更年期の症状|頭痛|「頭がしめつけられる」「ズキズキする」

「更年期の頭痛」の症状とは?

「頭が締めつけられるような、痛みが続くことがある」
「ズキズキした頭痛が、頻繁に起こる」
「頭の片方が、キリキリ痛む」
「頭痛で、吐き気が出ることがある」

 

40代以降になると、慢性的な頭痛が続くことがあります。検査を受けても、「脳には異常がない」と診断されることも少なくありません。

 

このような場合、女性ホルモンの減少が引き起こす「自律神経が関係した頭痛」である場合が多くなります。頭痛の症状としては、大きく分けて、2タイプあります。

 

@緊張型頭痛
頭全体が締め付けられるような痛みがでます。これは、血行不順による「肩こり」や「目の疲れ」が主な原因で、強いストレスが引き金になることがあります。頭痛の多くがこのタイプです。

 

A片頭痛
頭の片側に、ズキズキした痛みが出る症状です。立っていられないほどの痛みが出て、吐き気を伴うこともあります。常に痛むというよりは、何かをきっかけに、突如頭痛が起こる場合が多く、痛みが出る周期も人によってさまざまです。

 

頭痛薬を使いすぎると聴かなくなる?!

 

@Aのケースは、ともに、市販の頭痛薬で収まることもありますが、常に頭痛薬を服用していると、薬が効かなくなってくる場合があります。

 

長期の服用や頻繁な使用は、体の負担も大きくなりますので、医師の診断を仰ぐ必要があります。また、更年期による頭痛ではなく、脳内出血やくも膜下出血の前兆というケースもありますので、症状が軽くても、医師の診察を受けておく方が安心です。


更年期の頭痛をやわらげるには?!

首と肩の筋肉を、ほぐすこと

 

頭痛を抱える方のほとんどが、「肩こり」や「首コリ」といった症状があります。コリは、血流が悪くなり、老廃物が筋肉にたまっている状態です。

 

しかも、肩と首のコリは、頭痛と密接な関係があり、どちらが凝っても連結してしまいます。「こり」は、出来るだけ早く解消することが、頭痛を防止する上でとても大切です。

 

普段の癖も見直しを!
・長時間、同じ姿勢で作業をしない
・首や肩のストレッチを行う
・指圧や整体などに通う

 

筋肉を動かすと、そこにたまったコリの元は流れやすくなります。肩や首の筋肉を、できるだけ動かすこと。また、目の疲れも、首や肩こりの元になりますので、目を休めることも、必要です。

 

体を温めること

 

体が冷えると、筋肉がこわばりやすくなり、肩こりや首のコリをひどくします。これが、頭痛の元にもなりますので、体をできるだけ温めるようにする必要があります。

 

首や肩は上半身にありますが、体全体の冷えを解消するためには、下半身を温めることが、最も効果がある対策です。半身浴や足湯などは、とくに効果が高い対処法です。

 

また、寒い時期はもちろん、夏場はクーラーで体が冷えやすくなりますので、要注意です。

 

食べると頭痛になりやすいものを避けること

 

頭痛の症状がある方が、食べるとよくない食べ物があります。とくに、血行を良くしすぎる食べ物は、頭の血管を広げるため、片頭痛を誘発する場合があるためです。片頭痛の兆しがあるときは、できるだけ避けるようにしましょう。

 

食べるとNGなものとは?

●ポリフェノール⇒血管を拡張させる働きがあり、脳の血管が広がると、頭痛が起こりやすくなります。
【ポリフェノールが多い要注意な食べもの】赤ワイン、チョコレート、コーヒー、緑茶、ブルーベリー、イチゴ、ラズベリー、ブドウ、みかん、ココアなど。

 

●チラミン⇒体内に入ると、血圧を上昇させるため、頭痛や吐き気を誘発しやすい栄養素です。血管を収縮する働きがあるため、チラミンの体内濃度が低くなると、血管が拡張して頭痛を引き起こしやすくなります。
【チラミンが多い要注意な食べ物】発酵食品(チーズ、ピクルス)、ピーナッツバター、玉ねぎ、イチジクなど。

 

頭痛を抑える食べ物をとる=血管をゆるめるもの、血圧を下げる食べ物

 

食べ物には、頭痛を抑える働きがあるものがあります。とくに、血圧を下げるものや、血管をゆるめるものは、頭痛抑制に効果があります。

 

●ビタミンB2⇒体内の過酸化脂質を分解する作用が、頭痛を抑える働きを担います。血圧を下げる効果があるため、頭痛をやわらげることもできます。

【ビタミンB2が多い食べ物】ウナギ、レバー(牛肉・豚肉、鶏肉)、イクラ、卵の卵黄、キャビア、海苔

 

●マグネシウム⇒血管の収縮を抑える効果があり、頭痛の原因となる血管の拡張を防いでくれます。

【マグネシウムの多い食べ物】アーモンド、ホウレンソウ、納豆、大豆、アサリ、イクラ、ハマグリ、あおさ、青のり、ワカメ

 

血流を良くする栄養素をサプリで補う

「頭痛緩和」に役立つ食べ物は色々ありますが、これを「毎日摂るのは難しい」という場合。サプリメントで不足分を補うという手法もあります。

 

サプリメントは、基本的に食材(栄養素)ですから、「医薬品には頼りたくない」という方におすすめです。

 

食材に含まれる栄養素以外にも、漢方由来のものなど選択肢はいろいろ。

 

一般的な食材としては、少々高額すぎる高麗人参なども、サプリメントなら手軽に毎日補えるメリットもあります。
(※高麗人参にはジンセノサイドという、血流改善に効く栄養素が含まれています)。

 

血流改善に効くサプリを色々研究してみるのも、おすすめです。

 

「血流改善」効果が高い、更年期女子向けのサプリ

 

いま人気がある「高麗人参由来」の更年期サプリをご紹介しましょう。

 

「体と心」の両面に効く「高麗人参」由来サプリ

高麗美人 


 
高麗人参でも最高レベルの「6年根」に、
98種類もの栄養素が入ったサプリ。
含まれている主な成分
サポニン
鉄分、亜鉛、カリウム、カルシウム、マグネシウム
・ビタミンB群ビタミンB1、B2、B6、B12、葉酸)
・18種類のアミノ酸(アルギニン、リジン、ヒスチジン、フェニルアラニン、チロシン、ロイシン、イソロイシン、メチオニン、バリン、アラニン、グリシン、プロリン、グルタミン酸、セリン、スレオニン、アスパラギン酸、トリプトファン、シスチン)など98種類
 

価格 容量 評価

約1か月分=1袋
通常価格円3024円(税込)
初回15%オフ
2570円(税込)

※定期コース利用

1袋62粒1か月分  

 

 

体と心に出る「プレ更年期不調」に有効な成分ばかり!

 

「高麗美人」は、その名の通り、漢方薬でも処方される「高麗人参」ベースのサプリメントです。

 

中でも、注目なのは、「身体と心の両面」に効く成分が多いこと。

 

プレ更年期は、どちらかというと「自律神経」の方が先に乱れて、「ホルモン分泌」が悪くなっている状態ですから、「自律神経をいかに整えるか?」がカギ。

 

絶不調の原因は、「自律神経」のひとつ「交感神経」の方が優位になっていること。そのため、これを「副交感神経」に戻す必要があるわけですが、その状態に持ち込むためには、「血巡りを改善する」ことは必須条件です。「血流を良くする働き」があるのは「副交感神経」の方ですから、有効な栄養素で血流が良くなれば、この神経も働いて、自然と体調がよくなっていきます。

 

また、精神的な不調に効果がある「鉄分」「カルシウム」「亜鉛」「マグネシウム」「ビタミンB群」が豊富なのも心強いところ。これらの栄養素は、心を落ち着ける上で重要な役割を果たします。心と体の両面に不調が出ている方に、とくにおススメのサプリです。

 

「高麗美人」の評価ポイント

○血巡りを良くする「6年根高麗人参」が主成分

○「心と体両面の不調」に有効な成分が入っている

○プレ更年期の自律神経の乱れに有効

○定期コース利用で1日約98円とお得。毎月おまけのプレゼントあり。

○毎回送料無料、30日以内の返金保証あり!

 

40代半ばまでの「プレ更年期」にこそピッタリのサプリ。イソフラボンなどの「エストロゲン疑似成分」は入っていませんが、自律神経の方を整える栄養素が豊富に含まれています。
気になる症状が、冷えやほてり、肩こり・腰痛などの血流系の不調の方にも、とくにおすすめです。

 

返金保証がついたお得な公式サイトはこちら
高麗美人

 

血巡り改善で倦怠感すっきり!田七人参のサプリ

更年期に白井田七


(含まれている成分)

田七人参(中国雲南省を中心にした高山にのみ生息する人参を有機栽培)

⇒サポニン含有量が高麗ニンジンの10倍あるという田七人参を使用。自然由来の成分で安心。

 

サポニン、フラボノイド、ギャバ含有。その他、デンシチン、ナトリウム、カロチン、ステロール、アミノ酸19種、ビタミンB1、マグネシウムカルシウム、ビタミンE、カリウム、田七ケトン、ビタミンB6、リン、有機ゲルマニウム、ビタミンB12、鉄、ビタミンB2、亜鉛、銅、葉酸、マンガン、フラボノイド

価格 容量 評価

 

通常価格6480

→初回限定特別価格


3980円(税抜)

2回目以降は20%オフ5184円(税抜)

 

1便120粒入り

(約1か月分)

 

田七人参の強力パワーが倦怠感を改善!身体&精神不調にも効果がある成分も配合

 

更年期の個別の症状に、効果がある栄養成分が、実にたくさん配合されています。

 

主成分は、田七人参から摂れる「サポニン」。これは、高麗人参の主力成分と同じです。しかも、その量は、高麗人参の8倍!

 

土地の栄養を吸い尽くして育つ「田七人参」の成り立ちというのは、「マカ」と似ていますね。女性ホルモンに代わる成分は、含まれていませんが、滋養強壮に効く必須アミノ酸など、人参特有の魅力的な成分が豊富に入っています。

 

更年期に感じる不調の中で、もっとも多くの女性が訴えるという「倦怠感」緩和に役立つのも、見逃せないポイントです。

 

 

白井田七の高評価ポイント

高麗人参の約8倍ものサポニンがある「田七人参」が主成分。
○有機栽培している、自然由来の和漢成分で安心。
更年期のさまざまな症状に効く成分が、かなり豊富
15日間返金保証あり。飲みきったとしても、身体にあわなければ返金可能。

 

女性ホルモンに似た成分が含まれていない点が、惜しい点ですが、更年期のいろいろな症状に効く成分の含有量はピカイチ!食事からこれだけの栄養素を摂るのは難しいことを考えると、とても合理的な更年期サプリです。イソフラボン含有サプリだけでは、効果がないという方には、とくにおすすめのサプリです。

 

安心の15日間返金保証サービスがついた!公式サイトはこちら⇒更年期に白井田七

 

「体の温め効果」に特化した「高麗人参系」サプリ

ユンケルでおなじみの佐藤製薬社の健康食品通販会社B&Hサトウ 美健知箋ポリフェノール 



■主成分
高麗人参、ショウガ、ポリフェノール、レスベラトロール
 
■主成分をサポートする9つの成分
無臭ニンニク、黒コショウ、ビタミンB1、B2.B6、B12、ビール酵母、クエン酸、葉酸
 

価格 容量 評価

約1か月分
通常価格4320円(税込)
初回2000円(税込)
※次月以降は10%オフの
3888円税込

1本60粒1か月分

 

「冷え」がとくに気になる方向き!体を芯から温める高麗人参+ショウガパワー

 

「血巡り」を強力に改善する有効成分を配合。主成分は、「高麗人参」「ショウガ」「ポリフェノール」。これに、9つの有効成分が組み合わされています。

 

とくに、「高麗人参」+「ショウガ」の組み合わせは、冷えがひどい方にうってつけ。血流を良くして、手足の先まで温めやすくしてくれます。

 

また、血流が良くなると、乱れた「自律神経」が整いやすくなりますから、ほかに出ている身体的な不調改善にも効果が期待できます。

 

美健知箋ポリフェノールの評価ポイント

・血流を良くする「高麗人参」「ショウガ」が主成分

・老化防止に効く抗酸化成分「ポリフェノール」。

・更年期の体調改善に必要なビタミンB群が豊富。

・定期コース初回限定2000円。定期コースは初回だけで解約も可能。

 

生薬系が主成分になっている点で、何かと安心。女性ホルモン疑似成分は含まれていませんが、主な悩みが「血巡り系の体調不良」という方におすすめです。

 

初回申し込みが2000円になる公式サイトはこちら
⇒ユンケルでおなじみの佐藤製薬社の健康食品通販会社B&Hサトウがお届けする健康食品!

体調不良などで悩んでいる女性の方にお薦めの商品です。今なら定期初月は特別価格2000円キャンペーン実施中!
美健知箋ポリフェノール

 

 

更年期の頭痛改善!に役立つほかの記事

Sponsored Link

関連ページ

もしかして更年期障害?|更年期かどうかチェックする方法
身体の不調は、もしかすると更年期障害かもしれません。30代後半から注意したい、更年期障害。不調の原因が更年期によるものかどうか確認しましょう
更年期の症状|生理不順&不正出血|「サイクルがおかしい」「血が出る」
生理のサイクルがおかしい。生理じゃないときにも出血がある。更年期に起こる、生理不順と不正出血について、詳しくご紹介していきます。
更年期の症状|不眠症|「寝つけない」「すぐに目が覚める」「不眠」
夜、なかなか寝付けない。眠りが浅くて、すぐに目が覚めてしまう。長く寝ても疲れが取れない。更年期になると起こる不眠症状について、解説しています
更年期の症状|うつ・不安症|「気持ちが沈む」「泣きたくなる」
何もやる気がしない。いつも心がふさぎ込む。憂鬱感がとれない。40代の更年期に起こる、うつ症状と不安症についてご紹介します
更年期の症状|イライラ|「怒りっぽくなった」「気持ちが不安定」
何でもないことでも頭にきてしまう、イライラが抑えられない。更年期に起こる、気持ちのいらつきはどうして起こるのでしょうか?更年期障害の心の変化について知っておきましょう。
更年期の症状|のぼせと多汗症|「のぼせる」「汗が止まらない」
頭がのぼせる、汗が止まらない。こんな症状も更年期特有の障害です。これを防止するにはどうしたらいいのでしょうか。詳しくご紹介していきましょう。
更年期の症状|めまいと耳鳴り|「立ちくらみ」「耳なり」
更年期になると、めまいや耳鳴りがして、座り込んでしまう。ひどい場合は寝込んでしまう症状が出ることがあります。症状をやわらげるためには、どんなことが必要?緩和方法と対処方法をご紹介します。
更年期の症状|だるい・倦怠感|「いつも疲れている」「体がだるい」
いつも疲れている、倦怠感が取れないことが増えて来る更年期。つかれやすい症状を緩和する方法と対処方法をご紹介します。
更年期の症状|手足のしびれ・かゆみ|「手足がしびれる」「皮膚がかゆい」
手足がしびれたり、かゆみが止まらないのも、実は、更年期障害かもしれません。しびれを緩和する方法と対処方法について、学んでいきましょう。
更年期の症状|肩こり・腰痛|「肩こりがひどい」「腰痛がひどい」
更年期になると、肩こりや腰痛がひどくなるケースが多くなります。更年期特有の肩こり、腰痛の対処方法について、ご紹介していきます。
更年期の症状|食欲不振|「何も食べたくない」「激やせした」
食欲がわかない、食べたいと思う気持ちが小さくなるなど、食欲不振も更年期障害のひとつです。健康維持するために必要な、食欲不振の対処法をご紹介します。
更年期の症状|下痢・便秘|「よく下痢する」「便秘がひどい」
更年期になると、今まで以上に便秘や下痢の症状がひどくなる場合があります。これも、自律神経の乱れと女性ホルモンの減少が影響しています。下痢と便秘の対処法をご紹介します。
更年期の症状|頻尿・尿もれ|「トイレが近い」「もらしてしまう!」
40代でも、頻尿や尿漏れが起こります。更年期特有の頻尿&尿もれ対処方法についてご紹介します。このような症状がおこったら、できるだけ、はやいうちに対処しましょう。
更年期の症状|冷え症|「手足の冷えがひどい」「下半身がむくむ」
更年期の症状の中でも、とくに多いのが冷え性です。冷え症が起こる原因とは?また、冷え性をを改善する方法について、ご紹介します。
更年期の症状|むくみ|「いつも体がむくんでいる」「手足がパンパン!」
更年期になると、体がとてもむくみやすくなります。手足がパンパンになったり、顔のむくみまで出る場合も!むくみやすい体を変えるには何が必要なのでしょうか?
更年期の症状|加齢臭|「体臭がする」「チーズのような臭いがする」
加齢臭は、男性ばかりではなく、女性にも起こる症状です。更年期になると、さまざまな不調が出ますが、中でも、自覚症状が小さい加齢臭の対処はなかなか難しいものです。その対処方法についてご紹介します。
更年期の症状|口臭・ドライマウス|「口の中が乾く」「口が臭い」
更年期の症状に、膵液(唾)の量が減少する症状が、出ることがあります。いわゆる、ドライマウスです。 これが原因で口臭がひどくなる場合もあります。更年期のドライマウスと口臭の対策についてご紹介します。
更年期の症状|経血過多|もしかして病気?月経の量が多すぎるときの対処法
更年期を迎えると、「月経過多」に悩まされることがあります。夜用ナプキンを使っても、漏れてしまうほどの出血量になることも、珍しくありません。自宅にいるときはともかく、外出時の出血過多も、悩みの種…。そもそも、更年期の月経過多の原因は、何なのでしょうか? ここでは、その原因と対処法について、ご紹介します。
更年期の症状|不正出血|「生理じゃない時の出血」は病気?その原因とは?
更年期になると、月経トラブルが増加します。その中でも、ドキッとしてしまうのが、「生理じゃないときに起こる出血」ですよね。 これも、ホルモンバランスが崩れていると、起こりやすい症状ですが、実は、他の病気が隠れている場合があります。ここでは、まず、不正出血の原因と症状、対処方法について、ご紹介していきましょう。
更年期の症状|空の巣症候群|更年期女性に多発?「空の巣症候群」とは?
「空の素症候群」(からのすしょうこうぐん)という言葉を、ご存知でしょうか? これは、生きがいだった子どもが独立したあと、40〜50代の女性に多くみられる「抑うつ症状」です。ちょうど、更年期の不調と重なって、そのまま深刻な「うつ病」になるケースも少なくありません。 「空の素症候群」とは、いったいどんな症状を引き起こすのでしょうか?また、その防止とは? 詳しく解説していきましょう。
更年期の症状|もの忘れ|「うっかりミスが増えた」「大事なことを忘れる」
「もの忘れ」は、「老人特有の症状だ」と思われている方も多いのではないでしょうか? でも、この「もの忘れ」は、老化だけが原因ではありません。実は、「更年期」から頻発し始める、症状のひとつなのです。 「もの忘れまで、更年期のせいなの?」と、少しうんざりするかもしれませんが、この原因にも「女性ホルモン」が大きく関係しています。ここでは、更年期から始まる「もの忘れ」の原因と対策について、詳しく解説していきましょう。
更年期の症状|難聴|「耳が聞こえにくい」「耳鳴りがすることもある」
40代〜50代に迎える更年期。この時期は、色々な不調が起こりやすい時期。 「耳が聞こえにくくなってきた」「突然、聞こえなくなった」という、『耳のトラブル』もこの年代から増加してくる不調のひとつです。 「耳が聞こえにくくなる」は、実は、女性ホルモンの減少ではなく、「加齢」が主な原因です。また、生活習慣が原因となっている難聴もあり、いずれにしても早めの対処が必要です。ここでは、「耳が聞こえにくくなる」原因と「考えられる病気」、「対処法」について、ご紹介していきましょう。
更年期の症状|ドライアイ・老眼|「目が乾く」「目が見えにくい」
「目の乾き」や「カスミ目」。今までとは違う「目のトラブル」が増えくるのも、ちょうど更年期の年頃です。 更年期の女性ホルモンの減少は、体内のあちこちを乾燥させていきます。 目が乾きやすくなるのは、これが一因と考えられますが、これ以外の「目のトラブル」は加齢による影響も小さくありません。 ここでは、更年期から増加する「目のトラブル」について、ご紹介していきましょう。

TOP 基礎知識 治療法いろいろ 更年期うつ 更年期の体験記 サプリ図鑑