年かかった治療中で、もっともつらかったのは、通院して3か月以降の時期です。薬への絶望、あきらめが心を支配し、希死念慮に苦しみます。
更年期うつ|心療内科体験記C|抗うつ薬の減薬タイミング
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。今回は抗うつ薬を減薬するタイミングがきたときのことをご紹介します。
更年期うつ|体験記|うつに「ヒプノセラピー」は効くのか?
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。心療内科での投薬治療だけでは、うつは治らないと確信した私は、無意識の中にあるといううつの原因と癒しを求めてヒプノセラピーを受けました。いわゆる催眠療法です。
更年期うつ|体験記|カウンセリングで心は楽になるのか?
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。カウンセリングは、心療内科の受診と同様、うつ治療ではとてもオーソドックスな治療方法です。人に話を聴いてもらうことは癒しにつながるケースも多いのです。
更年期うつ|体験記|うつでスピリチュアルカウンセリングを受けた話
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。色々な治療をたくさん試しましたが、スピリチュアルカウンセリング、いわゆる守護霊様や過去生について色々見てもらったことがあります。そこで本当にわかったことは…
更年期うつ|体験記|うつ治療中にやって失敗した3つのこと
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記。うつ症状が強いときにやって大失敗したこと3つとは?心の落ち込みを出来るだけ避けるためにもできれば避けたいことをご紹介しています。
更年期うつ|体験記|岩波英知先生の神経症克服プログラム体験@
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記。ドリームアートの岩波英知先生の神経症プログラムを受けたときの体験談をご紹介します。初回は受講するまでのいきさつと、受講申し込みの様子です。
更年期うつ|体験記|岩波英知先生の神経症克服プログラム体験A
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。岩波先生の神経症プログラムを受けた体験談です。実際に受講するとどんな感じなのか?岩波先生の評判は本物なのか?をありのままに記載しました。これはあくまで管理人の感想ですがご参考までにご覧ください。
うつを改善する四国お遍路|お遍路体験ハイライト
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。四国お遍路でうつを改善した道中の体験談です。お遍路の最中、うつを忘れる瞬間がたくさんありましたが、特に印象に残ったお寺をご紹介していきます。
更年期の冷え症|体験記|冷え症を改善した「日帰り湯治」
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介しています。冷え性などの身体的な症状に効く天然温泉のすすめ。
更年期うつ|心療内科体験記D|寛解、通院が終わるとき
心療内科に通うようになって、約2年。 抗うつ薬(リフレックス)、抗不安薬(ワイパックス)を飲まなくなって、約5か月が過ぎました。そして、ついに、心療内科の通院を終了することができました。
更年期うつ体験談|心の状態が悪いと激やせする?「うつと体重の深い関係」
実際に体験した更年期障害の通院、治療体験記をご紹介します。更年期うつのときに、激やせ。何を食べても太らなくなったのは、心の調子と体脂肪を蓄える体の機能に大きな関係があるからです。その記録をご紹介します。
更年期|初期症状体験|止まらない汗と動悸!初期対応が肝心な更年期
当サイトを運営しているウメコの更年期初期症状は、多汗と動悸でした。 階段をのぼると息切れして、しばらく動けなくなる。 とくに、夏になると、汗が、あり得ないほど大量に噴出して、本当に困りました。これが、初期症状だったと気づいたのは、このサイトを作って、色々勉強し始めてからです。今回は、このときの症状と手当しなかった後悔を、ありのままにつづりたいと思います。
更年期うつ体験談|うつ停滞期に役立った!WEB版「行動認知療法」
自宅療養していると、時間の使い方がよくわからなくて、本当に困ってしまうことが多々起こります。時間があればあるほど、よくないことを妄想してしまって、どうしようもなくなります。管理人が通っていた心療内科で、医師に、「行動認知療法」で心が楽にならないか?と聞いたことがあります。
更年期|スマホアプリはストレス調整に役立つか?1か月体験の記録
更年期の不調を調べれば調べるほど、「自律神経が重要」なことがわかります。 のぼせも多汗も、気分が落ち込むのも。 「自律神経」が関係しているとしか、いいようがないのが本音です。 もし、その変化に早く気づくことができれば、少しはましだったのかも? そう考えると、これを推定できる便利なものがあれば、早く対処もできたかもしれません。 30代後半といえば、今から約10年前の話なので、当時はスマホなんて便利なものはありませんでしたが、最近のスマホアプリでは、こういう変化に気づけそうな便利アイテムが山ほど用意されています。今回は、そのスマホアプリの1つ「ココロ炉」を約1か月使ってみた体験記録をご紹介したいと思います。
更年期の閉経体験談(1)リアル閉経間近?人生初の無月経&ホットフラッシュ
プレから始まり、更年期になって、実際にいま、自分が経験している様々な不調。 いよいよ、現実に「閉経状態に近い予兆」が数多く出てきました。 リアル閉経で起こる体調の変化について、当サイトの管理人の体験談をお届けします。
更年期の水虫体験談|水虫の原因は血流障害?!水虫発症〜治癒までの2か月
「水虫」と聞くと、もしかすると、「男性に多い疾患」というイメージがあるかもしれません。水虫は、皮膚に寄生するカビの一種で、白癬菌という真菌によって発生する皮膚病のひとつ。湿度が高い環境を好むため、主に水虫ができるのは、足です。 実は、当サイトの管理人は、2年前に水虫になったことがあります。 最初は、水虫とは思いませんでしたが、普通の皮膚薬では全く効かず、水虫薬を使ってようやく完治。今にして思えば、血流障害が原因だったかもしれません。 ここでは、水虫の体験談と水虫の根本的な原因についご紹介してみます。
更年期の閉経体験談(2)月経がなくなって半年後にまた!?続くホットフラッシュ
昨年(2016年)12月を最後に、半年近く月経がこなかった6月。 ある日突然、月経がやってきました。 量は、さほど多くないものの、明らかな生理。 すっかり「閉経した」と思い込んでいたものの、そう簡単には、生理は、終わらないもののようです。 今回は、2017年上期の体験談について、書き綴ります。 ※閉経の症状は、個人差が大きいので、「こういう例もある」という程度でご覧下さい。

TOP 基礎知識 治療法いろいろ 更年期うつ 更年期の体験記 サプリ図鑑