更年期の症状|経血過多|もしかして病気?月経の量が多すぎるときの対処法

更年期の月経|もしかして病気?!月経の出血量が多すぎるときの対処法

更年期を迎えると、「月経過多」に悩まされることがあります。

 

夜用ナプキンを使っても、漏れてしまうほどの出血量になることも、珍しくありません。自宅にいるときはともかく、外出時の出血過多も、大きな悩みの種になってしまいます。

 

そもそも、更年期の月経過多の原因は、何なのでしょうか?ここでは、その原因と対処法について、ご紹介します。


「更年期の月経過多が起こる原因とは?

更年期は、女性ホルモンが減少して、月経にも乱れが起こります。しばらく、月経が来なかったり、周期が乱れたり。

 

月経の出血量が増えたり、減ったりするのも、まず第一に考えられるのは、更年期の「女性ホルモンの乱れ」が原因です。

 

ただ、ここで注意したいのは、その原因が、ほかの病気にある場合があることです。

 

例えば、「子宮筋腫」。子宮筋腫とは、エストロゲン(女性ホルモンの一種)と関係のある良性の腫瘍です。

 

今まで気づかずに、子宮筋腫をかかえている場合も多く、40代の女性の4人に1人に、子宮筋腫があるといわれるほど!子宮の内側に、筋腫ができると、出血量は増加し、月経過多になります。

 

子宮筋腫は、米粒ほどの小さいものなら、それほど心配することはありませんが、出血量だけではなく、ひどい痛みを伴う場合は、治療が必要になってきます。

 

更年期になってから、子宮に筋腫ができることも珍しくはありませんが、子宮筋腫自体は、閉経すると、徐々に縮小していきます。

 

ただし、筋腫がある人は、エストロゲンの量が多い傾向が強く、閉経時期は、平均年齢よりも遅くなりがちといわれています。異常が長引くようなら、「閉経まで放置」するより、早めに受診するほうが安心です。


どうしても月経過多を何とかしたい!場合の治療法

いくら自然な体の変化とはいえ、ナプキンでは対処できないほどの出血量がある場合、のんきに構えている場合ではありませんよね。

 

でも、あの婦人科の雰囲気がどうしても苦手…という方も、少なくないのではないでしょうか。検診のときの、あの検査のようなことを毎回するのは、うんざりしそうで怖いものです。

 

とはいえ、月経過多を放置しておくと、慢性的に貧血になってしまうこともありますから、注意が必要です。この場合、もし、婦人科で治療をするとしたら、どんな治療になるのでしょうか?

 

「月経過多の治療は、低用量ピルを服用するとコントロールしやすくなる」

 

ピルといえば、避妊薬というイメージが強いかもしれませんが、月経不順や月経過多の治療にも有効な薬です。

 

治療に使われる低用量ピルは、2つの女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)を含んでいる、女性ホルモン剤。これを服用すると、乱れている月経をコントロールすることができます。

 

具体的な効能はこちらの通り。

 

低用量ピルの効能
@排卵を抑えて、子宮内膜が厚くなるのを防ぎ、出血を減らす
A月経リズムを整えることができる

 

低用量ピルを服用する場合、2種類の服用タイプがあります。

 

1つは、ホルモンの周期に合わせて、「21日間のみ服用して7日間休養」する「21日タイプ」。

 

もう1つは、「休養期間もホルモン剤が含まれない偽薬を飲んで治療する」タイプです。この休養期間に、月経が起こる訳ですが、通常の出血よりも量が少なくなります。


低用量ピルを飲むと、なぜ出血量が減るの?

低用量ピルを飲むと、経血量が減るのは、体内でこのような変化を起こすためです。

 

低用量ピルの作用
@低用量ピル(錠剤)を服用し、女性ホルモンを調整する(1日1錠)
A血液中のホルモン量が一定に保たれます。
B脳から排卵の指令が出なくなります。
C排卵がなくなり、子宮内膜が通常よりも薄くなります。
D子宮内膜が薄くなるので、出血量が少なくなります。月経時期も、特定できます。

 

低用量ピルは、婦人科で処方してもらえます。毎回いやな検査を受けることは、ほとんどありませんので、出血量があまりにも多い場合は、対処法のひとつとして検討してみましょう。

 

低用量ピルが使えない人もいるので注意!

 

大助かり!の低用量ピルですが、以下のような事例に当てはまる人は、使用できませんので、注意が必要です。

 

低用量ピルが使えない人
@高血圧の人
A1日15本以上、タバコを吸う人
B乳がんや子宮がんにかかっている人

月経過多についての他の記事

Sponsored Link

関連ページ

もしかして更年期障害?|更年期かどうかチェックする方法
身体の不調は、もしかすると更年期障害かもしれません。30代後半から注意したい、更年期障害。不調の原因が更年期によるものかどうか確認しましょう
更年期の症状|生理不順&不正出血|「サイクルがおかしい」「血が出る」
生理のサイクルがおかしい。生理じゃないときにも出血がある。更年期に起こる、生理不順と不正出血について、詳しくご紹介していきます。
更年期の症状|不眠症|「寝つけない」「すぐに目が覚める」「不眠」
夜、なかなか寝付けない。眠りが浅くて、すぐに目が覚めてしまう。長く寝ても疲れが取れない。更年期になると起こる不眠症状について、解説しています
更年期の症状|うつ・不安症|「気持ちが沈む」「泣きたくなる」
何もやる気がしない。いつも心がふさぎ込む。憂鬱感がとれない。40代の更年期に起こる、うつ症状と不安症についてご紹介します
更年期の症状|イライラ|「怒りっぽくなった」「気持ちが不安定」
何でもないことでも頭にきてしまう、イライラが抑えられない。更年期に起こる、気持ちのいらつきはどうして起こるのでしょうか?更年期障害の心の変化について知っておきましょう。
更年期の症状|のぼせと多汗症|「のぼせる」「汗が止まらない」
頭がのぼせる、汗が止まらない。こんな症状も更年期特有の障害です。これを防止するにはどうしたらいいのでしょうか。詳しくご紹介していきましょう。
更年期の症状|めまいと耳鳴り|「立ちくらみ」「耳なり」
更年期になると、めまいや耳鳴りがして、座り込んでしまう。ひどい場合は寝込んでしまう症状が出ることがあります。症状をやわらげるためには、どんなことが必要?緩和方法と対処方法をご紹介します。
更年期の症状|だるい・倦怠感|「いつも疲れている」「体がだるい」
いつも疲れている、倦怠感が取れないことが増えて来る更年期。つかれやすい症状を緩和する方法と対処方法をご紹介します。
更年期の症状|手足のしびれ・かゆみ|「手足がしびれる」「皮膚がかゆい」
手足がしびれたり、かゆみが止まらないのも、実は、更年期障害かもしれません。しびれを緩和する方法と対処方法について、学んでいきましょう。
更年期の症状|肩こり・腰痛|「肩こりがひどい」「腰痛がひどい」
更年期になると、肩こりや腰痛がひどくなるケースが多くなります。更年期特有の肩こり、腰痛の対処方法について、ご紹介していきます。
更年期の症状|食欲不振|「何も食べたくない」「激やせした」
食欲がわかない、食べたいと思う気持ちが小さくなるなど、食欲不振も更年期障害のひとつです。健康維持するために必要な、食欲不振の対処法をご紹介します。
更年期の症状|下痢・便秘|「よく下痢する」「便秘がひどい」
更年期になると、今まで以上に便秘や下痢の症状がひどくなる場合があります。これも、自律神経の乱れと女性ホルモンの減少が影響しています。下痢と便秘の対処法をご紹介します。
更年期の症状|頻尿・尿もれ|「トイレが近い」「もらしてしまう!」
40代でも、頻尿や尿漏れが起こります。更年期特有の頻尿&尿もれ対処方法についてご紹介します。このような症状がおこったら、できるだけ、はやいうちに対処しましょう。
更年期の症状|冷え症|「手足の冷えがひどい」「下半身がむくむ」
更年期の症状の中でも、とくに多いのが冷え性です。冷え症が起こる原因とは?また、冷え性をを改善する方法について、ご紹介します。
更年期の症状|むくみ|「いつも体がむくんでいる」「手足がパンパン!」
更年期になると、体がとてもむくみやすくなります。手足がパンパンになったり、顔のむくみまで出る場合も!むくみやすい体を変えるには何が必要なのでしょうか?
更年期の症状|加齢臭|「体臭がする」「チーズのような臭いがする」
加齢臭は、男性ばかりではなく、女性にも起こる症状です。更年期になると、さまざまな不調が出ますが、中でも、自覚症状が小さい加齢臭の対処はなかなか難しいものです。その対処方法についてご紹介します。
更年期の症状|口臭・ドライマウス|「口の中が乾く」「口が臭い」
更年期の症状に、膵液(唾)の量が減少する症状が、出ることがあります。いわゆる、ドライマウスです。 これが原因で口臭がひどくなる場合もあります。更年期のドライマウスと口臭の対策についてご紹介します。
更年期の症状|頭痛|「頭がしめつけられる」「ズキズキする」
40代以降になると、慢性的な頭痛が続くことがあります。検査を受けても、脳には異常がないと診断されることも、少なくありません。このような場合、女性ホルモンの減少が引き起こす、自律神経が関係した頭痛である場合が多くなります。
更年期の症状|不正出血|「生理じゃない時の出血」は病気?その原因とは?
更年期になると、月経トラブルが増加します。その中でも、ドキッとしてしまうのが、「生理じゃないときに起こる出血」ですよね。 これも、ホルモンバランスが崩れていると、起こりやすい症状ですが、実は、他の病気が隠れている場合があります。ここでは、まず、不正出血の原因と症状、対処方法について、ご紹介していきましょう。
更年期の症状|空の巣症候群|更年期女性に多発?「空の巣症候群」とは?
「空の素症候群」(からのすしょうこうぐん)という言葉を、ご存知でしょうか? これは、生きがいだった子どもが独立したあと、40〜50代の女性に多くみられる「抑うつ症状」です。ちょうど、更年期の不調と重なって、そのまま深刻な「うつ病」になるケースも少なくありません。 「空の素症候群」とは、いったいどんな症状を引き起こすのでしょうか?また、その防止とは? 詳しく解説していきましょう。
更年期の症状|もの忘れ|「うっかりミスが増えた」「大事なことを忘れる」
「もの忘れ」は、「老人特有の症状だ」と思われている方も多いのではないでしょうか? でも、この「もの忘れ」は、老化だけが原因ではありません。実は、「更年期」から頻発し始める、症状のひとつなのです。 「もの忘れまで、更年期のせいなの?」と、少しうんざりするかもしれませんが、この原因にも「女性ホルモン」が大きく関係しています。ここでは、更年期から始まる「もの忘れ」の原因と対策について、詳しく解説していきましょう。
更年期の症状|難聴|「耳が聞こえにくい」「耳鳴りがすることもある」
40代〜50代に迎える更年期。この時期は、色々な不調が起こりやすい時期。 「耳が聞こえにくくなってきた」「突然、聞こえなくなった」という、『耳のトラブル』もこの年代から増加してくる不調のひとつです。 「耳が聞こえにくくなる」は、実は、女性ホルモンの減少ではなく、「加齢」が主な原因です。また、生活習慣が原因となっている難聴もあり、いずれにしても早めの対処が必要です。ここでは、「耳が聞こえにくくなる」原因と「考えられる病気」、「対処法」について、ご紹介していきましょう。
更年期の症状|ドライアイ・老眼|「目が乾く」「目が見えにくい」
「目の乾き」や「カスミ目」。今までとは違う「目のトラブル」が増えくるのも、ちょうど更年期の年頃です。 更年期の女性ホルモンの減少は、体内のあちこちを乾燥させていきます。 目が乾きやすくなるのは、これが一因と考えられますが、これ以外の「目のトラブル」は加齢による影響も小さくありません。 ここでは、更年期から増加する「目のトラブル」について、ご紹介していきましょう。

TOP 基礎知識 治療法いろいろ 更年期うつ 更年期の体験記 サプリ図鑑