長引くうつ病は、医者任せでは治らない!? その理由とは?

長引くうつ病は、医者任せでは治らない!? その理由とは?

突如、私たちを襲う、さまざまな不調。
「何らかの不調」と長くつきあうようになると、よく耳にする言葉があります。

 

『病気は医者任せでは治らない。
最終的には「自分の力」で治していくしかない』

 

とくに、もう何年も続く「うつ病」などの精神的な不調は、これが理由かもしれません。

 

では、お医者さん任せでもなく、薬に頼ることでもなく、どうすれば、病気から這い出ることができるのでしょうか?

 

ここでは、その理由と根本的な対策について、ご紹介していきます。


「病気は医者任せでは治らない」のは、なぜ?

『病気は医者任せでは治らない。最終的には「自分の力」で治していくしかない』

 

これは、ある書籍にも書かれている言葉ですが、決して、現代医学を批判しているものではありません。

 

現実的に、風邪を引いたり、胃が痛んだり。こういう症状を、すぐに改善してくれる医療は、まぎれもなく効果があるものです。

 

でも、病院に通っても、なかなか治らない病気もあります。

 

「うつ病」は、その典型的な例だといいます。

 

病気の根本的な原因は、「無理な生き方」

 

さまざまな著作で知られている、新潟大学大学院医学部の安保徹教授。「免疫学の権威」ともいうべき、先生のひとりです。

 

『病気の根本的な原因は、実は自律神経の適応能力を超えた「無理な生き方」にある』。

 

これは、さまざまな著作で、安保教授が説いている言葉です。

 

更年期の不調にも、自律神経が大きなかかわりを持っていることは、よく知られている通り、ほかの病気も同じ。実は、病気を治す力の根源は、自律神経にあります。

 

自律神経を乱す最大の要因が「ストレス」

 

「自律神経」は、無意識のうちに、私たちのカラダを正常に動かす重要な神経です。

 

血流を調整しているのも、呼吸をコントロールするのも、この自律神経の役割。

 

「交感神経」と「副交感神経」の2つが、交互に入れ替わって、体調を管理しています。

 

身体に不調が起こるのは、この2つの神経のバランスが乱れるとき。とくに、「交感神経」にかたよると、さまざまな病気にかかりやすくなります。


うつ病は縄文時代型人間の病気?!

安保徹教授+鬼木豊氏の共著に「免疫道場〜病気にならない体を作る50講〜」という著作があります。
その中で紹介されている印象的なお話をご紹介します。

 

「うつ病は、縄文時代人間の病」

 

縄文時代人間? これは、一体何なのでしょうか。

 

この著作によると、縄文時代人間というのは、「副交感神経体質」の人こと。

 

競争社会には不向きな、もともと穏やかな体質の人を、「縄文時代人間」と呼んでいます。

 

 

縄文時代は、集落の人間が協力して、森で木の実をとったり、川で魚を獲ったりしていた時代です。

 

獲れた食べ物は、みな公平に分ける時代で、貧富の差などもほとんどなかったといわれています。

 

つまり、ほとんど人と競争することがない時代で、人の生き方も、自然と穏やかになり、「副交感神経の方が優位」に保たれていたことになります。

 

 

それが、時代と共に、暮らしが豊かになり、人同士で競争するのが普通になってから、交感神経に傾かざるをえなくなったのが、今の時代。

 

実際、うつ病になった人の多くは、「縄文時代なら穏やかに生きられたはずの人たちが、いま過剰な無理を強いられ、犠牲になっている」といいます。

 

もちろん、競争社会でイキイキと活動できる人もいますが、そうではない人もいます。

 

その「縄文型人間」の方が、自身の自律神経の適応範囲を超えた「無理な生き方」をすることで、ストレスを受け、うつになってしまいます。

 

つまり、病気になったのは、「無理な生き方」が原因ですから、これを変えない限り、医者任せでも、薬に頼っても、よくなりません。

まず大事なことは「自分の生き方を変えること」

「無理な生き方が、うつにさせる」

 

それでは、うつ病になってしまったなら、どうすればよいのでしょうか?

 

まず、大事なことは、「今までの人生を振り返り、生き方のどこに無理があったのか?」を突き止めることだといいます。

 

その上で、無理なく生きられるように、生活環境を整えながら、食生活や仕事などを見直したり、適度な運動を心がけ、自律神経を鍛えていきます。

 

これを続けると、自律神経の適応力が高まり、この積み重ねがあって、初めて病気脱却への道が拓けていきます。

 

気が遠くなるかもしれませんが、これが一番大事なステップ。医師任せ、薬任せでは治らない病気と向き合う方法です。


薬の長期服用は、病気を長引かせる

この著書で、書かれている言葉がもう1つあります。

 

「薬の長期服用は、今すぐやめろ!」

 

うつ病になると、抗うつ剤や安定剤などを常時服用するようになります。

 

現実的に、初期の不調改善には、とても有効な治療といえますが、発症して何年も服用を続けているなら、これがかえって病気を治せない原因になっている可能性があります。

 

薬の長期服用は、自律神経の乱れをひどくする

 

薬物治療の最大の問題点は、薬の長期服用によって、自律神経の乱れがいっそう大きくなることです。

 

抗うつ剤や抗不安薬などの薬は、脳神経の過剰な神経伝達をブロックする薬です。

 

短期的には、精神症状を抑える効果がありますが、何年も継続して服用すると、自律神経のひとつ「交感神経」を過剰に緊張させ、全身の細胞を興奮状態にさせてしまいます。

 

筋肉がけいれんしたり、脈が速くなったり、さらに新たな症状を生むのも、この副作用によるものです。

 

「うつは薬で治ります」というTVCMがありましたが、急性期の症状を抑えるだけの話で、根本的な治癒には至りません。

 

本当に治癒させるためには、「無理な生き方」をやめるしかないのが実情です。

 

とても参考になる書籍

 

安保徹教授の著作は、どれもとてもわかりやすく「自分の治癒力」について、解説されています。
その中の1冊が今回ご紹介したこちらの書籍です。

 

免疫道場―病気にならない体をつくる50講

 

 

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

安保/徹
1947年青森県生まれ。東北大学医学部卒。新潟大学大学院医歯学総合研究科教授。米国アラバマ州立大学に留学中の80年に「ヒトNK細胞抗原CD57に対するモノクローナル抗体」を作製。90年、胸腺外分化T細胞を発見。96年、白血球の自律神経支配のメカニズムを初めて解明。2000年、マラリア感染の防御が胸腺外分化T細胞によって行われることを発見する。世界で活躍する国際的免疫学者である

 

鬼木/豊
1935年福岡県生まれ。日本感性教育・医道研究所所長、身心健康堂・身心養生苑理事長。感性論哲学を根底にした「教育と医道」の実践を通じ、出版・講演・研修・臨床指導を行う。「現代病は人格の病に起因する。現代病を癒すには、感性を解放し活性化するところにある」という「感性医道療法」を確立し、東京と神奈川で「身心健康堂」、伊豆高原で「身心養生苑」を経営(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

amazonクチコミ評価★★★★★

以下クチコミより引用

・現在病院にかかっている方は一読されて、参考にされるといいと思います。
病院で病気を治す以前に、自分でできることがこれだけあるということが分かります。薬の世話になれば必ず副作用の心配をしなくてはなりません。
この本では正しく健康になる手順が書かれています。


うつは自分を変えるとよくなる

今までの生き方を変えるきっかけを見つける

 

医者任せでは治らない。薬でも完治しない。

 

これは、当サイトの管理人が「うつ病」と戦っていたときに、骨身にしみて実感したことでもあります。

 

病気になりたての頃には、薬や医師に対する過剰な期待がありました。

 

これさえ飲めば楽になる。医者にさえいけば何とかなる。

 

もちろん、初期には本当に助かりましたが、すぐに気がつきます。

 

「薬だけではよくならない。自分が変わらなければ…」

 

実際、私をうつから救ったのは、薬でもお医者さんでもなく、あることへの挑戦でした。

 

管理人にとっての「あること」は、四国お遍路でした。「四国お遍路」でうつが治ったというのは、ご利益頼みのお話ではなく、この長い行程を通じて、初めて自分を認めることができたからです。

 

人によって、その「あること」は、多種多様です。答えはひとつではありません。そのあることを見つけることこそが、医者でも薬でも治らない病気を治すきっかけになる。

 

見つけようと思った瞬間に、もうその扉は開かれているかもしれません。

 

管理人の四国お遍路の体験はこちらでご紹介しています。
更年期うつの治療体験記|四国お遍路でうつを改善「四国お遍路がうつに効く理由」
何かのきっかけを見つけたいときに、参考にご覧いただければ幸いです。


Sponsored Link

関連ページ

「更年期うつ」と「うつ」の違いは何? どこの病院に行けばいいの?
うつ病は、「放置していればいつかなおる」ということはめったになく、しかも「気合い」で何とかなるものでもありません。ひどい状態になる前に、できるだけ早めに医者にかかる必要がある病気です。 医者にかかる必要があるのは、まずは、どんどん気持ちが沈みこむ状態を抑えるためです。 医療機関で「うつ」と診断されたら、この状態を緩和させるために薬の服用を始めることになります。 ただ、更年期の女性の場合、注意したいことがひとつだけあります。 この、いまの状態が、「うつ」なのか? 「更年期うつ」なのか?という点です。 どちらなのか?によって、実は、本当に効果がある治療方法が変わります。
更年期うつ|あなたはどっち?「心療内科」と「精神科」の違い
更年期になると、発症しやすくなるうつ病!更年期うつかも?と思ったらどこの医者にいけばいい?心療内科と精神科、クリニックと大病院の違いとは?
更年期うつ|失敗しない病院の選び方
普通の診察と異なり、医者の選び方が難しいのが、心療内科です。今まで、経験のないジャンルの医師探しですから、手探りで探すしかない現状があります。まずは、信頼できそうな心療内科を、いくつかピックアップすること
更年期うつ|「医者は神様じゃない」心療内科で絶望しないための基礎知識
心療内科に通いだすと直面する悩みがあります。一番大きな痛手は、医者にさえかかれば、うつが治るというのは幻想だと知ることです。でも、それでダメージを受けないようにして下さい。きっかけはきっと別にあるはずです。
更年期うつ|うつの薬は5タイプ!うつの薬の基礎知識
心療内科を受診すると、まず間違いなく投薬治療が始まります。抗うつ薬や抗不安薬。睡眠薬など大きく分けると5タイプ。服用前に、まずどんなものが処方されたのかを知っておきましょう。
更年期うつ|抗うつ薬を飲み始めたら…気をつけたい3つのこと
うつ病と診断されて、抗うつ薬を服用し始めたら、注意しておきたいことが3つあります。 とくに、注意が必要なのは、服用し始めの頃や、トライし始めた薬がなかなか効かないと感じるとき。「このままで治るのか?」と、ついつい不安になりがちです。 ここでは、抗うつ薬を飲んでいるときの3つの注意点について、ご紹介しておきましょう。
更年期うつ|医者が信用できなくなったときの「ドクターショッピング」
ドクターショッピングはしないほうがいいと思う方は多いのですが、心療内科の場合は変えるべき時もあります。なぜなら、うつ病はメンタルがとても大切な病気だからです。信用できないと思う理由がはっきりしているなら、変え時です。
更年期うつ|あなたの薬は何系統?知っておくべき「抗うつ薬の種類」
更年期になると、発症しやすくなるうつ病!処方される抗うつ薬はどんな薬?知っておきたい薬の基礎知識をご紹介します。
更年期うつ|休職する前に知っておくべきこと
更年期になると、発症しやすくなるうつ病!まずは休むことが大切です。働いている人なら、できるだけ速やかに安心して休める手続きを開始しましょう。
更年期うつ|休んだ後に湧きおこる!「苦しい気持ちの乗り越え方」
うつで休むと最初に訪れるのが、さまざまな苦しい気持ちです。頭ではわかっていてもなかなか雑念が消えません。できるだけ苦しくない休息をとるために、頭に入れておきたいポイントをご紹介します。
更年期うつ|うつで休んだときの「最初の過ごし方」
うつで休むときに一番困るのが日中の過ごし方です。何もやりたくないのに、何もしないことが耐えられなくなります。薬の副作用で苦しむことも多い時期です。この時期の過ごし方についてご紹介します。
更年期うつ|うつが停滞しているときの過ごし方
本格的に休み始めて、1か月くらいたつと、薬の副作用も落ち着いてきている頃です。抗うつ薬の効果が早く出る人は、少し楽になっている頃かも、しれません。この頃になると、眠気も収まりはじめ、家に引きこもっていること自体が、少し辛くなってくるのではないでしょうか。この時期に一番困るのが、日中の過ごし方。心がけたいことをご紹介します。
更年期うつ|うつを改善する行動認知療法とは?
更年期になると、発症しやすくなるうつ病!更年期うつの対処法とは?うつから逃れるためには、考え方を変える必要があります。薬以外の治療方法「認知行動療法」についてご紹介します。
更年期うつ|うつを治す!薬以外の治療方法とは?
うつ症状に陥ると、まず薬物療法と、認知療法を組み合わせるのが一般的ですが、長期にわたって症状の改善が見られない場合、その他の治療方法を検討することがあります。いま、主に取られている治療方法は、3つ。それぞれを詳しく解説していきましょう。
更年期うつ|うつ病が回復するまでのプロセス
治療を始めたら、まず、この病気は、まずそれなりに時間がかかることを知っておく必要があります。また、うつは、非常に再発しやすい病気でもあります。一度、症状がよくなっても、また、気分が落ち込むなどの症状が出ることも多く、この浮き沈みを繰り返しながら、症状緩和へ向かうことも多くなります。
更年期うつ|希死念慮をやり過ごす方法
更年期になると、発症しやすくなるうつ病!うつになると出てくる希死念慮をやり過ごすには?管理人のケースでご紹介します。
更年期うつ|うつを再発させない方法とは?
更年期になると、発症しやすくなるうつ病!寛解しても再発しやすいうつ病を克服するにはどうしたらいいのでしょうか?ここでは、更年期うつを再発させない方法について御紹介します。
更年期うつ|うつを改善するための自己暗示法とは?
更年期になると、発症しやすくなるうつ病!更年期うつの対処法とは?ウツになる原因は、自律神経のバランスの乱れ。自律神経を整えれば、うつ病症状が緩和します。その方法について御紹介します。
更年期うつ|うつと似たほかの病気@不安症・適応障害
更年期になると、発症しやすくなる心の病気。うつ病に似た心の病気にはどんなものがあるの?ウツに似た症状が出る病気についてご紹介します。
更年期うつ|うつと似たほかの病気A摂食障害・統合失調症・認知症
更年期になると、発症しやすくなるうつ病!でも、うつ病だと思っていても、違う病気の場合があります。ウツ症状が出る、ウツ以外の他の病気の可能性をご紹介します。
更年期うつ|万が一、うつ病が再発した場合の治療法
もし再発してしまったら?!更年期ウツの再発にはできるだけ心を落ち着けて対処しましょう。まずは症状を抑えるための心療内科受診、その後、対処する方法を試みるのが得策です。
更年期うつ|月経前になると悪化する?! PMSとうつの関係性
更年期のうつ症状は、月経前になるとひどくある場合があります。PMSと呼ばれる、月経前の症状を緩和する方法についてご紹介します。
更年期うつ|スキンシップが「うつ」に効く!「母性ホルモン」で楽になる方法
薬は利用しても依存することなく、ご自身の中にある潜在力でラクになれる方法がいくつもあります。ここでは、そんな潜在力を引き出す方法のひとつを、ご紹介します。それが、ご自身の母性ホルモンを活用する方法です。うつの心に効く母性ホルモンについて、ご紹介します。
「うつ病」の症状緩和に役立つ!?頭のうっ血を流す「つむじ刺激」とは?
「うつ病」になると、「気持ちの落ち込み」だけではなく、様々な不調を併発します。 例えば、「不眠」や「冷え」、「食欲不振」「体重減少」。 これらの症状は、「うつ」によって、自律神経も乱れ、体中の血流が悪くなっていることが一因です。「気持ちの落ち込み」だけでも大変なのに、こんな症状までひどくなると、「つらさも限界!」ですよね。 こんな諸症状に悩まされている方に、おすすめなのが「つむじ刺激」。 とくに、「冷え」や「顔色の悪さ」がひどい方に、効果を発揮します。 ここでは、「つむじ刺激」が役立つ理由とその方法について、詳しくご紹介していきましょう。

TOP 基礎知識 治療法いろいろ 更年期うつ 更年期の体験記 サプリ図鑑