心の不調は「使う言葉」で改善可能?!負の感情を小さくする2つのコツ

心の不調は「使う言葉」で改善可能?!負の感情を小さくする2つのコツ

小さなことで、くよくよしたり。わけもなく悲しくなったり。

 

更年期の女性に多い、こんな「心の不調」。中には、「うつ病」と診断されるほど、ダメージが大きい方も少なくありません。

 

更年期は、心身共に、さまざまな不調が出やすい時期。

 

もし、「心の不調」が強く出ているなら、知らず知らずの間に、「無理な生き方」をしてきたことも、きっと一因にあるはずです。

 

「心の不調」を根本的に改善するには、これまでの「考え方」や「生き方」を見直すべき時期。
その一助となる方法を、ご紹介していきましょう。


言葉を変えれば、思考も変わる!

言葉ひとつで、感情はコントロールできる

 

薬に頼らない治療を行っている心療内科医、竹林直紀さんの著書に、「自律神経が喜ぶセルフヒーリング」という書籍があります。

 

この書籍では、「苦しくなる生き方」や「考え方」を改善するアイデアが、たくさん紹介されています。

 

その方法のひとつが、「言葉ひとつで、感情はコントロールできる」というもの。詳しく、ご紹介していきましょう。

 

思考は、使う言葉で変わる

 

「言葉」は、聞いた瞬間に、人の感情を引き出します。

 

例えば、「ありがとう」「愛してる」「ラッキー!」という言葉。これを聞くと、何となく、温かい気持ちになりますよね。

 

これとは逆に、「疲れた」「嫌い」「最悪!」という言葉を聞くと、何となく嫌な気持ちになります。

 

もうお気づきの通り、耳にするだけで、ポジティブにも、ネガティブにもなれるのが、「言葉が持つ力」です。

 

精神的な不調を感じている方は、いま、ネガティブな気持ちでいっぱいなはず。

 

思い返してみると、自分でも、「ネガティブになる言葉」を使うことが多い状態ではないでしょうか。

 

もしそうなら、その言葉こそが、自動的に「ネガティブな精神状態」にさせているはず。
言葉は、それほど、大きな影響力をもっています。

 

これを逆に考えると、「言葉を変えると変わる」ということも、イメージしやすくなるのではないでしょうか。


「精神的な不調」から抜け出す!言葉の使い方

「ネガティブになる考え方を変える」と聞くと、「そう簡単に変えられない」と思われるかもしれません。

 

でも、「考え方」ではなく、まず、「使う言葉を変える」。

 

これなら、「何とかできそう」な気がしてくるのでは、ないでしょうか?
では、さっそく、その方法を、ご紹介していきましょう。

 

使う言葉を、ポジティブに言い換えてみる

 

マイナス感情を小さくするためには、まず、口に出す言葉を、言い換えてみることから始めます。

 

聞いただけで、ネガティブな気持ちになる言葉は、できるだけ使わない。
そして、プラスになる言葉に、置き換えていきましょう。

 

マイナス→プラスの言葉に変える例

「疲れた」 → 「よく頑張った」「一休みするね」
「無理」「できない」 → 「いまはやめとくね」
「〇〇しなけらばならない」 → 「〇〇でもいいかな?」
「大変だ」「難しい」 → 「チャレンジだね」

 

こうしてみると、なんとなく、ポジティブなイメージに変わるのではないでしょうか?

 

「でも〜」「だって〜」と、無意識のうちにいってしまう方は、幼いころの両親との関係や人間関係の中で、たまたま口癖になったケースがほとんど。

 

長年使ってきた言葉でだとしても、意識的に変えていけば、その癖は必ず治すことができます。
プラスに言い換える癖ができれば、考え方も、自然と変化していきます。

 

言葉のイメージを変える

 

「大変だ」「疲れた」という言葉以外にも、その言葉を聞くだけで、マイナスのイメージが湧き上がることがあります。

 

それは、その言葉にまつわる「記憶」「イメージ」が「感情」とセットになっている言葉です。これは、人によって異なります。

 

例えば、「机」という言葉を聞いたとき。
何も感じない人もいますが、人によっては、何かの記憶を呼び覚まします。

 

ある人は、「受験勉強がいやだった」ことを思い出して、暗い気持ちになったり。
でも、ある人は、「家族団らんのテーブル」を思い出して、温かい気持ちになる場合もあります。

 

プラスイメージがわく言葉を増やしていくこと

 

ご自身が、思わず「マイナスなイメージがわく言葉」は、何でしょうか?
「いやな気持ちになる言葉」が多い方ほど、その言葉よりも、「いい気持ちになる言葉」を増やす必要があります。

 

人間は、前向きな気持ちになる言葉を、使えば使うほど、「思考」や「考え方」もプラスに変わっていきます。

 

具体的な方法は、身の回りにある「もの」に、良い言葉をかけてみること。例えば、部屋にある観葉植物や置物。車や自転車でも、かまいません。

 

その「もの」に向かって、「いつもありがとう」「今日も可愛いね」「愛してる」と声をかけてみてください。この言葉を発するだけで、何となく気持ちがやわらぐのを、感じるはずです。

 

こういう「もの」を、まわりに増やしていくことが、脳内にプラスのものを増やす一助になります。


役に立つ本

 

薬に頼らない心療内科医の 自律神経が喜ぶセルフヒーリング

 

 

アマゾンクチコミ評価★★★★☆

以下クチコミより引用

「心と体がすぐに良くなる劇的な方法は書かれていませんが、自分で自分を治していくんだという気持ちを高めるには良い本だと思いました。
当たり前のようで大事なこと(未来への不安や過去の嫌な記憶にとらわれず今を生きる、ポジティブな言葉使いをする、良質な栄養をとる、など)が丁寧に繰り返し書かれています。
画期的な方法を望まれる方には向いていないかと思いますが、自分に合ったやり方でゆっくりと良くなっていきたいと思っていらっしゃる方には良書だと思いました。
5章のセルフヒーリング一覧が実践しやすそうだと思いました」

Sponsored Link

関連ページ

「更年期うつ」と「うつ」の違いは何? どこの病院に行けばいいの?
うつ病は、「放置していればいつかなおる」ということはめったになく、しかも「気合い」で何とかなるものでもありません。ひどい状態になる前に、できるだけ早めに医者にかかる必要がある病気です。 医者にかかる必要があるのは、まずは、どんどん気持ちが沈みこむ状態を抑えるためです。 医療機関で「うつ」と診断されたら、この状態を緩和させるために薬の服用を始めることになります。 ただ、更年期の女性の場合、注意したいことがひとつだけあります。 この、いまの状態が、「うつ」なのか? 「更年期うつ」なのか?という点です。 どちらなのか?によって、実は、本当に効果がある治療方法が変わります。
更年期うつ|あなたはどっち?「心療内科」と「精神科」の違い
更年期になると、発症しやすくなるうつ病!更年期うつかも?と思ったらどこの医者にいけばいい?心療内科と精神科、クリニックと大病院の違いとは?
更年期うつ|失敗しない病院の選び方
普通の診察と異なり、医者の選び方が難しいのが、心療内科です。今まで、経験のないジャンルの医師探しですから、手探りで探すしかない現状があります。まずは、信頼できそうな心療内科を、いくつかピックアップすること
更年期うつ|「医者は神様じゃない」心療内科で絶望しないための基礎知識
心療内科に通いだすと直面する悩みがあります。一番大きな痛手は、医者にさえかかれば、うつが治るというのは幻想だと知ることです。でも、それでダメージを受けないようにして下さい。きっかけはきっと別にあるはずです。
更年期うつ|うつの薬は5タイプ!うつの薬の基礎知識
心療内科を受診すると、まず間違いなく投薬治療が始まります。抗うつ薬や抗不安薬。睡眠薬など大きく分けると5タイプ。服用前に、まずどんなものが処方されたのかを知っておきましょう。
更年期うつ|抗うつ薬を飲み始めたら…気をつけたい3つのこと
うつ病と診断されて、抗うつ薬を服用し始めたら、注意しておきたいことが3つあります。 とくに、注意が必要なのは、服用し始めの頃や、トライし始めた薬がなかなか効かないと感じるとき。「このままで治るのか?」と、ついつい不安になりがちです。 ここでは、抗うつ薬を飲んでいるときの3つの注意点について、ご紹介しておきましょう。
更年期うつ|医者が信用できなくなったときの「ドクターショッピング」
ドクターショッピングはしないほうがいいと思う方は多いのですが、心療内科の場合は変えるべき時もあります。なぜなら、うつ病はメンタルがとても大切な病気だからです。信用できないと思う理由がはっきりしているなら、変え時です。
更年期うつ|あなたの薬は何系統?知っておくべき「抗うつ薬の種類」
更年期になると、発症しやすくなるうつ病!処方される抗うつ薬はどんな薬?知っておきたい薬の基礎知識をご紹介します。
更年期うつ|休職する前に知っておくべきこと
更年期になると、発症しやすくなるうつ病!まずは休むことが大切です。働いている人なら、できるだけ速やかに安心して休める手続きを開始しましょう。
更年期うつ|休んだ後に湧きおこる!「苦しい気持ちの乗り越え方」
うつで休むと最初に訪れるのが、さまざまな苦しい気持ちです。頭ではわかっていてもなかなか雑念が消えません。できるだけ苦しくない休息をとるために、頭に入れておきたいポイントをご紹介します。
更年期うつ|うつで休んだときの「最初の過ごし方」
うつで休むときに一番困るのが日中の過ごし方です。何もやりたくないのに、何もしないことが耐えられなくなります。薬の副作用で苦しむことも多い時期です。この時期の過ごし方についてご紹介します。
更年期うつ|うつが停滞しているときの過ごし方
本格的に休み始めて、1か月くらいたつと、薬の副作用も落ち着いてきている頃です。抗うつ薬の効果が早く出る人は、少し楽になっている頃かも、しれません。この頃になると、眠気も収まりはじめ、家に引きこもっていること自体が、少し辛くなってくるのではないでしょうか。この時期に一番困るのが、日中の過ごし方。心がけたいことをご紹介します。
更年期うつ|うつを改善する行動認知療法とは?
更年期になると、発症しやすくなるうつ病!更年期うつの対処法とは?うつから逃れるためには、考え方を変える必要があります。薬以外の治療方法「認知行動療法」についてご紹介します。
更年期うつ|うつを治す!薬以外の治療方法とは?
うつ症状に陥ると、まず薬物療法と、認知療法を組み合わせるのが一般的ですが、長期にわたって症状の改善が見られない場合、その他の治療方法を検討することがあります。いま、主に取られている治療方法は、3つ。それぞれを詳しく解説していきましょう。
更年期うつ|うつ病が回復するまでのプロセス
治療を始めたら、まず、この病気は、まずそれなりに時間がかかることを知っておく必要があります。また、うつは、非常に再発しやすい病気でもあります。一度、症状がよくなっても、また、気分が落ち込むなどの症状が出ることも多く、この浮き沈みを繰り返しながら、症状緩和へ向かうことも多くなります。
更年期うつ|希死念慮をやり過ごす方法
更年期になると、発症しやすくなるうつ病!うつになると出てくる希死念慮をやり過ごすには?管理人のケースでご紹介します。
更年期うつ|うつを再発させない方法とは?
更年期になると、発症しやすくなるうつ病!寛解しても再発しやすいうつ病を克服するにはどうしたらいいのでしょうか?ここでは、更年期うつを再発させない方法について御紹介します。
更年期うつ|うつを改善するための自己暗示法とは?
更年期になると、発症しやすくなるうつ病!更年期うつの対処法とは?ウツになる原因は、自律神経のバランスの乱れ。自律神経を整えれば、うつ病症状が緩和します。その方法について御紹介します。
更年期うつ|うつと似たほかの病気@不安症・適応障害
更年期になると、発症しやすくなる心の病気。うつ病に似た心の病気にはどんなものがあるの?ウツに似た症状が出る病気についてご紹介します。
更年期うつ|うつと似たほかの病気A摂食障害・統合失調症・認知症
更年期になると、発症しやすくなるうつ病!でも、うつ病だと思っていても、違う病気の場合があります。ウツ症状が出る、ウツ以外の他の病気の可能性をご紹介します。
更年期うつ|万が一、うつ病が再発した場合の治療法
もし再発してしまったら?!更年期ウツの再発にはできるだけ心を落ち着けて対処しましょう。まずは症状を抑えるための心療内科受診、その後、対処する方法を試みるのが得策です。
更年期うつ|月経前になると悪化する?! PMSとうつの関係性
更年期のうつ症状は、月経前になるとひどくある場合があります。PMSと呼ばれる、月経前の症状を緩和する方法についてご紹介します。
更年期うつ|スキンシップが「うつ」に効く!「母性ホルモン」で楽になる方法
薬は利用しても依存することなく、ご自身の中にある潜在力でラクになれる方法がいくつもあります。ここでは、そんな潜在力を引き出す方法のひとつを、ご紹介します。それが、ご自身の母性ホルモンを活用する方法です。うつの心に効く母性ホルモンについて、ご紹介します。
「うつ病」の症状緩和に役立つ!?頭のうっ血を流す「つむじ刺激」とは?
「うつ病」になると、「気持ちの落ち込み」だけではなく、様々な不調を併発します。 例えば、「不眠」や「冷え」、「食欲不振」「体重減少」。 これらの症状は、「うつ」によって、自律神経も乱れ、体中の血流が悪くなっていることが一因です。「気持ちの落ち込み」だけでも大変なのに、こんな症状までひどくなると、「つらさも限界!」ですよね。 こんな諸症状に悩まされている方に、おすすめなのが「つむじ刺激」。 とくに、「冷え」や「顔色の悪さ」がひどい方に、効果を発揮します。 ここでは、「つむじ刺激」が役立つ理由とその方法について、詳しくご紹介していきましょう。
長引くうつ病は、医者任せでは治らない!? その理由とは?
突如、私たちを襲う、さまざまな不調。 「何らかの不調」と長くつきあうようになると、よく耳にする言葉があります。 『病気は医者任せでは治らない。 最終的には「自分の力」で治していくしかない』 とくに、もう何年も続く「うつ病」などの精神的な不調は、これが理由かもしれません。 では、お医者さん任せでもなく、薬に頼ることでもなく、どうすれば、病気から這い出ることができるのでしょうか? ここでは、その理由と根本的な対策について、ご紹介します。

TOP 基礎知識 治療法いろいろ 更年期うつ 更年期の体験記 サプリ図鑑